スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり定番となってきた鍼灸通い。スタッフの方とのおしゃべりも楽しみになり、ほぼ趣味!?のようなペースで足しげく通っています♪


そしてスタッフの皆さんからのアドバイスの中で最近気付いたことがあります。それは以外にも不妊治療と肝臓の関係です。どうやら不妊治療中や流産後などに肝臓の機能が低下することがよくあるらしいのです。



そこでまずは肝臓の機能について簡単にお話本



肝臓にはホルモンを分解するという役割があります。そして、毎月の生理、妊娠~出産というプロセスの中で分泌されるホルモンの増減変動が激しい結果、男性より女性のほうが肝臓を酷使することになりますkao05 それに肝臓はほとんどの薬物代謝において中心的な役割も担っているんですbikkuri01


不妊治療となるとホルモン剤メディカルを結構服用しますよね。通院時でも注射などすることも頻繁。結構な量です。なので普段の治療時以外の時と比べると体内で生成されるホルモン以外のホルモンも分解しないといけなくなって、肝臓は大忙しとなるわけです。


肝臓が疲れてしまうと、倦怠感や体調不良、便秘などの不調から、中にはもっと切実で肝機能障害になる人もいるらしい…えぇ
そして、こうした肝臓の病気までには発展せずとも、またまた悪循環汗あせがここにも潜んでいていわゆる「原因不明」の罠にはまることも考えられます…


ホルモン剤の過剰摂取
⇒肝臓の機能が低下
⇒解毒効果が低下
⇒腎臓に負担がかかり酷使
⇒腎臓の機能が低下
⇒生殖機能の低下(元気がなくなり妊娠力低下)
⇒いわゆる不妊な状態に…


肝臓・腎臓ペアそして腎臓・生殖器(子宮や卵巣)ペアはそれぞれ別の臓器ですが、かなり相互依存した関係であることは東洋医学ではよく言われていることなんです。



ちなみに私はC型肝炎ですが肝機能の数値が正常範囲を超えているときは不妊治療をしないように言われています。それは肝臓に余計な負担がかかると持病が悪化するからなのです(お~つじつまが合いますね~)なので、C型肝炎=体調の管理というのが不妊治療の前提条件になっています。


ま~大変そうに聞こえますが、そんなことはありません笑 体調がいいのは私にとってもハッピーなことなので、肝炎は私の健康のバロメーター。危険信号を分かりやすく発してくれているという感じでしょうか?元気じゃないと妊娠してからも、子育ても大変だから、当然のことですよね。


それにしても、ホルモンの分泌/分解やバランスと肝臓が関係していたなんて…意外でした。それに、肝臓の先生からも「肝臓が関係しているからね」って言われてたことに鍼灸に行き出してようやく話が私のなかでつながりました。時間かかり過ぎか…汗; 私はてっきり他に病気あったら妊娠どころじゃないよって感じで先生の言葉をとらえてたんです(笑)



なので、長期不妊治療をするときに、たまにお休みするというのはホルモン剤を少し控えて肝臓にお休みを与えたり、もしくは、肝臓の疲れを癒してあげながら継続するのがいいような気がしました。基本、体に鞭打ってびっくり頑張ってるんですから、体に鞭ばかりじゃなくて飴も与えてあげなければうふ そして、こんな時こそやはり鍼灸はお助けツールだと再認識する今日この頃でしたbikkuri01





ちょっと長くなったので次回に「続・不妊治療と肝臓と鍼灸治療」と改めてより詳しく東洋医学的な視点で説明しますね。そのときに肝臓のツボ&お手当てを紹介します!長々とお付き合いいただきありがとうございましたニコニコ。 横向き


では次回をお楽しみに~





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ




こんにちわ。私の整体の先生も同じことを
言われていました。

 肝腎かなめ。と言う言葉は肝臓と腎臓が元気なら
体も元気というくらい大事な器官だという意味だそうです。 

肝臓は疲れると解毒作用も低下するようです。
疲れると蕁麻疹という人もこのパターンだとか

治療中は心身ともに頑張っている状態です。
ご褒美に鍼灸やマッサージって必要ですよね。
リラックスしておしゃべりしながらの治療も最高です。
私もまた整体にいってこよう。

追伸。昨日Tさんから心温まるカギコメが来ました。
ぱんだままさんにも、「感謝の気持ちで一杯」とのことでした。
2008/09/23(火) 11:57:42 | |けい #qcsrN/5E[ 編集]

こんにちは。
今週期も、順調に卵ちゃんを迎えられそうでよかったです!

肝臓のお話、勉強になりました。実は、私も肝炎もってます。B型でインターフェロンもしました。
何だか、ぱんだままさんとの共通点が多くびっくりです。
確かに、採卵する周期は体がだるくなります。結構負担かかってるなぁって実感しますね。ただ、数値は正常なので今のところ大丈夫です。
私は、8月に採卵して移植、陽性反応でましたが、胎嚢確認できないまま生理が来て撃沈でした。しかも、採卵6個のうち移植できたのは1個のみ凍結なしという散々たる結果でした。なので、年末まで体外をお休みして卵巣を休養をさせます。焦っても良い卵ができないともったいないですもんね。
先生も、すこし休んだらいいよと言ってくれました。
が・・・、『タイミングだけでも合わせる?まぁ、抗精子抗体あるからできる確率かなり低いけど、どんな方法でも出来たもん勝ちやろ!』
と言われ、病院には通っています。
やはり、ストイックなY先生でした(笑)



2008/09/23(火) 14:33:19 | |リンタ #-[ 編集]

私、肝臓ってお酒飲んだ時に分解してくれている
だけの臓器で私にはあまり関係のない臓器だと
思っていたのですが、不妊と肝臓が関係している
と知ってびっくりしております

ぱんだままさんのブログは勉強になります

ホルモン剤はやっぱり他の臓器にいろいろと
影響を与えるんですね。。。
怖いので続けて飲みたくはないですね。。。

私も鍼灸治療始めようかな~~v-410
2008/09/23(火) 15:26:10 | |ラノン #-[ 編集]

>けいさん
肝腎要ってまさしくですよね。肝臓ってすごく大きくて、すごく強い臓器のようですが、その分一度悪くなるとなかなか機嫌を直してくれない臓器で慢性病になりやすい。私は、慢性C型肝炎になったということは、そんな親分臓器を思いっきり怒らしたってことです。その代償は大きかったですが、その分、自分の体に詳しくなった気がします(笑) けいさんも日ごろきっと肉体を使うお仕事でしょうから、ゆっくり整体いってきてくださいね~♪

Tさんとは強い結びつきですね。ブログ拝見してなんだか心が熱くなりました。素敵なブログ関係にちょっと感動です。こちらこそ素敵なお話をありがとうございました。
2008/09/23(火) 16:41:02 | |ぱんだまま #-[ 編集]

>リンタさん
ご無沙汰してます!!以前もコメントいただいてよーく覚えてますよ♪気持はだいぶ落ち着いてこられましたか?共通点多いですね。ほんと驚きます!(^^)!

凍結できないのは辛かったでしょうが、なんといっても陽性がでてるんだし、流産に終ったといっても間違いなく一歩前進ですよ!一人目の男の子の分の悲しみを背負いながらも生理が来て一歩前進、治療を再開して一歩前進、数は少なくとも採卵も出来て、しかも、再び陽性が出て一歩前進。リンタさんすごい頑張られてすごい前進されていると私は思います。すごいです。私はまだ判定までたどりついてませんが(笑)、少しずつ私のペースで前進してるんだな~って考えるようにしてます。確かに、たまに凹みますが、でも、Y先生の言ってるとおり、道筋はいろいろあっても、結果が出ればいいんだから!ほんとできたんもん勝ちです(←先生らしいですね~)。

次に向けてゆっくりお休みになるのもまた一歩前進です!ゆっくりお休みになって、元気な卵、元気な赤ちゃんがやってくることを祈ってますね。タイミングでだって可能性はゼロじゃないんですから、しかも、できたら体外よりいいじゃないですか~~チャンスはどこにあるかわからないもんです。ほんと応援してますからね~★私もリンタさんの一生懸命頑張られている様子を胸に諦めずに取り組んでいきますね。ありがとうございます。
2008/09/23(火) 17:00:57 | |ぱんだまま #-[ 編集]

>ラノンさん
私も肝臓悪くならなかったら、何も知らずにいたと思います(笑)お医者さんと話す機会がめっぽう増えたので、知らない間に耳年増に…

肝臓は我慢強くて大きな臓器なので、きっと先生の言うとおりの範囲で薬を服用されている分には、すごく肝臓を悪くするまではなかなかならないと思います。でも、悪くなる前に気を付けている方が絶対いい。あとあと大変ですから。鍼灸いいですよ~私はマッサージ気分で行ってます♪
2008/09/23(火) 17:05:35 | |ぱんだまま #-[ 編集]

はじめまして。
こんにちは。
8月頭に流産の手術をし、その後、海外転勤の為、
一度渡米、引越しをして、今はアメリカに居ます。
ところが、8月後半から体調を崩したままで、
こちらで病院に行ったところ、
血液検査で、肝臓が良くないとわかりました。
流産後には色々あると知って、少し安心しました。
有難うございました。

2008/09/24(水) 11:04:35 | |たっちゃん #-[ 編集]

>たっちゃんさん
こちらこそコメントありがとうございます。流産や転勤・引っ越しと目まぐるしい中体調を崩され不安でしょうね。しかも海外だし。肝臓の機能は薬で戻すのは本当に大変なのは私はよーく体験しています。肝臓こそ東洋医学や鍼灸や自然療法の本領が発揮できる分野なような気がしてなりません。でも専門家じゃないので無責任なことは言えませんが、お近くにacupunture clinicがあればいいですね~お住まいは西海岸ですか?特に西海岸には腕のいいpractitionerが結構いると聞いていますが・・・ツボも体質によってベストな組み合わせがあるようなので、診てもらえたら一番ですが、次回紹介するツボは代表的で万人に使えるツボとのことなので、また、参考にしてみてください。でも肝臓はストレスの臓器と言われているくらい、ストレスや感情と直結しています。きっと精神的な疲れも大きいと思いますので、ゆったり気持ちいいこといっぱいして少しでも楽になっていいエネルギー補給してください★お大事に!!
2008/09/24(水) 13:39:13 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/153-b6d0e0c9
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。