スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採卵周期9日目ハート 体調不良をなんとか乗り切り、今日はクリニックで卵胞の成長をチェック!午後からは体調も戻ったし、なんとか大丈夫かなと思うものの、一応先生に聞いてみようかな?と思いつつ、行ってきました音符


医者:「そろそろ大きくなり始めている頃やしね、卵のほう診て行こうか」
panda:「はい」
医者:「えーっとこれがあなたの内膜ね。8㎜かな9㎜かな?そんなもんね」
panda:「はーい」
医者:「右の卵巣ね。ほら大きなってきたやろ。一番大きいので15㎜やね。左はこっちね。こっちも大きなってきたね。この大きいので17㎜。ま、もうちょっと大きなるからあと2日くらい注射うってからホルモン検査やね。」
panda:「わかりました」


初回のショート法からは2年もたっているし、3回目の採卵とあって注射への反応が多少鈍くなっている感もぬぐえないけど、一応先生の説明だと順調らしい。初回の時は周期9日目にhCG打って11日目に採卵というちょっと速い展開でしたが、今回の採卵は週末(周期13か14日)あたりかな?ということでした。あと私はいつも15㎜位の卵胞で内膜が8㎜というのが平均的な成長スピードなので、今回も平均的です。私なりに順調と受け止めていますパンダ




panda:「先生、実はすごい吐き気と胃痛があったんですがなんか関係ありますか?」
医者:「卵巣も腫れとらんかったからね。今日も吐き気はある?」
panda:「いえ、もう大丈夫です。」
医者:「薬のせいやったらまだあるはずやと思うんやけどね。」
panda:「そりゃそうですよね。」
医者:「もし、またなったらおいで」


ということで、いまいち関係なさそうな…副作用というほどではないのかもしれません。ま、治ったことだし、鍼灸にいって体調ととのえてもらうことにします。多少薬への反応が鈍いといっても先生は満足そうだったので、心配することは今のところはなさそう、ということにしときます(笑) 最後にhMG150単位chusyaをぷすりと打ってもらって帰宅しました。ごちです。









ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ






コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/289-6343fab2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。