スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この病気の名前は本なんかで見たことある程度で、入院当日に担当医から診断されるまでは自分がこの病気になるとはちっとも思っていませんでした。多くの方がおっしゃられてるように、自覚症状がなく、タイミングよく検診がある以外は、手遅れになる場合も多いようです。涙

赤ちゃんは元気で最後の最後まで立派に成長を続けていく様子を横目に、子宮口が開き妊娠が継続できなくなっていくのですが、突然の宣告になすすべもなく、元気な赤ちゃんを看取らなければなりません。ちょうどお腹が大きくなりはじめ、妊婦としての喜び、赤ちゃんへの愛情がどんどん大きくなり始める18週~20週頃に症状の突然でるのが典型的な症状のようです。初産の場合、予測するのが大変難しく、また、完全に子宮口が開いてからだと有効な措置をとることもかなりのリスクがあるようですが、経験的に分かっていれば予防措置もとれるようです。一人でも多くの人がこの病気のことを知って、元気な赤ちゃんを無事に産めることができたらと本当に心から願います。あんな思い、できるだけ誰にも味わってほしくないと強く思っていますstar pink


で、今日は私の場合について詳しく書いていこうと思います。


症状

「お腹の張り」ついて
一番よく言われる自覚症状の一つがお腹の張りです。私は初産であったため、この「張り」自体がどういうものかをよく分かっていなかったように思います。病院に運ばれた時も看護婦さんに「お腹が張ってるでしょ?」って聞かれたけど、正直、そんな気もするかなって感じでピンときていませんでした。この張りに気づいていれば、もう少し早くに、手遅れになる前に病院に足を運んでいたと思います。今振り返ってみると、1週間~10日ほど前から軽い張りを感じていたように思います。しかし、妊娠時期にはこんなものなのかなと大して深くは考えていませんでした。入院の2~3日前は母親と二人で「お腹少し硬いね」なんて話していたのですが、まさか子宮口が開き赤ちゃんが出てこようとしているとは頭の隅にもなく、疲れているのかな位に思っていました。入院前日、福岡にいる主人と夜電話で話しているときにソファーにもたれかかってお腹をさすっていた時に、下腹部が硬くて少し膨れているなと思ったのはよく覚えています。いずれにせよ、お腹の張りがこうした早産のサインである危険性をよく理解していれば、もう少し別の行動をとれたはずです。お腹の張りを察知することがある程度事前に対処できる程度の時期に子宮頸管無力症を発見するために、妊婦自身ができる数少ない防御策のように思います。

痛みについて
下腹部痛など痛みに関しては私は全然感じませんでした。私の早産に対する先入観は、激痛や大量の出血を伴うというイメージでした・・・

出血について
入院当日の朝、おりもの状の出血がありました。トイレにいって、トイレットペーパーに500円玉くらいの量だった記憶があります。少しびっくりしたので母親を呼びましたが、これが「おしるし」だとは時期的に全然頭になくて、疲れているのかなと思い、その日一日ゆっくり過ごすことにしました。しかし、お昼寝をして夕方に目覚めトイレに行くと、また、同じような出血があり少しずつ心配になってきます。福岡の主治医に電話で相談すると、切迫早産の疑いがあるから近所のお医者さんに至急診てもらいなさいという指示を受け、病院を探しだしましたが、土曜の夜ということもあり、救急担当の病院に連絡。電話の前に2時間ほどかけ続けるがどこも見つからず、結局119番で救急車で弟夫婦が出産した病院に運ばれました。


炎症について
私は炎症反応は検査の結果ありませんでした。中期の早産において、その他の症状とともに、炎症反応がないということが子宮頸管無力症と確定診断する大きな根拠となるようです。炎症がある場合、絨毛膜羊膜炎なども考えられるようです。B群溶蓮菌(GBS)検査も陰性でした。


診断内容

子宮頸管無力症による胎胞脱出
救急車で運ばれるやいなや、腹部エコーと頸膣超音波で診察。赤ちゃんは元気そのものでしたが、4センチほどの長さでぴったりくっついているはずの頸管部分はなく、子宮口も3センチほど開いている状態で、中から赤ちゃんの入った袋(胎胞)が膣内に3センチほど飛び出している状態でした。赤ちゃんの袋を包んでいる羊膜は外気に触れるともろくなる性質があり、膣内(子宮外にでると)で外気に触れている状態なので、いつ破水するかわからない大変危険な状態だということを説明されました。私は即絶対安静の状態におかれました。

処置
子宮の張りを抑制するウテメリンといわれる薬の点滴と子宮の羊膜を保護するお薬を膣内に挿入してベッドでの絶対安静。子宮口が開き子宮内も弛緩した状態になれば、脱出した胎胞をなんとか子宮に戻し、子宮口をシロッカー法で縫い合わせてしまうというのが手術計画でした。

ウテメリン:心臓がどきどきしてきて、少し締め付けられるような副作用があると説明を受けましたが、実際にありました。24時間程度すると体が慣れて自覚しなくなっていきました。子宮の収縮を納めてくれる作用がありますが、中には、このウテメリンが効かない場合もあるそうです。私の場合は、お腹の張りはとれ、やわらかくなっていました。このときはじめて、お腹が張っていたんだと気付かされました。

子宮頸管縫縮術:子宮口を縛ってしまうらしく、マクドナルド法とシロッカー法などいく種類かあるそうです。

手術
なんとかウテメリンのおかげで破水もまぬがれ、手術を受けることに。手術は、ウテメリンと下半身麻酔で筋肉が弛緩したところを物理的に逆さまにすることで出てきた袋を元にもどることを期待しつつ、口を縫い合わせるということでした。私は、肩を支点に逆さまになった状態(ヨガでいうショルダースタンド)で30分から40分頑張ったと思います。なんとか脱出した袋はいったん子宮にもどったものの、羊水の検査をしたところ、子宮内で破水しているという残念な結果となりました。

下半身麻酔:下半身にのみ麻酔が効くので、基本的には体に負担が少なく、赤ちゃんへの影響もないと説明されました。麻酔によって、消化器官がマヒするため、嘔吐などの症状が現れるので、手術当日は絶食で、翌日は10分がゆ、5分がゆと復食していき、翌々日からは油控え目の普通食に戻りました。そのほかの副作用としては、手術翌日くらいからかなりひどい頭痛がありましたが、3-4日のうちに徐々におさまっていきました。



私に与えられた選択肢は、手術を受けず安静状態を保つか、赤ちゃんの命を積極的に助けるために一か八かの手術を行うかでした。担当医の説明によると、18週ということもあり破水した時点で赤ちゃんの助かる見込みはないということ、赤ちゃんの救命処置が施せるといわれている22週までの1ヵ月間を破水せずに乗り切れる可能性はほぼなく、どんなに長くてももって1週間程度で遅かれ早かれ必ず破水するという説明を受けました。ただし、手術の成功の可能性もかなり低く、もろくなった羊膜を破らずに無事に子宮内に戻すことは至難の技であることも聞かされました。手術がうまくいかなかった今となっては、絶対安静で待っていたほうがよかったのではないかと後悔することもあります。しかし、私たち夫婦は手術にかけるという選択をしました。どちらが最善の選択であったかは、今はよくわかりません。




ダウンランキング参加中です。ぽちっとお願いします

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ




頑張ります
読んでいてパンダママさんとまるで同じ状態に驚ろきました。
私は21週の時点で、突然の出血と破水で緊急入院しマクドナルド法で手術を受けましたが手術後の張りの為縫い合わせた下方が緩み、生体接着剤をしようした処置に挑む直前に炎症反応が検出され、
明日縛った部分を解き自然に任せる事を決めました。
出産予定日を控えた妊婦さん達との相部屋で今夜は辛いですが、次の新しい生命に出会えるようなんとか前向きに頑張ります。
2011/07/04(月) 23:28:43 | |まめママ #-[ 編集]
>まめママさん
お返事遅くなりましたが、コメント頂いて以来ずっと祈っていました。今もなお母子ともに元気でいらっしゃること事あるごとにイメージしてます。気をなかなか抜けないでしょうが、ある意味、とても密な時間を赤ちゃんと一緒に過ごしているんですよね。きっとそれは赤ちゃんにも周りの方にもみんなに伝わっていると思います、そして、ポジティブな方向を見つめられちるまめママさんの気持ちやエネルギーをコメント読みながら感じました。本当に本当にすべてがいい方向に進んでいきますように。いろいろ思い通りに進まない瞬間もあるかと思いますが、懸命にできる限りを尽くしていらっしゃる姿になんともいえない気持ちになります。辛くても絶対にあきらめないで頑張ってください。どんなに辛くても40週が最長ですから、終りのある我慢なのできっと我慢できると思います。そして、元気な赤ちゃんと対面できる日がくること祈ってます。本当に本当にがんばってくださいね。まめママさんの気持ちを思うと涙が止まりません。とりとめのない返信ですが、ただただ祈っています。赤ちゃんもまめママさんも二人ともがんばれ★★
2011/07/07(木) 19:32:32 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/4-01c52a77
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。