スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月12日のブログで書いていた東城百合子先生の「あなたと健康社」に、自然療法や毎日の食事で次の妊娠に向けてできること、妊娠体質を作るためにできることを指導してもらいました。いつもながら勉強になりました!

そのお話の中でも、今日は「冷え」対策にもつながる大根干葉湯について。子宮や婦人科系の器官の働きを良くするためにできる手当について詳しく書きます。以下、お話の要約です。





最近、生理不順や不正出血、子宮筋腫、ホルモンバランスの乱れなどの婦人病に悩まされている女性が増えているが、その多くは果物やアイスクリーム、乳製品、甘い菓子類、野菜サラダなどの生野菜の摂取過剰で、体に「冷え」がたまっている状態に原因があると考えられる。こうした症状の改善、もしくは、子宮や婦人科系の器官の働きを良くしてあげて妊娠しやすい体質を作るには、玄米自然食と並行して、「大根干葉の腰湯」をする。この手当方法は子宮筋腫、子宮肉腫、子宮がん、子宮後屈、子宮の炎症一切、卵巣のう腫、不正出血など婦人病一切、膀胱炎、膣炎、カンジダやトリコモナスに効能がある。





ということでした。冷え症や体温が低いのってよくないっていうけど、やっぱ冷えが婦人系にはよくないみたいですね。そのために家庭で手軽にできることの一つだと思います。大根買って、葉っぱの使い道にこまったら迷わず大根干葉にしてしまうことにします。これから大根の葉も大きくなる季節だし。でも、大根の干葉がなくても、お湯に一つかみの塩をいれて腰湯するだけでもずいぶん違うということでした。簡単でいいな~。毎日はしなくていいみたいですが、大根の干葉がたまった頃にせっせとやるように言われました。でも妊娠中はやらないように!!

大根ヒバ

画像をクリックしたら拡大されます

<大根干葉湯の作り方と手当法>

大根の葉 二本分
水3リットル
自然塩 一握り


①新鮮な葉っぱを茶色になるまで日陰で干す。
②大根2本分の干葉を水3リットルと自然塩一握りで濃い茶色になるまで煎じ出す。
③この煮汁をタライ、または、浴槽に入れて腰がつかる程度になるように水をお湯を足す。
④腰までしっかり温める。膝を立てて入る。足先と腰だけを温めるのがみそです。
⑤温度は45度程度、我慢できる程度でなるべく熱くする。20分から30分程度ゆっくり入る。寝る前が効果的。冷えるようなら上半身はバスタオルをかけるなどして冷やさないようにする。
注意:生理・妊娠中はやらないこと。


足先には毛細血管が、腰には内臓の神経が集まっているので、血行をうながし、内臓全体の働きをよくするので、部分浴だけど全身浴よりも体が温まるそうです。原始的なようだけど、非常に科学的だと。



そこで私の感想です。



死ぬほど汗が出ます。サウナより気持ちいいし、すっきりして、疲れた感じがしない。腰だけなのに体中ぽかぽかです。私はバスタブでやります。ちょっとしたホームサウナみたいな感じかな。お肌もつるつるになります。ちょっと「おでん」な気分になりますが・・・(やってみたらこの意味よくわかります。うちの夫はいつもおでん、おでんといっています。)


もし、大根の葉っぱがなければ一応自然食品やで売っていますよ。オーサワジャパンというマクロビオティックの会社が出してます。これを使うとかなりお手軽です。


オーサワジャパン 大根干葉湯の素オーサワジャパン 大根干葉湯の素
()
不明

商品詳細を見る



興味ある方はぜひぜひ試してみてください。





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/18(日) 03:40:06 | | #[ 編集]
ありがとうございます
ぱんだままさん、感謝です!
やってみますねー。大根葉も食用に干しておいたのがあるので、勿体ないようだけど(笑)投入します。
ホームサウナ、楽しみ~!
2009/04/21(火) 18:39:08 | |キョウコ #JalddpaA[ 編集]
>キョウコさん
いえいえ、どういたしましてです。大根葉もったいない気持ちわかります(笑)あったまるという意味では、よもぎより強力です。匂いもあって、おでんな気分になりますよ←大根干葉の腰湯をすれば意味が分かります。ものすごい解毒作用なので覚悟あれ!私も早速、尾てい骨の焼き塩やりましたよ~すっごいよかったです。自然療法で塩温石といって焼き塩の湿布を痛みのある場所(特にお腹廻りや背中)にたまにすることがあって焼き塩で温める方法は知っていたんですが、、尾てい骨といえば八りょう穴の場所!これだ!とピンときました!!尾てい骨周辺にはし易いですね~しかも骨盤や子宮にものすごい効果がありそうです。子宮には腰からのほうが近いんですからこれはよさそう。素敵な方法、教えていただいてありがとうございました★お互い頑張りましょうね。また、情報交換しましょ!
2009/04/21(火) 23:08:50 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/69-3acfb6c5
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。