スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はすし太郎の命日でした。3月31日です。突然のことで悲しい結果になったけれども私にとっては出産日。そして、この世には長く居れなかったけどすし太郎にとっては誕生日。こじつけかもしれないけど、死のイメージばかりが先立つ「命日」という言葉にあまりよい印象を持てない自分がいて、なのでちょっと無理やりな感じもするかなと思ったんですが敢えて「誕生日」と言わせて下さい汗とか 「祝いじゃ祝いじゃ祝酒じゃ酒じゃお酒無礼講じゃ~クラッカー」とはいきませんが、せめて、私たち夫婦のもとにやってきてくれたことにありがとうという感謝を示したいではありませんか!


しかしながら、私たち夫婦の間で、この日は特別な日だけど、特別には過ごさずにいようと決めました。仏事を行ったり拝みにいったりして特別にするのではなく、時間を大切に過ごそうということにしたんです。きっと何かと思いだしたり、振り返ったりする瞬間は必ずあるはずだから、一日をこれまで通りそして、これから通り過ごす中でそういう思いを心に大切に抱きながら普通の一日を特別に過ごそうとflower



分かったような分からないような話ですが…(笑)
パンダパンダは思い込み一発のタイプです肉球



きっとこれからも季節がめぐりこの日を迎えるたびに、すし太郎のこと、私たちの受けた宿命、我が子を失うという悲しさ、さみしさ、つらさ、理不尽なめぐり合わせへの憤りや後悔を繰り返し繰り返し味わっていくことになると思います。すし太郎はすし太郎であり、他の何物にも埋め合わせれる存在ではないです。天使ママさんや天使パパさんだけでなく、子供を持つ親なら誰しもが思うことではないでしょうか。これってすべてが短い命でも小さな命でもこれだけの意味と生命の重みがあるってことですよね?? そして、私たちに命をもってたくさんの喜びも運んできてくれた命です。そんな生命が誕生してきてくれたんだねって私たち夫婦のすし太郎への敬意を少しでも未来につながる形で大切にする日にしたかったんですが…ニコニコ。 横向きちょっと理屈をならべすぎですか?(笑)やっぱ屁理屈気味かも…パンダ




ともあれ、今日は一日、いつもどおり、でも、特別♪



朝はヨガに行って、何の縁だかこの日に会うことになった友だちのEちゃんとランチをし、急に思い立ってクリニックにいってY先生に診察(←明日詳しく話します!)してもらって、帰りの花屋ですしのお花を買って、ぱんだぱぱの好物のコロッケを作って、食後は採れたてよもぎの青汁(←明後日詳しく話します!)を飲んで(笑)…ふとすし太郎が思い出されるたびに、心を少しすし太郎に向けて、その時していることも違った角度で見えてきたり、その時感じていることも違った意味をもったり。ほんとうに充実の一日でしたダブルハート 


すし太郎が亡くなった次の日も人生は続き、こんな一日が過ぎても、明日は続き、人生は続きます。なんて今日のブログを終わりにしようとしたら頭の中にBGM(?)が流れてきました。ちょっとお決まりっぽくて恥ずかしいですが…パンダ汗とか  

音符川は流れてどこどこ行くの~人は流れてどこどこ行くの~音符by喜納昌吉 









花 ~すべての人の心に花を~by喜納昌吉



川は流れてどこどこ行くの
人も流れてどこどこ行くの
そんな流れがつくころには
花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

涙流れてどこどこ行くの
愛も流れてどこどこ行くの
そんな流れをこの胸に
花として 花として 迎えてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

花は花として 笑いもできる
人は人として 涙も流す
それが自然の歌なのさ
こころのなかに こころのなかに 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


そうですね・・・
特別だけれど、特別じゃない。
そんな考え方もあるんですね。
ぱんだままさんの日記読んで
ほんと、同じ気持ちなんだなって思いました。
私は、なんだかまだまだ
前を向いて歩き出せてない気がします。
でも、前を向いたと思ったら
下向いて後向いて・・・
そして前向いて。
そんなことの繰り返しなんですね。
2009/04/01(水) 08:40:54 | |ながたろ #Rw.701NA[ 編集]
すしへ
すし、会うことはできなかったけど、私はいつもすしを思ってる。
ぱんだぱぱの笑顔を見るたび、ぱんだままの笑い声を聞くたび、すしは近くにいると感じるよ。
どんな赤ちゃんだったのか、どんな少年になっていくのか、どんな大人になるのかさえ想像できるよ。

すし。
誕生日おめでとう。
2009/04/01(水) 10:31:36 | |ゆきちん #-[ 編集]

こんにちは♪ぱんだままさん。
そうですか・・・すし太郎くんはこんな良い季節に誕生されたんですね。

私は自分の子も流産というかたちで亡くしましたけど、13年前可愛いざかりの甥っ子も病気で亡くしました。
ま、実生活では笑うことが多くなりましたし、平気に装ってますが、心の中の悲しみは深く深く、海よりも深くなったと思ってます。これだけは他の人にはわからない、私だけの悲しみです。最初はこれが辛かったですが、今は、これっばかっりはしょうがない・・・と「泣きたい時は」思う存分泣いています。別に無理に幸せそうにしたり、涙こらえなくてもいいんですもんね。
・・・何言ってるんでしょうねぇ?私(笑)

きっと、今頃は「すし太郎くん」が「あのお父ちゃんとお母ちゃんはいいぞ~♪」って色んな赤ちゃんに言ってまわってるんじゃないでしょうかね?
2009/04/01(水) 14:29:50 | |po #-[ 編集]
>ながたろさん
私も前を向いてるのだかどこ向いてるのかわからないときばかりです(笑)迷ってはあわてて引き返してきての繰り返しですが、たまに迷うと「おいおい、お前そっちは崖やぞ!」と引きとめてくれる旦那くんや家族がいたりでなんとかここまで生きています。ほんと繰り返しですね。こんなことじゃだめだな~って思いつつ、ながたろさんに「同じ気持ちなんだな」って言ってもらったりして、そんな気持ちを共有したり同じように感じている人がいることを知って「これでいいのかも」と思えるようになってきたような気がします。
2009/04/01(水) 15:21:45 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>ゆきちん
すし太郎はゆきちんのこと、身内のおばさんと思ってお空にいったやろうね。いつもゆきちんの声を聞きながらお腹の中で大きくなったから(笑) すしもきっとゆきちんの声が急に聞こえへんようになって「あれ??」って思いながらどこにきたか一瞬迷ったやろうね~。今はきっと「おばちゃーんここ、ここ!」って空から眺めているはず。「覚えててくれてありがとう!!期待通り暴れまわってます」って。

いつも母子(+父?)ともども見守ってくれてありがとう~(笑)
2009/04/01(水) 15:28:11 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>poさん
お久しぶりです!妊娠騒動以来ですが、私はすっかり元気になりましたよ。その節はいろいろ励ましてもらってすっごい嬉しかったです。「念」は届きましたか?

他人に自分と同じように共有してもらおう、分かってもらおうと思うと大変ですが、きっと誰しも他人にはわかりづらい悲しみや苦しみを持っているものなんでしょうね…そんなことが人生にはあると私もすし太郎を失って初めて気付きました。だから悲しい時は存分泣けばいいですよね!そうそう。あんまり人前ではしませんが(笑)私も我慢せずにそうしています!そしてそれを無理して分かってくれなくてもそっとしておいてくれたり見守ってくれる人がそばにいてくれれば最高です。見守るのって一番忍耐がいって大変なことだなって思うし。

出まかせでもなんでもいいので、そんな口コミをすし太郎が広げてくれているといいのですが…なんだか想像して笑っちゃいました♪心がぽかっとあったまるコメントありがとうございます!
2009/04/01(水) 15:38:32 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/249-c2b58c11
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。