スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の疑問を調べてて、某有名病院のHPの情報が参考になったので紹介します。


質問1の「低温期と高温期の温度差」の定義方法って知ってましたか?0.3~0.5の差があるのが望ましいっていうけど、実際どうやって判断するのかちゃんと私は知らなかった。なんとなく、あるからいいかって思ってたので、分かってなるほどすっきり。がってんしましたふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


いろいろな質疑応答のなかで繰り返し先生が注意しているのは、毎日の温度に一喜一憂しないこと、基礎体温は参考資料であって、確定診断などはできないことです。それに、流産後は2~3か月子宮内膜もホルモンバランスも回復するのに時間が必要ですよって。週数が進めば最低3か月はかかるみたい。

不妊治療の再開時期に関しては、私は「早くて2~3ヵ月経ってからね。」という先生と「半年は待った方がいいよ。子宮の回復とか、体も心もあるから」っていう先生と「とりあえず、2回生理みて、内膜の薄くなってしまう人もいるし診察して様子見て決めていきましょう」という3人の先生のアドバイスを受けています。



今日調べてことはわたくしぱんだままも肝に銘じておきま~す。



◆質問1
高温期と低温期の差はどのように判断すればよいのでしょうか?流産後、基礎体温は、なんとなく低温期が全体的にすこし上昇したような、また、高温期が全体的にすこし下降したような気がしています。でも、各数値を足して日数で割って・・・というように平均するものでもないと思うし、不安が募ります。
 基礎体温表は36.7度に便宜的にラインがありますよね。もともと体温が低い人や高い人は、このラインを0.1度上下させて考えても良いという情報を、このQ&Aで見つけました。ようするに大切なのは、低温期と高温期の差(0.3~0.5度)であるということですが、その差はどこで判断すればよいのでしょうか。例えば、低温期の最高値が36.6度、高温期の最低値が36.7度だとすれば、差はほとんどないことになります。2相性になっていれば、低温期と高温期の平均値を計算して、その差が0.3~0.5度くらいあれば問題ないと見るのでしょうか?体温は測り方や体調によって変化するので、平均を計算というのもなんだか違うような気がしています。

【回答】 
基礎体温のレベルは人によってかなり異なりますので、表の値とあわず、基礎体温が書ききれない場合は、基礎体温が体温表の真ん中にくるように、ずらして記録をしてください。中央にある線は気にしないで、低温期と高温期の差が0.5度以上あれば大丈夫です。この差は、「低温期の最低値」と「高温期の最高値」の差と考えてください。
 基礎体温は不安定なので、低温期の最高値と高温期の最低値の差は0.1や0.2度でもかまいません。問題は、低温期の最低値と高温期の最高値の間の差となります




◆質問2
経血量は少なく、いつも2日程で終わります。月経量が少なく短いのですが原因は何でしょうか?

【回答】
経血量が少ない理由としては、排卵後の黄体期に問題がある可能性があります。具体的には、排卵後、黄体ホルモン(プロゲステロン)が十分に分泌されていない状態で、子宮内膜が厚くなっていないことが考えられます。また、月経周期初期からのエストロゲン量や黄体ホルモン(プロゲステロン)が十分に分泌されていないことも予想されます。これらは、基礎体温は二相性でも、高温期(黄体期)と低温期(卵胞期)の差が少ない場合によくみられます。 月経周期についてですが、治療により、低温期(卵胞期)が短くなることはよくあります。ですから、低温期(卵胞期)が短くなっているのであれば、心配はいりません。しかし、高温期(黄体期)が短くなっている場合には、黄体機能不全の可能性がありますから、月経周期の高温期(黄体期)におけるプロゲステロンの値を測ってみてください。値が低い場合には、黄体機能不全であることが考えられ、黄体ホルモン剤(プロゲステロン)やHCGなどの投与をする必要があります。黄体機能不全の方の中には、黄体化非破裂卵胞(LUF)の方が多く見られますので、注意をして十分な観察を行ってください。




◆質問3
流産後、卵が育ちません。内膜も以前に比べてとても薄くなってしまいました。
初期流産をしました。生理が来るのを待って治療を再開しましたが卵がまるっきり育ちません。また、内膜も以前に比べて非常に薄くなってきてしまいました。流産の影響でしょうか?

【回答】
流産は、視床下部・下垂体・卵巣のホルモン調節機構に大きく影響を与えます。また、流産処置をすることによって、内膜が薄くなるということもあります。ですから、流産後は、2,3ヶ月は、卵巣機能が正常にならなくても、それほど心配することではありません。ただし、3ヶ月以上も月経が不規則、もしくは無月経となる場合には、ホルモン剤を用いて、卵巣機能を元に戻す必要があると思います。内膜は、子宮内容清掃術を繰り返すことによって、あきらかに薄くなっていきます。ですから、最近は、流産の状態によっては、この子宮内容清掃術を行わずに、自然に様子をみるということも一般的になっております。子宮内膜の厚さが薄くなることで、着床障害になるという報告もありますが、その頻度はさほど高いわけではありません。1~2回の手術であれば、不妊の原因にはならないと思います。





◆質問4
稽流流産後、基礎体温が安定していませんが、受診した方がよいですか?流産後、通常は高温期が2週間ぐらいですが、その間にガクンと下がる日があり高温が持続しません。月によっては、高温期が10日間しかなく、体温もバラバラの時(0.2℃ほど前後します)があります。基礎体温からみて、どのような原因が考えられますか?

【回答】
高温期が黄体期ともよばれ、黄体ホルモンが支配する時期です。そのホルモンの力が弱く、黄体機能不全とよばれる状態になっているかもしれません。また、排卵が行なわれているかどうかの検査も必要でしょう。内服や注射などでホルモン補充などの治療を行なった方が妊娠しやすいと思いますよ。






ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


ちょうど疑問に思っていた
高温期と低温期の差、
勉強になりました♪
ありがと~ 
今度受診するとき
すぐわかるように
低温期の最低 高温期最高を
周期ごとに体温表余白に
書いておくことにします☆

2008/06/26(木) 22:48:22 | |あわてんぼうママ #-[ 編集]
こちらこそ★
>あわてんぼうママさん
役に立ってよかったです★私もぼやぼやとしててなんとなくやり過ごしていたので(^_^;)情報を見つけたときはちょっと嬉しかったです。それに、書き込めばわかりやすいね。私もすぐわかるようにしてみます!ありがとう~
2008/06/26(木) 23:55:45 | |ぱんだまま #-[ 編集]

うわー、すごい勉強になった!!
低温期の最低値と高温期の最高値の間が重要なんだね!!
私も自分の基礎体温調べてみよう!!

しかも私生理の出血が少ない時があるから
そういう時は、内膜が厚くなってないんだろうなー。

ありがとう!!
2008/06/28(土) 10:24:55 | |ヨメ #-[ 編集]

>ヨメちゃん
ね~私も知らなかった。役に立ってよかったです★私も出血量ここんとこ少ないです。気になるよね。生理があがるんじゃないかとドキドキしてしまう(^_^;)

お互い血流よくして内膜厚くして妊娠しようね!!ヨメちゃんも私も内膜もっともっと厚くなりますように★
2008/06/29(日) 09:45:20 | |ぱんだまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://helloagainsushitaro.blog43.fc2.com/tb.php/103-c564a486
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。