スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は痛さで余裕がなかったですが、自然療法駆使してようやくここまで復活。今は痛みは残っていますが、ほとんどの動作が自分でできるようになりました。前かがみがちょっときついので、靴下はくのが大変。でも寝起きやトイレやお風呂などはなんとか自分でできます。8割ほどは戻っています♪


昨日の朝、カイロプラクティックにいったのですが、ぎっくり腰の原因は冷えだということ。私は、どうやらこの一カ月、資格試験にむけて猛勉強した結果、座位ですごす時間が多くて、しかも勉強部屋が北の部屋。季節の変わり目であったり、テスト勉強にちょっと肩入れしすぎて、お茶や甘いお菓子を食べることも多かったりで、すべてタイミングが悪かったんですね。ぎっくり腰になったときは、昼間勉強していたので、夜中風呂上がりにアイロンかけていた時でした。これまた冷えちゃったようです汗




で、カイロで姿勢を直してもらったあと自然療法まっしぐらでいろいろ試みたら、今日はこんなに回復。妊婦さんもぎっくり腰になりやすいらしいので、今後の妊娠に備えて覚えていたら少しは役に立つかなと思って紹介します。それに、妊婦さんの場合、いわゆる痛み止めや炎症止めなど整形外科で行うような投薬での治療は胎児に影響があるのでできなんです。私も判定待ち。もしや妊娠していたらと思うと怖くてできませんでした。でも痛いのはいやだーー。それに、対処法ではなく根本的に治療したいし!で、いつもながらの自然療法です♪




その1ハート 断食  
胃腸が弱ったり、体の毒素や疲労物質が停滞したり、冷えたりという原因でぎっくり腰になるようなので、とにかくこういうときは食べない。もちろん痛みで食欲はありません。ならば、無理して食べない。
その2ハート 梅肉エキス
空腹で飲みます。汚れた胃をきれいにし、胃腸の働きを活性化し、疲労物質を分解。肝臓や腸によいです。
その3ハート しょうが湿布
これは痛みを取ってくれます。そしてすごい即効性があり、おかげでかなり動けるようになりました。ちょっと面倒ではあるけど、自分ではできないので夫の出番。無農薬の土しょうががあれば大丈夫です。痛みをともなうありとあらゆる炎症(熱をもってないもの)に効き目があります。末期がんの痛みでさえとるといわれています。写真付きでわかりやすく説明しているHPがあったのでしょうが湿布はこちらを参考に♪
その4ハート こんにゃくシップ
ようは疲労物質が体に停滞しているので、流してあげます。肝臓や腎臓や腸を温め、機能をアップ。しょうが湿布の前に短い時間してあげるとしょうが湿布の効果が上がります。ぎっくり腰の痛みがとれたら、あとはこのこんにゃくシップでしばらく体調を整えてあげます。
その5ハート 食事はシンプルに
1日の断食のあと復食。まずはおかゆからスタート。甘いものやお酒や刺激物はもちろん、肉食や白米を避けて、玄米と野菜で。



かなり辛かったですが、なんとか持ち直しつつあります。みなさんもぎっくり腰には気をつけて~パンダ







絵文字名を入力してください妊娠&出産までまだまだ諦めずに頑張ります★
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/326-8a4c9509
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。