スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵胞の数が多いけど、中身はあるのか??という不安にかられながら、これまでも空胞に悩まされているだけに切実です。高齢になると空胞も多くなるとはいえ、それでは諦めきれないのが正直なところ。多けりゃいいってもんじゃないけど、取れないのもさみしいし。



結果、9個見えていた卵胞のうち、3個は空胞だったようで、6個取れました。




先生は満足そうだったけど、私は複雑な気持ち。9回分の針は痛かったし、3回分は空っぽと思うと切ないです。9個が6個に減り、受精でどれくらいまで減るんだろうか?確かに3個は小さめで成熟してないのではないかと思っていましたが、成熟してるかどうかと空胞かどうかは別問題だし。それに、こうなると卵の質もどうなんだろうか・・・ここまで順調にいってたけど、やっぱりすんなり行かしてくれない。



ふーーやっぱり年齢の壁は高いですね。年齢とおもに切実に感じる今日このごろ。




明日は受精確認です。



少なくとも1個は残っててください!!



■追記■
採卵率を調べてみたところ、見えている卵胞のうち8割程度採卵できれば妥当とのこと。数が20個とかじゃなくて、一桁の9個でもあてはまるのかな?9個の8割はちなみに7個。ちょっと低めだけど、許容範囲としなくてはいけないのでしょうか?ちなみに半分の採卵率というのは低すぎるようです。

応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/434-6f940290
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。