スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の新鮮胚移植で妊娠したものの陽性判定後すぐに出血が始り残念な結果になったとき、体外受精も含め化学的流産はそんなに珍しい事じゃないよと担当医師のY先生に言われたもの、いざ、移植を控えると年齢も40歳目前ということもあり、気になるんですよね…卵の質がたまご グレードの判定っていっても見た目のもの。染色体の異常は判断できないし。いくらきれいな卵ででも分割とまるような生命力の低い卵だと妊娠できない。


染色体異常のない元気で
サバイバルな卵がほしいー!!


調べたところで、何かできるわけではないが、知りたくなるのが人のサガ…涙 また同じような結果になるんじゃないかとちょっと心配なので調査…(笑)




化学的流産や極初期での流産、そして、着床しない受精卵の多くの原因が染色体異常だって言われてるのはよく言われて知っていますが、染色体異常の確立ってどれくらいなのかちょっと調べてみました。


(以下引用)

自然の妊娠では体の中で受精した受精卵の内25~30% しか赤ちゃんとして生まれてこないことが知られています。これは、受精卵の多くに染色体異常があるため、着床しなかったり、着床しても流産や死産を起こしてしまったりする事が大きな原因の一つです。受精卵の内、染色体異常を持つものの割合は34歳以下の方で59%、35~39歳の方で63%、40歳以上の方ですと74%にもなります(Munne et al. 1995, Marquez et al. 2000) 。染色体に異常をもつ受精卵の97%以上は着床しても流産、死産してしまいます。」


39歳だとなんと63%!えぇ 思いのほか高い数値でびっくりでした。ほとんどは分割段階で途中分割がストップする場合も含まれているし、私のようにちょっと遅れた生理のような形で極初期に流れてしまう場合が多いのでしょうね。


培養の環境は子宮内の環境より苛酷で受精卵にはなかなかストレスの多い環境といわれているし、
もちろんこの63%とという数字は体外受精などで培養している環境での染色体異常や分割停止のことを言っているのではないので、もしかしたら、もっと高いのかもしれないですね…

2回目の採卵では7個受精して4つは分割が桑実胚でとまり、胚盤胞にまで成長してくれた3つのうち一つは化学的流産に終りました。標準的な確率でいくと、残り二つのうち一つくらいは染色体異常ではない健康な受精卵であるはずなんだけどあるのかなぁ・・・ふう。見た目では判断できないらしいし、おまけに、一つしか戻してくれないし、しかも、病院のシステム上融解は一つずつできないので2個とも融解しないといけないし・・・



命がけでくじを当てるような感じです。




明日はクリニック。移植がGWにかぶらないように排卵すればいいんだけど…卵胞どんな具合が診てもらってきま~す肉球









ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

わーたーしーもー、必ずや着床し成長し無事に生まれてくる運命の卵に会いたい…。

初めての妊娠が34で染色体異常が59%の枠に見事ドンピシャで入り、97%が育たない運命にありながら、そこもわずかな%をサバイバー、見事成長を続けたハチ。
35になった今、4%も上がった染色体異常率…。
ハチのようなど根性サバイバーで染色体異常がない、そんな卵が残り二つにあるのか…、まさに命懸けのくじ引きですね!

その前に、ちょうど良く排卵して、クリニックのお休みにかからないといいですね!今週期お迎えできる事をお祈りしてます(^O^)
2009/04/27(月) 21:10:41 | |oyome。 #-[ 編集]

いつも詳しい情報で、とても参考になります!
いや~、思った以上に受精卵に異常がある確率って高いのですね。
これでは私がこれまで結果が出なかったのも仕方がないと、何だか気が楽になったような、しみじみしたような、不思議な気持ちです。

移植が無事に運ぶように、祈っております!
2009/04/28(火) 14:18:57 | |もさりこ #-[ 編集]
>もさりこさん
そうなんですよー思った以上に確率高いですよね。私もある意味自分の流産に納得してしまいました(笑) こんなことで気が楽になっていいのかと思いつつも、なぜだか安心する自分。同じですね(笑)
2009/04/29(水) 00:51:26 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>oyome。さん
命がけのくじ引きと思うと、そりゃーストレスもたまるのは自然なことだなーと改めて頂いたコメント読みつつ思いました…くじは引いてみなきゃ結果見せてくれないし。なんとも不妊治療で卵巣といっしょに寿命も縮みあがる思いです。ある意味、不妊治療をしているということは確率の少ない方へ少ない方へと歩むことを余儀なくされたきたこれまでの道のり。そろそろメインストリームの多数派の方に転向しーたーいーーーー(叫)2つの胚盤胞に必ずやoyome。さんをメインストリームに引き戻してくれる運命の卵がいること祈ってます!!
2009/04/29(水) 01:35:33 | |ぱんだまま #-[ 編集]

40歳以上74%は凄いですね。41才でできた息子は本当に果報者ですね。
不妊の時も辛かったけど子育ての途中で次々出てくる悩みもまた凄いです。
子供は卵の時から親にハラハラドキドキさせる存在なのですね。
2009/04/29(水) 15:46:28 | |けい #qcsrN/5E[ 編集]
>けいさん
これぞ運命ですよね。そして受精卵となり着床したときから愛がなければ乗り越えれないハラハラドキドキがあるんですね。ずーーーーーっと(笑) 覚悟しておかないとだめですね。メモメモ。それにしても本当に果報者の愛すべき息子さんですねー。
2009/04/29(水) 19:35:25 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/270-accc901d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。