スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんの数日前、恥ずかしながら私は中学生のようにプチ家出を図った苦笑い私と夫の「温度差」が原因だった。


不妊治療をはじめて以来、不妊治療に取り組んでるたくさんの方々同様、夫婦の間でいろいろな話をし、協力し合ってきたつもりだった。もちろん、不妊検査、卵管の形成手術(FT)、体外受精、そして、妊娠にいたるまで、夫は優しさと理解と協力を惜しみなく提供してくれたことは事実で、すごい感謝してる。大変だったけど、数ある困難を一緒に切り抜けたことで「夫婦の絆」手をつなぐは以前よりもずっと強くなった気がする。大変な中にもいいことあるな~と、二人で取り組んで納得して選択したきたことをすごく良かったなと思えるハート


それでも「温度差」体温計っていうのはまだまだ(多分これからも・・・)生じる。男と女が理解しあうのは難しいなと思う今日この頃・・・jumee☆Feel Depressed4


どうしてプチ家出に至ったかというと・・・


流産後も主人は仕事が忙しく、(想像だけど、ま、夫自身にとって大変な時期だったので友達と飲みたいっていうのもあり)遅い日がこの数週間続いていた。でも私もそろそろ頑張り疲れてきて電池切れ絵文字名を入力してください少しいたわって欲しいという甘えも出てきた矢先、8頃頃帰りがすこーし遅くなると電話が入り、その後再び11時頃電話。すでに酔っ払って超ご機嫌のご主人は「男3人盛り上がってんねん。あかん、今日は帰られへん、がはははは上上上」とご機嫌ぶりを発揮。私も最近限界ラインをさまよっていたせいもあってなんだかすごくテンションが下がり、頑張ってきた緊張感がプッツリきれてしまったのだった。超ネガティブ志向に急展開した私は無性に寂しくなってしまったおちこみおちこみおちこみ


お願いは一つだった。ほんのしばらくは私を優先してほしいこと。せめて体が戻って生理が戻って来る頃までなるべくたくさんの時間を過ごしてほしいことだった。夫との時間が流産から立ち直る一番の薬だったから。涙でもなかなかその声は届かなかった涙



なんでわかんないんだろうはてななんなのこの「温度差」bikkuri01


きっと流産に対する受け止め方がちがうんだろうな・・・・私にとってすし太郎は生きていた命ですでに私の中に生まれた命だった。元気に鼓動を打つ赤ちゃんだった。彼にとってはこれから生まれ来る命。お腹にいる間はまだまだ彼の想像の中にしか存在しない夢みたいな感じなのかな。流産後の喪失感の違いは大きい。これが「温度差」の原因のような気がする。

でもそれは当然。同じ様に感じろっていう方が無理がある。だって彼のお腹の中にはいないんだから。

私は同じに感じてほしいとはちっとも思わないけど、私にとってのすし太郎を理解して欲しかっただけ。その喪失感の大きさを想像して少しは思いやって欲しかった。これって私は欲張りなんだろうか??でも無理しすぎてもいい結果は招かないと自己弁護しつつ、馬鹿げたプチ家出という方法で訴えることになってしまった苦笑い


子供っぽい手法をつかってごめんね~でもプチ家出後、昨夜もう一度根気よく話した結果、少しはわかってくれたようだ。こうして、また、絆は強くなるのかな笑旦那さま、これからもたのみますよ~ペコリ



心の温度差は寂しくて辛いけど、お互い理解を深める大切なチャンスにっこり温度差を感じたら次への飛躍への第一歩と真正面からぶつかるぜ!



「二人の絆の確認」が再妊娠への第一歩だ~bikkuri01





ダウンランキング参加中です。励みになるのでポチッとお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/28(月) 13:28:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/01(月) 23:08:50 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/43-d7c6dc19
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。