スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もいそいそと卵胞の確認に行ってきました。それにしても、子宮頸管粘液は音沙汰もなく、いつもだと排卵前にはちゃんと出てくるのでなんだか気持ちが乗らない…


エコー検査によると左の卵胞が22mm×17mmと昨日より1-2mm大きくなっていました。内膜は8mm。ざーっとこれまでの記録しらべてみると、排卵前のこの時期の平均的な内膜の厚さです。排卵確認のあたりであと2mm位厚くなってくれていれば嬉しーのだけど。でもきれいな木の葉型の三層になっていました♪よしよし。そして、LHサージの尿検査は、昨日よりだいぶ濃くなっていたものの、マックスに濃い感じではまだありません。7割の陽性という感じ。ということは、子宮頸管粘液がまだ少ないのもやっぱりツジツマあいます。体は正直ですダッシュ



先生曰く、「もう一日待つ?それとも排卵の注射打つ?もう一回来るの面倒なことぐらいで大差ないよ」と。本当かな…困りパンダアップロードファイル 結局、考えるのも面倒くさくなってお任せしました。百戦錬磨の先生だから、もういいやと思って。


そして、排卵の注射chusya これがまた今日は格別に痛かった。あまりの痛さに「いつもと違うんですか?」と聞いてみたら意外な答えが!そして、謎か少し解けました


「ぱんだままさん、今日はまだ排卵検査が完全な陽性ではなかったので、ゴナドトロピンが10000単位なんですよ~いつもは5000単位だから。陽性になっている場合5000単位なんですよね。卵自体は20mm程度に卵胞が大きく育てば基本的には熟成しているんだけど、排卵がいつするかは体次第なところがあるんで!」


そうなんだ~納得。そうなら、体のリズムに任せて陽性になるまでまっても私はくるの面倒じゃなかったからまた来てもよかったのに~!薬なんて投薬するの少ないほうがいいに決まっているのに~!先生も説明してくれればいいのに~!と、「のにのに」思いつつも、疑問が解けたのでちょっとすっきり♪明後日排卵確認にいって、順調にいけば月曜に移植です。



もう注射打ったんだから、ここからは内膜厚くなるように調整だ!ヨガにお灸に足湯にこんにゃくと攻めますよ~手書き風シリーズ矢印上






絵文字名を入力してください移植秒読み★ここからが執念場です!応援のポチお願いします!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

こんばんは
ぱんだままさん、いよいよ移植ですね!うまくいくよう祈ってますねi-194ぱんだままさんの通ってる病院の先生ってアットホームで良い感じですね~i-179私が通ってる病院は不妊治療では有名みたいですが、いつも人で溢れていて、流れ作業的なものを少し感じてしまいますi-181四国旅行楽しかったですi-237だいぶんお金使ってしまいましたが・・・i-201旅行中、道端でよもぎ売ってたので、今から初よもぎ風呂挑戦してみますi-236
2009/09/29(火) 19:15:33 | |MIE #-[ 編集]
>MIEさん
お帰りなさい♪ヨモギ風呂いいですね~私も入りたい!きっとぽかぽかですね。MIEさんの生活にもヨモギやお灸すっかり自然の恵みがいっぱい。聞いているだけで元気になります♪私も自然の恵みちょこっともらって移植にのぞめたらなと思っています…★私の通っている病院はあまり大きくないので先生も患者さんの顔みんな覚えているんじゃないかな。大きい病院と小さい病院、良いところ悪いところそれぞれありますよね。でも大きい病院の施設や最新技術はやはり魅力。正直、私はうらやましーです。技術も優れて、設備も最新で、アットホームで、安い病院ないかな~(笑)
2009/09/30(水) 09:52:13 | |ぱんだまま #-[ 編集]

こんにちは♪
いよいよですねぇ~♪
いよいよ再挑戦が始まったんですねぇ~♪

どうぞ、どうぞ、どうぞ!!良い方向へと向かいますように!!

先日、「私の愛情、夫の愛情」読ませていただきました。涙が出てコメントしようにも出来なくて、何もせず閉じてしまいました。

すし太郎ちゃんの出産のブログは実は何度も何度も読ませていただいてます。その度に胸がキューっとして・・・涙が止まりません。

「愛情」って夫婦生活が長くなると、なかなか感じられなくなりますよねぇ~。残念ながら。
人間の器が試練を迎えた時にわかるように、
なにか二人の間に辛いときが起こった時にわかるような気がします。
うちの兄夫婦も初めての子を3歳という可愛いさかりに脳腫瘍で亡くしました。甥っ子が天国に召された日、二人が固~く手を握って行動してたんですよね。それだけのことですが、なんだか「この夫婦は大丈夫だ」と思いました。素敵だなぁ~とも。
うち夫婦も昨年、流産した時、泣くばかりの私を気丈に支えてくれてた旦那がある会話で涙をポロポロ流したんですよね。20年近い付き合いがあって、旦那を泣かしたのは初めてだったもので、ビックリしたと同時に「この人と出会えてヨカッタ~。」と心の底から思いました。
すし太郎ちゃんもうちの子も、きっとそういう使命をになってこの世に降り立った子たちなんでしょうねぇ。
なんだか長くて支離滅裂!!ごめんなさい!!
ぱんだぱぱさん、ままさんは素敵な夫婦です!!きっと空の上での競争が激しいんだわ!!この人気者!!(笑)
でも、そろそろ、もう決まってるハズ!!
その日を私も楽しみに待ってますよ♪
気負わずに、楽しい移植時間を過ごしてくださいね。
2009/09/30(水) 12:10:55 | |po #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/01(木) 22:11:10 | | #[ 編集]
>poさん
poさーん、返事遅れてごめんなさい。ほんとにほんとに遅くなってしまって気になっていましたが、この数日間いろいろあって落ち着かない忙しい日々をすごしておりました。そのことはのちほどブログで核として、とにかく、おくればせながらですが こんにちは♪&本当に本当にコメントありがとう~~~!!!!読みながら、なんだか嬉しくて悲しくて熱いものを心に感じながら読ませてもらいました。まだ見ぬpoさんですが(笑)言葉の一つ一つをすごく近く感じながら読みましたよ。ありがとうございます。嬉しいの通り越えて、感謝の気持ちでいっぱい。いろいろな思いを共有してもらって、ブログ書いてよかったなと思えました。そして、お姉さん夫婦のお話&poさん自身のお話。すぐに涙腺に来ちゃいます…少なからず同じような思いをされた方の話は本当に他人事とは思えないです。私なんかホンの1時間程度、お腹の中を入れても6カ月程度しか一緒に過ごしていないすし太郎の命がこんなにもいとおしくて自分の人生に影響する力をもっていたことを思うと、何年も一緒に愛情いっぱい注いで暮らし、思い出もいっぱいになって幼いかわいい盛りにお子さんを失うことがどれほど辛いかと思うと言葉にならない。そして、たくさんの努力をして子供をさずかり、待ちにまった命を失ってしまうことの辛さ、やりきれなさを思うと同時に、そうして夫婦で乗り切って今ここにpoさんに命が宿っている素晴らしさに胸をなでおろすような安心と喜びがぐーっとこみ上げてきて・・・・妊娠や出産、そして家族を持つということはほんと人生において大きな意味をもっているんだな、喜びも悲しみもいろいろな感情があるからこそ、大切なものなんだなって思ったりして。与えられたせっかくの人生だし、思いっきり存分に味わって謳歌したいなって、そのためにもまた頑張って乗り切って大声で笑いたい!!poさんも刻一刻とべべちゃんとの対面の瞬間が近付いてるんですよね~うーーーー考えただけで背筋がゾクゾク。緊張してきました(笑) 私も移植間近。でも今回はユルユルです。ちょっと緊張なさすぎかな?(笑) poさんに続いて行かなければ~ママ友になりたーーーーい!!
2009/10/03(土) 11:01:18 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>poさん
お姉さん夫婦じゃなくてお兄さん夫婦でした。おっちょこちょいでごめんなさい(笑)
2009/10/03(土) 11:03:38 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/317-4d266e6d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。