スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調整周期で時間がたっぷりなので、私のこれまでの採卵&凍結胚の融解結果をまとめてみましたふるーつ☆Cultivation・笑(小)
参考にしてくださいパンダ








IVF2コース目・採卵 
採卵時年齢:39歳7か月(2009年1月)
採卵方法:ロング法
卵胞の成長&経過:周期7日目7mm⇒周期10日目右×3個13mm&左×5個15mm⇒周期12日目右×4個16mm&左×5個20mm、内膜11mm、
ホルモン検査:周期12日目(E2…2347pg/ml、P…0.39ng/ml)
採卵時期: 周期周期15日目9個採卵
採卵個数と受精卵数:9個採卵うち7個受精 (受精率約80%




分割の経過
採卵日:受精7個
培養1日目:2分割7個
培養2日目:4分割7個
培養3日目:8分割7個
培養4日目:桑実胚7個
培養5日目朝:桑実胚4個、初期胚盤胞2個、拡張胚盤胞1個→移植




採卵周期の新鮮胚移植
培養5日目に拡張胚盤胞を1個移植→採卵後15日目に80%程度の濃さで陽性→採卵後18日目に出血始まり化学的流産涙



残りの受精卵の培養経過と凍結結果
残りの胚は5日目夜まで培養を継続した結果、
桑実胚4個→うち3個桑実胚にて成長止まる、うち1個初期胚盤胞にて成長止まる
初期胚盤胞2個→うち2個が拡張胚盤胞に
最終的には培養5日目に拡張胚盤胞2個を凍結Brilliant.



考察
初めてのロング法。前回のショート法の時よりも採卵個数は約半分に。ただし、ショート法で55%、ロング法で85%とという受精率を考えると受精率はロング法の今回のほうがよかったです。その結果、受精卵は前回は9個、今回は7個ということで大体同じような結果になりました。受精卵の質も初期胚のグレードではグレード1が5個、グレード2が2個でした。しかし、成長スピードが遅めな卵の割合が多かった印象があります。胚盤胞の個数でいくと、ショート法のときは7個、ロング法の今回は3個です。胚盤胞になってからの受精卵の質に関しては、今後の移植の際に結果も含めて分かるかなと思います。どちらが自分に向いている採卵方法かは、なかなか判断しかねているのが正直な感想です。とりあえずは、今後移植の結果によるかなと思っています。ただ、ロング法のナファレリールの負担が卵巣に結構重かったような印象もありますが、これは憶測でしかありません。次回はさらに年齢も重ねてることに当然なるので、あんまり採卵成績に大きな違いがないのであればショート法がよいのかも知れません。

現時点での医師の意見によると、ロング法による卵のグレードは、移植した新鮮胚は化学的妊娠に終わったもののこれはハズレくじを引いたようなもので(←そう言われても、そんなふうには簡単に思えませんが…)妊娠できるグレードの非常に良い受精卵であったことには変わりなく、残りの凍結胚にも期待していいとのこと。やはり、妊娠できた周期に採卵した卵はそれなりに質がいいとのことです。ということは、私にはショート法でもロング法でも同じ様な成果といえるのかな?この辺はさっきも言いましたが今後の採卵方法を決めるうえで大きな課題となるかなと思っています。

ショート法のときは全部桑実胚で凍結しましたが、18週での流産を通して私が子宮頸管無力症であることが分かったので移植個数が1個に限られるため培養を胚盤胞まで分割させるという方針に変わったようです。しかし蘇生率が分割が進めば進むほど低下するということなので、今後これも凍結胚の移植の経過によっては考えるべき事項かな。胚盤胞まで培養するか、受精卵にとってストレスの少ない桑実胚あたりで凍結してもらって蘇生後に培養するか…ほんと難しいですね。


前回のショート法での採卵から約1年後の採卵でしたが、年齢の要因で急激に成績が下がったようには思わなかったけど、心持ち薬への反応が落ちたような気もします。ナファレリールでゆっくり成長するようにコントロールしているから当然で、想定範囲内での低下ですが、それが卵の質にどう影響しているのか…人間年はとるもの、卵巣もしかり。不老不死ではないですからね~。それを思うとやはりショート法かな?今は考えてもただただ堂々めぐりですうずまき



電球IVF1コース目の採卵の結果は別のブログで紹介しています。興味ある方はコチラこちらへ

電球IVF1コース目の凍結胚の結果は別のブログで紹介しています。興味ある方はコチラこちらへ






ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ



フムフム…。
やはり数のショート、質のロングなんですかね~。
ぱんだままさんの場合、どちらも受精して胚盤胞まで進むようなので、あまり大きな差は無いのかもしれないですね~。
質が良くてうらやましいわぁ。
私は次の誘発が先生たっての希望により、ロングなのです。薬も飲んでるし…。
前回のアンタゴより良くなることを期待してしまいます~。
調整周期はボーッとしてるとあっという間に過ぎちゃうので、ぱんだままさんを見習ってセルフお灸を頑張らなくちゃ~。
2009/02/26(木) 17:39:24 | |oyome。 #-[ 編集]
>oyome。さん
「どちらも受精して胚盤胞まで進むようなので、あまり大きな差は無いのかもしれないですね」というご意見、貴重でした。それは一つの判断基準になるのですね。ふむふむ(←まねっ子♪)ほんと調整期間は後悔先に立たずで、いざ採卵となると、あー何にも努力しなかったな~なんてことになりがちなんですよね。私も今はセミの抜け殻状態でぼーっと毎日のんびりしすぎています(笑) 卵の質ってでもどう判断したらいいんでしょうね?妊娠するかしないかが一番重要なんですが…見た目ではなく結果から判断するとなると、移植前にはわからないから役に立たないし(笑) だれか発見してくれ~~(叫)
2009/02/26(木) 21:10:37 | |ぱんだまま #-[ 編集]
はじめまして
ブログを拝見していて、採卵時年齢がほぼ同じだったので、思わずコメントを・・・同世代の方も頑張っていらっしゃるんだ!と勇気づけられました。私はいつも結果に一喜一憂の感情が先走ってしまって・・・考察、とても勉強になります!
2009/02/26(木) 21:59:01 | |みみずく #-[ 編集]
>みみずくさん
はじめまして★こちらこそ、同世代の方からコメントいただくと同じように勇気づけられます♪そして、私も一喜一憂…何度やっても天国と地獄を行ったり来たりで、なかなか前に進めません。ほんとうに、忍耐を強いられますね。これまでの短い人生だけど、こんなに我慢したことない(笑)

考察の部分役に立ってすごく嬉しいです。ちょっと個人的な見解も多く、もしや蛇足かななんて思いながら書いたので、逆に参考にしていただいていると聞いてうれしかったです。

若くない私たちなりの苦労はありますが、苦労の先には喜びがあると信じてあきらめず一緒にぜひ頑張ってください。また遊びに来て下さいね~コメントありがとうございました。
2009/02/26(木) 22:35:20 | |ぱんだまま #-[ 編集]
ちょっとうらやましい
ぱんだままさん,こんにちは.
先日のコメントへの返事,ありがとうござます.
これまでのIVFの結果を見て,卵がたくさん採れててちょっとうらやましく思ってしまいました^^;. たとえ少なくてもその一つが着床して育てばいいんだというのはわかっていても... 

それにしても,2009年1月で39歳7ヶ月とありましたが,ほんと同世代というか,同じですね.(*^_^*)

人それぞれ違う原因もあると思いますが,同い年で同じようにがんばっている人がいるということを励みにがんばります^^. 
次の採卵で3個くらい(私にはこれが限界かも^^;)いい卵がとれるといいなぁ. 
2009/02/27(金) 09:26:26 | |の #MiGEEDp.[ 編集]
>のさん
また遊びにきてくださったんですね~ありがとうございます♪

ほんとそうですね。この年になると数がとれるということには感謝しないといけないですね。まだ2回目ということもあり、薬の副作用も少ないのかもしれませんね。この先、いつどうなるのかわかないので、採卵できる状態にあるということ=まだ可能性があることと思って、そして、生理があること=妊娠の可能性があることと同じように前向きに考えるようにしています。卵大事に使わないといけないですね。最近つくづく思います。

ストレスためずに、体調整えられて、のさんが次の採卵で、ほんと一つでも元気でよい卵が多く取れること心から願っています。一つでも多いと気持に余裕が出てきますからね。

担当の医師に言われた言葉ですが「平均とかあまり気にせずに、自分の今のベストを出せればいいやろ?それ以上は無理なんやから。若い人とは同じようにはいかんけど、今のベストを出せば、前向きに頑張っていけば、それなりに結果はでるよ。まだまだ可能性も妊娠もあるから。」と。ものすごく励まされた言葉でした。のさんもベストを出せばかならず妊娠できるとと信じてがんばってください!私も信じています!
2009/02/27(金) 18:31:59 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/227-21a1bd41
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。