スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bikkuri012週間ぶりの鍼灸院にいってきましたはうす  

脈をみてもらって早速診察

医者:「ホルモンもしっかり分泌しているね。少し肝実(←肝臓が頑張ってくれている状態です、ちょっとお疲れ気味ってことのようですうふ)がでているだけだよ。順調、順調~」
panda:「あ~よかった~」
医者:「なんで?」
panda:「なんでって、化学妊娠とかで体調もどるかどうか不安だったんで…」
医者:「なにいってんの~ぱんだちゃん!戻るにきまってるじゃな~い。体はそういうものなんですよ~悪いとこは修復するように体はいつも働いてくれているんだから。人間(の習慣や欲)が邪魔をするくらいで、体は治るためにいつもがんばってくれてるんだよ~」
panda:「そうなんですね、先生。安心しました。ありがとうございます~kao02
医者:「何言ってるの~僕は何にもしてないよ~ぱんだままさんの体が自分でよくなっているだけだからね~」
panda:「ありがとうございます!(しか、言えません…)」
医者:「出血も止まったでしょ?自浄作用だからね。心配ない、心配ない。ちゃんとお灸して体をいたわってあげているから、大丈夫だよ。あとは時間時間!」
panda:「わかりました!」
医者:「お腹もぽかぽかしているし、柔らかいし、いい感じだよ。このままの調子でね。手足だけ冷えないようにね!」
panda:「わかりました!!!!」


なんてやさしい言葉の数々kao06 ゆる~い中にも温かさと強さを秘めた先生の言葉にはいつも励まされます。


そして今日は、調子いいときの体調の維持の仕方を詳しく先生が直々に伝授してくれました。これって以外に重要だと思いません?悪い体調を良くするためのお手当てっていろいろありますが、良い状態を維持するという考え方!西洋医学には決してできない技ですグー!





■体調の測定方法

体調がいい=肝臓が元気といっても過言ではありません。疲労感がたまっている、だるいなどは肝臓機能が低下しているときですから。

<方法>
朝いちばん、基礎体温測ってもトイレに行かずに我慢して起きる前に行います。横になったまま、両手をみぞおちに置きます。息を吐きながらみぞおちの上(ほぼ胃の上です)を三本の指でゆっくり押します。そして、両サイドにそれぞれ肋骨にそって息を吐きながら同じようにゆっくり押します。このとき、心地よくない痛みや他の場所とは違う違和感や圧痛を感じたら、その下にある内臓がご機嫌ななめというサインです。特に、右側のろっ骨の真下あたりは肝臓があります。この辺に違和感や痛みを感じたら肝臓が手当てを必要としています。


<お灸の方法>
特に痛みや違和感はない場合→両足に三点灸をします。このとき体調管理のお灸になります。
右ろっ骨下の肝臓あたりに痛みや違和感があった場合→右足のみに三点灸をします。疲れが痛みがひどい時は、両足に三点灸をしますが、右に多めにします。


以前も紹介したこの三点灸なんですが、肝臓の特効ツボと思っていたんですが、じつは あら不思議キラキラ(オレンジ)
①右足にする、もしくは、右足に多めにすると肝臓に効き>
②両足に均等にすると体調を整える
ことができる
という便利なお灸方法なんです!

そして、赤ちゃん待ちの皆さんは三陰交もお忘れなく!

是非とも体調管理にこのお灸方法試してみてください。慢性の肝炎の方(←私です!)にも偉功を示します(体験者談音符



090113_1551~01
スネに沿って3点のつぼに灸をするので三点灸
一番下が三陰交で、くるぶしから指3~4本分のところにあります
三陰交からさらに指3~4本分ずつ上にあるのが2つ目、3つ目のツボ






ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

こんにちわー(^○^)

待ってました!ぱんだまま鍼灸院。
未だ鍼灸院を見つけられずにいる私…。
今回も勉強になります!!

携帯でままさんのブログがUPされてるのを見たので、今朝やってみましたヨ♪

そしたら、胃が(みぞおち)痛かったデス…。
この場合も、両足に三点灸すればいいかしら?

ホントに助かります!!
術後の排卵もなんだかビミョーだし、心配なんです~。
ぱんだままさんは順調に体が元に戻って来ているようで、良かったデス。
まだ朝晩寒いし、体を冷やさない様に気をつけて下さいね!
2009/03/14(土) 12:58:22 | |oyome。 #-[ 編集]

参考になりました。
今年は3月なのに寒く
冷えているのか体調が今ひとつです。足の冷えも
ひどくて。ぱんだままさんの日記を参考に
暖めたいと思います。
いつもありがとうございます。
2009/03/14(土) 18:57:55 | |けい #qcsrN/5E[ 編集]
>oyome。さん
お久しぶりです。更新さぼってます(笑)

早速遊びにきてくださってありがと~参考にしてもらってうれしいです♪
> そしたら、胃が(みぞおち)痛かったデス…。
> この場合も、両足に三点灸すればいいかしら?

両足に三点灸してもらって大丈夫です!ここはいつしてもらっても体にイイと先生いってましたよ。そして、とくに胃が痛いな~って時は、おへそとみぞおちの真ん中(だいたい胃の上で、おへそとみぞおちを結ぶ直線のまん中)に中院というツボがあります。そこにセンネン灸。そして、背中側の胃の裏(ちょうどお臍の裏あたり)の背骨沿いをおしてみてください。そしたらつぼがあるので、いた気持ちいいところにセンネン灸するとよいです。

あと、おなか全体が冷えて、胃腸の調子あげるには、普段からへそにお灸しているとかなり調子よくなりますよ!お腹ぽかぽかです。以前紹介したしょうが灸とかにんにく灸がぴったりです。ぜひぜひお試しを♪

がんばれ!oyome。さん!採卵までもう一息!
2009/03/15(日) 09:52:12 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>けいさん
こんにちは♪

鍼灸の先生曰くですが、女性の冷えは基本的にホルモンと関係しているので、卵巣が元気なうちは冷えも少ないそうです。最近は、若いひとも冷え症のひと多いですが、本来的には若いうちは少ないはずなんですって。この場合は食生活によることが多いみたいです。ホルモンバランスをくずすと短期的に冷えるので、流産した人などはしばらく手あしが冷たいこともあるようです。あと、更年期に入るとのぼせ易い半面、更年期前には逆に冷えることもあるようです。いずれにせよ、(私もですが)手足が冷えたら三陰交とおへそにしっかりお灸して足湯してます。

仕事がら冷えることもあると思いますがお気をつけて~★私も早く春が来てほしい…
2009/03/15(日) 09:57:38 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/238-0be8989b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。