スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は昨日から38度の熱で、挙句朝は腰が痛くて立てない…ぎっくり腰なのかなぁ?実はぱんだぱぱから始まりぱいぽこりんも風邪をひいて、高熱を出してて。気力で乗り切るぞと思っていたのですが私にも風邪はやってきたみたいだななんて思いつつ、朝一のクリニックに出かけました。でも腰はどこからだろうか?あのディズニーランドでテンションあがって、15キロの娘を抱えて七人のこびとやミニーちゃんを追いかけまわし、一日中抱っこしたのがこたえたのかな。



で、診察前の血液検査のとき、看護師さんに「あれーぱんだままさん熱あるでしょ?かなり熱いよ!」と言われたのをきっかけに今の体調を話したら、エコー診察の時に先生に、感染症なんじゃないか?って話に。うわーーー



やばい





:「ぱんだままさん~腰の痛みに高熱の組み合わせは、腎盂炎の疑いあるんですよ。感染症起こしてると採卵はむつかしいし、治療は継続できないかも」
:「えーーーーーーーー」
:「ここまで順調だしね、なんとか続けたいんだけど」
:「実は家族が風邪になってるんで風邪だと思うんですが」
:「ここはとなりの内科にいってその疑い晴らしましょう。見てもらってきてください」
:「分かりました!!」



エコー検査では左右に4個ずつくらい、13mm~17mmの卵胞がある程度つぶぞろいで、形も変形せず良い状態であるらしく、内膜も13mm。なかなか順調な状態です。ホルモンはまだE2値が722でLHも不検出ということで、しばらく成熟するには時間があるようだけど、ここまで注射してある程度調子よく来てるのに、やめたくない!!!でも、高熱で頭痛はするし、辛いーーーーーー。




となりの、内科にいって、見てもらうと、多分風邪だけど、±0で鮮血反応が出てる。疑いはゼロではないと言われ仰天。内科の先生は女の人は尿道短いからこれくらいしょっちゅう出るんだけどね。背中叩いても響いて痛いようじゃないから違うと思うけど、疑いはゼロとは言えないな…明日まで様子見ましょう、と言われました。もっと熱出たり、腰の痛みがますようなら、再検査です。




一応、この日は風邪の可能性が大ということで、HMGを打って帰ってきました。



いや、絶対風邪です。熱も痛みも薬なしでとってみせます!!!
絶対、治療を継続させるぞーーーー




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村





フォリスチム4日間注射して、今回は途中経過を診てもらうエコー。順調なら今日からHMG-FというFSH入りのHMGを開始する予定です。


エコー検査の結果ですが、左右にそれぞれ10mmから14mm程度の卵胞が3-4個ずつ。今のところ先走りする卵胞もなく、足並みは比較的揃っているので順調とのこと。ただし、ガスが溜まっているということで(笑)左側の卵胞うまく見れなかったので、下腹部をきゅーーっと押してなんとか診てくれましたが、明日またちゃんと見ましょうねということになりました。


左は一番大きのが14mm程度、小さいのが11mm程度で3-4個
右も一番大きのが14mm程度、小さいのが10mm程度で3-4個
内膜 8.8mm


中でも4個は同じ程度に揃って成長していました。全部がうまく成長するとは思いませんが、左右にある程度均等に育ってくれるのは順調の証。このまま足並み揃って4個位取れればうれしーーなーーー。かなりの夢ですが、今日は新しいHMGのfsh入りとやらをぷすっとして帰りました。明日また診察です!



なんだかあっという間に進行しています…




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村

事後報告となりますが・・・・



こんかいはスケジュールの都合でD3の血液検査、D2にすることになりましたが、ホルモン値の基準はかわらないとのこと。D3と同じように考えていいみたいです。


で、結果は前回よりもさらによいらしく、ますます改善されたようです。


E2:  44.39pg/mL (基準75以下)
LH:  4.13mIU/mL (基準10以下)
FSH:  7.81mIU/mL (基準10以下)
*LH:FSH=約1:2



E2値の基準を75以下に設定しているクリニックも多いけど、50以下が理想とのこと。今回は50をきり、卵巣の調子は良いようです。数字に過ぎないから、いいからといって必ず妊娠、悪いからといって妊娠しないというわけではないけど、いいに越したことはない。


左右の卵巣にそれぞれ3個ずつ程度はあるということで、完全自然周期よりは刺激周期にしてみましょうと提案され、そのまま先生にお任せすることに。


翌日のD3からフォリスチム開始で4日間打ったあと診察の予定です!!




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
この前、判定日の残念な報告をしてから1週間ほどたってやっと生理がきて、早くもまたまた採卵周期で始動しました。43歳、体外受精、休む暇なしです!!!


先日、某セントマザーの妊娠実績のグラフを見ていたら、44歳以降は場外的な扱いをされていることにシビアな現実を思い出さされ、これは、休んでる暇ないぞとますます痛感し、これまで続けて採卵することなんてなかったというか、むしろ卵巣に負担かけたくなくて休んでいた派なんですが、すぐさま始動です。ま、前回は完全自然周期採卵でいつもの採卵周期よりは少なめの投薬量だったし、それに、ぱんだぱぱも新しい職場を7月中旬に控え、長期の休みがあるんで、職場変わって休みとりにくくなる前にとりあえず!今回のトライはぱんだぱぱの協力で通院も一人で行けたりできるだろうし、チャンスと思って不妊治療に精をだすか、家族でバケーション三昧するか…悩んだ末、43歳はギリギリの崖っぷちの私たちは体外受精に精を出すことにしました。ぱんだぱぱ、貴重な休みなのにありがとうございます 



2日前の日曜に初診を受け、昨日から注射!今日は自己注射にしてもらって、雨だったけどちょこっとバケーションで家族でディズニーランドでスパークして、明日からまた通院。ぱいぽこりんが喜びはしゃぐのに触発されてテンション上がり、娘以上にはしゃいでしまった私… こんなに歩いて走って抱っこして大声出して本当なら疲れそうなのにこの充実感(笑)疲れ取りに、我が家特製の梅ジュースさっき飲んだけど、美味しかったー♪ これで明日も元気ハツラツだい。



D2のホルモン値や治療方針については、また、後日アップしまーす。



応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
先日もちょこっと触れたように、判定日というよりは今後のお話をしっかりにしに行こうという意気込みで行ってきた判定日。なんとなくしくしくするようなお腹に大きな期待はしていませんでしたが、予想どおりの結果。



きれいさっぱり陰性




陰性と聞くやいなや、用意してきたメモを片手に先生に必要な質問ばんばん浴びせかけてきました。質問の内容も、今後の自分たちのモチベーションをあげるためのようなものばかりで不躾な質問ばっかりですが、こんな感じでした




質問1 まず、単刀直入に「いつも見た目のグレードはいいけど、分割のスピードが今いちです。見た目だけではなく全体的な質を考慮して、排卵誘発方法や、アンタゴニスト(セトロタイド)があってないのでは?アンタゴにたいしてネット上や不妊治療を受けられた方々のあいだでも賛否両論もあるよですが、実際臨床されている専門家の先生からみてどうですか?
おそらく、アンタゴニストが導入されたころ使い方のわからない医者が間違って使用したことで、移植後すぐに生理がきたりといろいろなトラブルがあったのは事実で、それに付随する悪い印象や噂がたっているのではないでしょうか?今は正しく使えば、OHSSの危険性も低く安全なお薬だと思っています。まだ化学流産までしか結果が出てませんが、一応陽性反応がでているということから合っていないとは言えないと思います。また、使わないとなると排卵のリスクがかなり高くなり、毎月が大切なチャンスとなる高齢の不妊治療には向いていないと思っています。


質問2 これまで3回採卵してきているけど、先生の経験値から見て、どの誘発方法が合ってるのか?
D3の状態をみて毎回誘発方法を決めているので、どの周期にも当てはまるかどうかはわかりませんが、発育の個数が4個でつぶが揃って発育したことや、陽性の結果がでたということからも2回目の誘発方法が一番あっているように思います。今の年齢を考えると、ショート法やロング法では結果はでないのでは?ちなみに、二子を妊娠している出産以前の誘発方法はショート法のみでした。なので、ショート法で結果が出ているので、よりそれに近い誘発方法にしてみようというのが2回目の先生の意図でした。


■これまでの誘発方法■
1回目:クロミッドを最初に服用後、フォリスチムで刺激+セトロタイド(クロミッドベースのアンタゴニスト)
2回目:フェリングで刺激+セトロタイド(ショート法に近いアンタゴニスト)
3回目:完全自然周期でセトロタイドのみ



質問3 まず、単刀直入に「では、最後に、まだ結果は出てませんが、これまでの採卵から卵の質等考慮してトライする価値はあるんでしょうか?一応1年ほどは根気よくトライしようと思っていますが…」
ほんと馬鹿な質問です(笑)こんな直球でどうしようもない質問、されても困るはずですが、先生は嫌がらずにしっかり答えてくれました。年齢要因はどうしようもないですが、実際のクリニックの実績として、最高齢で45歳で採卵からスタートされて卒業~出産された方がいます。そして44歳だと何人もの方が妊娠し出産されている。なので、43歳のぱんだままさんにとってはその辺を考慮されて決められればいいのでは?と。一応精子も卵子も良好な状態で、ある程度染色体異常は年齢要因として増えてくるのは事実。でも、妊娠の見込みは少なくともないわけではないので、あたりの卵に出会うまで根気強くやっていくしかないでしょうね。私としては、かなり正直な意見をもらえたところで、先生に対する信頼度がグッと上がりました。



私は実は、転勤で転院を余儀なくされた口で、不満があって転院してきたわけではなく、実は、医師との信頼という言う意味では、ようやくここに来て、このクリニックでやっていきたいという積極的なおまかせする意識が出てきたのが正直なところ。今回の質問にいろいろ答えてくださって、一応私なりに納得して帰ってきて、次周期もこのまま前向きに突入できると再確認。実はこれが一番大きな収穫でした


うちの娘も、診察室を出がけに先生に「またねぇ~」と言って大手を振っていました(笑)いつもにっこりしてくれる先生を好きになったみたい。先生、親子共々これからもよろしくお願いします



まずは、いい生理!お灸してゆっくり体休めます!!!


応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。