スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この疑心暗鬼な感じはなんだろう?最近つくづく不妊治療の罠にはまっているぱんだままです困りパンダ



妊娠しても化学的妊娠なるちょっと解せない結果になったりして、ここはやはり慎重にならないといけないのかなと、いけいけのりのりでこれまで突き進んできましたが、やはり嫌々ながらも石橋を叩いてわたる態度が必要かな…



なんてね肉球
性格はなかなか変わらないもの。いくら痛い目にあってもなかなか人間そんなに変わんないからな~うふ




突っ走りがちな自分の性格まで改造できるかどうかはわかりませんが、今後のことや成功のための作戦を考えているうちに、新たな疑問というか不安がでてきましたkao06それは「凍結胚はちゃんと息を吹き返してくれるのか???」ってことです。だって大変な思いして採卵したんだし、そこまでの精神的苦痛を考えると一大事ですからkao07





質問
胚盤胞の蘇生率は?凍結したけど、解凍したら死んでる可能性があるはずだし…
回答本
実は、これは移植の後日に思いついた質問で、まだ通ってるクリニックの培養士さんに聞いたわけではないのですが、ちょっと調べてみました。すると「…蘇生率は2日目の胚が最も高く、90%以上となります。胚の分割が進むに従い、蘇生率は下がります。胚盤胞の蘇生率は70%~80%…」らしいです。日本の治療での実績はだいたいこんなもんらしいです。


4~8細胞期の蘇生率(2~3日目) 約95%
桑実胚の蘇生率(4日目) 約85%
胚盤胞の蘇生率(5日目) 約70~80%



分割が進むと蘇生率が下がるなんて聞いてな~い!!!




胚盤胞のほうが蘇生率低いんですね・・・やっぱりここでも胚盤胞の壁があるんだ…痛い思いして採卵した卵を一生懸命培養してもらって、無残にも途中で分割の止まる受精卵を見捨てるような思いして、胚盤胞に育てたのに蘇生率低いなんてorz汗とか 



しかも胚盤胞において、拡張胚盤胞の蘇生率は初期胚盤胞よりもさらに低下するらしいです。



なんてことだ…kao05 がんばって培養する意味はあったの??



現実は厳しいです。はい。








ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ



えーっ・・・そうなんだ。
ぱんだままさんのブログは
いつも本当に勉強になります~

凍結胚については私も
素朴な疑問として
「本当に生き返るの??」
って・・・でもそれで妊娠した
人もいるわけで、なんとなく
疑心暗鬼って感じでした。
胚盤胞だからって確率が
高いわけじゃない。
あーーーーもう
結局神の領域だと思うしか
ないと思うとまたまた
理不尽だな~と思ってしまいます。
2009/02/22(日) 20:20:05 | |ながたろ #Rw.701NA[ 編集]
>ながたろさん
私は「凍結胚になる=元気な胚=生き返る率は高くなる!」とすごい思い込みをしてました。ほんと、低くなるなんて聞いてない!と叫びそうになりました(笑)

確かに、凍らせて解凍してまた生き返るといのはなかなか信じがたいですよね~でも凍結胚移植をしたとき、桑実胚から胚盤胞に成長した胚を確認!信じがたいですが、蘇生するみたいです(笑) ほんと頭では理解できてもなかなか許容範囲越えてますよね。

いやーもう本当に神様の領域ですよ。「子供を作る」なんておこがましい。まさしく、「授かる、授けて下さい~」って感じですね。
2009/02/22(日) 20:45:43 | |ぱんだまま #-[ 編集]

ぱんだままさん、こんにちは。
今回の記事もとても勉強になりました。
今までの凍結杯は無事、解凍できていたので何となくだいじょうぶかなぁと思っていたのですが、いろいろあるんですね・・・。
ほんと授かりものを医療の力を借りて、待っている感じです。
2009/02/23(月) 12:23:54 | |ちるちる #-[ 編集]

ええっ!?
そうだったのですか!

赤ちゃんになる力がある=胚盤胞 位に思ってましたから、凍らせても見事に復活するものとばかり思っておりました!

なにせ、凍結したことがなく(受精しなかったので、余らない・・・。)その辺は勉強してませんでした~!

ぱんだままさんのブログで勉強できた~、よかったです。

こうなると、胚盤胞まで育てて凍結した方がいいのか、初期胚を戻して培養液よりも良い環境であろう、子宮の中で育つのを期待するのか・・・、えらい悩みどころですね!

今のうちから悩んでおこうと思います・・・。

余談ですが、うちのotto。の兵隊さんは、凍らせると、半数以上生き返りません!
これも謎です・・・。
2009/02/23(月) 15:20:08 | |oyome。 #-[ 編集]
>ちるちるさん
あんまり良い情報ではなくてすみません(-_-;) 私もショックが大きかったです!

今回2回目の採卵で、前回は初採卵とあり、なーんにも知らないうちにことが進んでいき、気にもとめてなかったんです。あくまでも平均値で個人差はあるでしょうから、きっと毎回あまり問題なければきっと元気に蘇生してくれと思いますが!ほんと、ただでさえ授かりものでいつやってくるかわからない上に、体外となると、また、別の要素も入って、遠くに明るい星が輝いているような感じですよね。手が届くのかな?私も気が遠くなってきました(笑)
2009/02/23(月) 16:32:40 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>oyome。さん
私も、知ったとき「そんなこと聞いてないよ!」とリアルに叫んでしまいました(笑) かなり嫌がらせですよね。苦渋の時間を胚盤胞に育てるまで味あわせておいて、なおかつ、蘇生率低下みたいなおまけくれちゃって。
私も言われるがままに培養してもらいましたが、私もoyome。さんのいう「初期胚を戻して培養液よりも良い環境であろう子宮の中で育つのを期待する」こと真剣に考えてしまいました。

otto。さんの兵隊さんの話ですが、すっごい気になって…卵も受精してないと、凍結→解凍で蘇生率低いらしいです。受精卵は安定した形らしく、兵隊さんや卵ちゃん単体よりずいぶん強いらしいですよ。きっと、兵隊さんも一人だと半分死んじゃうとしても、oyome。さんのスーパー卵ちゃんとドッキングしたらパワーもらって別物に変身して死ななくなる?のでは!

いやー知りたいくないこと知ってしまいましたが、めげずに乗り越えていきましょうね!
2009/02/23(月) 16:39:30 | |ぱんだまま #-[ 編集]
はじめまして
ぱんだままさん,こんにちは.
ぱんだままさんと同じ39歳,あと数ヶ月で40歳になります.
体外受精に挑戦していますが,未だかすりもしません. 内膜症に筋腫(2年前に手術したのにすぐ再発..)と問題山積みで,今後どうすべきなのか,悩みます.
なんにせよ,あとで後悔しないようにやれるだけやってみようとは思っていますが.
年齢に加え内膜症のせいで採れる卵が少ないので,凍結卵がもてないのがちょっとつらいです.
ブログ楽しみにしてます. 
2009/02/24(火) 09:43:32 | |の #MiGEEDp.[ 編集]

私が1999年秋に対外の
説明会を受けたときに
ようやく胚盤法胞移植が
始まりその少し前に
凍結胚の時間差移植に成功したとありました。
考えてみればまだ10年。
まだまだ改良の余地があるのかもしれませんね。
でも胚盤胞まで複数の卵が成長できるのは凄いことです。
自分を誇っていいですよ。ぱんだままさん!
2009/02/24(火) 10:40:44 | |けい #qcsrN/5E[ 編集]
>のさん
はじめまして★

同い年で体外に挑戦中なんですね。ちょうど変り目というか「この数年で大きく体が変わるからね」と産婦人科の先生やデータにおびえつつ(笑)治療中ということですね(笑) もう誕生日全然祝う気分になれないですよね。


内膜症と筋腫を持ちつつの体外、いろいろ大変ですよね。ない方がいいに越したことはないし…一つだけでも嫌なのに、のさんもすごい頑張られているんですね。私も流産の際に小さな筋腫が見つかりました。流産と子宮頸管無力症と卵管閉塞で十分なのに、まだあるか!みたいな感じでショックでした。年とってくると、山あり谷あり、でも長く生きてる分だかなんだか、根性だけはついてたりして…(笑)いやいやアラフォーパワーと呼びましょう!本当に、のさん、大変なこと多いと思いますが、めげずに諦めずに、のさんの言う通り、後で後悔しないようにできるだけのことやっていかないといけないですね。凍結胚ないのは体力的にも精神的にも辛いですね。毎回採卵からだと経済的にも辛いし…私はまだ持てただけ今回は喜ばないとバチが当たりますね。

卵を作るには3か月前から卵巣で準備されているとのことです。お聞きになったことあるかもしれないけど、内膜症は食事を改善すればかなり治るらしいです。甘いもの控えて乳製品控えて体を温めてくれる根菜中心の食事がよいようです。すぐに成果はでないけど、数か月で変化はでてくるはず!次の採卵に向けて、お腹いっぱい温めて、手足の冷えをとって、少しでも元気な卵がとれるように祈っています!私ものさんから頂いた言葉でカツを入れ、これからもがんばっていきます。一緒に頑張っていきましょう!!!!!!!私も一から出直しです。めげそうになったら励まし合って、そして、赤ちゃんをこの手で抱きましょう♪また遊びにきてくださいね~★
2009/02/24(火) 14:57:37 | |ぱんだまま #-[ 編集]
>けいさん
体外ってまだそんな歴史のあるもんじゃないんですよね。たかだか10年か。ほんとこれからの技術なんでしょうね。でもけいさんのころを思えば、ずいぶん短期間で進歩したと考えた方が妥当なのかもしれないですね。こんなに広まって。複数の卵そだって、胚盤胞までそだってくれて、それはすごいことだともう少し喜んで、自分にご褒美くらいに思ってあげるってほんとそうかもしれないですね。褒めてもらってなんだかすごいうれしーなー。少し元気になりました!そうやって、もうちょっと自分褒めてあげようかな♪いつも励ましてくれてほんと、けいさん、ありがとうございます!!!
2009/02/24(火) 15:00:46 | |ぱんだまま #-[ 編集]

ぱんだままさん、お久しぶりです~
その後、体調はいかがでしょう?きっと次の移植に向けて、心も体も整えて頑張ってらっしゃるのでしょうね☆

凍結胚の蘇生。。とても興味深いです!現在BT待ちですが、胚盤胞2つと桑実胚1つを凍結してあります。
私も単純に胚盤胞まで育てば生命力が強くて着床しやすいと思っていたので(;^^A
そうですよね~凍結胚の場合は解凍に耐えてこそ
ですよね・・・

解凍に耐えれる初期胚を見捨てていたなんて!私の通う病院は胚盤胞の移植が基本らしいし、なんせ初体外だったので培養士さんにおまかせしちゃいました。
今度また採卵する時があれば、初期胚の移植や凍結も考えて挑もうと思います!(その時がないことを願いますが)

ホントにぱんだままさんのブログは勉強になります☆実は最近、過去記事を読んで布ナプ買っちゃいました(^^)
冷えに良いのと、たまにナプキンかぶれするので試しに使ってみようかなぁと思って!
終り頃の少量でダラダラ続くのも無くなるといいけど。。今から使うのが楽しみです♪

ではまた良い情報を楽しみにしています~









2009/02/24(火) 16:41:55 | |joy #-[ 編集]
>joyさん
妊娠騒動の時はいろいろ情報頂いて励ましてもらってありがとうございました!お久しぶりです!山あり谷ありですが、元気になってむくむくと闘志がわいております。あせらずゆっくり着実に。ガスの火の着火のときの標語のように、取り組んでいる日々です(笑)

joyさんも3個の卵ちゃんをお持ちなんですね。でもきっと極寒の環境を生き抜き蘇生した卵なら人一倍元気なはず。無事に蘇生してしっかりjoyさんのおなかにしがみつきますように。

それにしても、専門家ではないのでなんとも言えないですが、初期胚の生命力はなんだか貴重に思えますよね。確かに、無駄に戻してもだめなのかもしれないけど、北九州の某有名クリニックは桑実胚も胚盤胞と同じくらいの成功率という報告をしてたの覚えています。桑実胚も蘇生率は胚盤胞より高いし、それくらいの初期胚なら結構いい結果でるのでは?と勝手に想像している次第ですが…こんど私も融解時の生存率みて相談しないとなって思ってます。私は言いなりの人形患者になると心に決めているのですが・・・(笑)

布ナプもためされる予定なんですね~”WELCOME TO ぱんだままの世界!” いっしょにいろいろ試してみましょう!そしてご意見お待ちしています。なんといっても実際に試した方の意見は貴重ですから。また、役立つ情報あれば紹介しますね~
2009/02/24(火) 21:07:47 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/223-533263a8
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。