FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

なかば開き直りプラス歩きだした娘を追いかける毎日で大して考える暇もなく、月曜を迎えました。移植当日です とりあえず、10時に受精卵の生死の確認をしなければなりません。でも、移植となるとぱいちゃんの面倒見てもらわないといけないので、移植キャンセル覚悟で一時保育を手配。その準備に朝は大忙しです。いやー数時間見てもらうのに、お弁当や名前書きなどすること満載。でもひとさまの子を預かるのは大変だもんね。頼む方もしっかり準備しないといけません。で、時計をみるともう10時。慌てて電話すると、培養士さんにつながり、冷静な声が聞こえてきました。


:「あのー確認なんですけど…」
:「えーぱんだままさん。予定通り移植です。朝の時点で受精卵1個7分割のG1ですね。」
:「え??生きてるんですか?」
:「はい、順調ですよ。おしっこためて予定通りきてくださいね」



なんと、びっくり。一応、6分割~8分割のペースだと順調の粋としてるみたいで、G1とグレードもいいので移植する価値はありますとのことで、たった一つの受精卵が生き延びてくれました。移植までこぎつけるとは意外な展開に拍子抜けでした。



そして、12時の移植の際にはなんと8分割に分割が進み、グレードも1のままで、先生もかなり良好な受精卵だと言ってくれました。



2時間で8分割になるとは…



生きてる証拠




久しぶりに受精卵をお迎えして、お腹に小さな命を抱えてほくほくした気分でした
低い可能性ですが、生きた受精卵移植したわけですからゼロじゃないですからね!戻せてよかったです。



なぜだかすし太郎のことずっと思いだした一日でした。




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト