スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル通りなんです。突然始動しました

もちろん二人目は念頭に入れてたんですが、なんせあわただしく時間が過ぎる中で面倒くさいのやらしんどいやらで、やっぱり、開始するとしてもぱいちゃんが1歳になったくらいかなと思ってたんですが、福岡での不妊治療主治医の「二人目は無理なやないよ、一人産んどんやから。でも、欲しいんやったら年が年やから生理はじまったらすぐに新しい先生とこ行って診てもらいなさい。都会にいけばいい病院もいっぱいあるやろしね。」ということばが頭にこびりついていまして。正直で愚直な先生ならではのアドバイスなんですが、ストレートパンチを面喰ったごとく、結構響いてました(笑)


そして、生理3回迎え、始めるとまでは行かないくともちょっくらクリニック覗いてくるくらいの気持ちで行ったんです。なんといっても、転院するのは初めてで、どんなところか内心ドキドキだったし、子連れではじめる自信もあまりなかったので、のんびり初めても開始は6月位になるかなーと。



で、体外受精の既往があるので、もちろん、今回も体外受精。両側卵管閉塞なので、卵管造影などの検査もなく、クリニックでの体外受精の流れを1時間ほど説明受けて、生理後3日目のホルモン検査と内診という予定でした。



まずは、看護師さんから大まかな流れについて説明。聞いてるうちに、なんだか、急にエンジンがぷすぷす音をたててかかりだし、いろいろ思い出してきて知ってるよーみたいな余裕な態度見せてたら、採卵方法が以前とやり方が全然違う!!!出産している間に、世の中の常識はかわっちまったのか?と焦ったりして。ちょっと想定外の事態に戸惑いながらとりあえず退室。


なんというか、いろいろあるんだなーと感心したのと、ちょっと、寝耳に水みたいなビビり感が同時に襲ってきました。うーーー。慣れっこで前とおんなじでいいんだー♪くらいに気楽に考えたのでびびり気味の私なんやら冷汗出てきて弱気な気持ちもでてきたりして冷たいものが手に走り、これは心の汗か?なんて思っていると、あれ???違うよ~私じゃない~~



ぱいぽこりんのおしっこでした…



説明長すぎておむつが許容量オーバーになり漏れていたのですごめんね、娘よ。母さんは自分のことでいっぱいいっぱいで、すっかりおむつのこと忘れてた反省です。



クリニックには授乳室やおしめ台もないので、もよりの公共施設に駆け込み、ずぶぬれになったおむつを替え、濡れた服の着替えがなかったので、タオルを巻いてあげて、もう、なんだかここまで二人目ほしいかとぱいぽこりんにかわいそうな思いさして自分に腹立たしくなってきて、帰ろうかと思いました。でもここまで無理してきたのに、先生の顔くらい拝んでかえらないとほんと無駄になると思いなおし、気合入れ直して出陣。


ちょっと脱線しましたが、クリニックにもどり、エコーでの内診です。ここの院長先生は、某有名キネマ●●●で人気のあった先生らしく、独立してベビーカー率日本一といっていいようなエリアに開業されたみたいで、腕はいいけど比較的予約もとりやすく落ち着いた雰囲気で治療がすすめられるので、穴場的な存在として評判のクリニックらしい。先生もソフトで昔は湘南の海でぶいぶい言わせてた風?(笑)これまでの治療についていくつか的確な質問を受けて、クリニックの高齢不妊治療患者へのポリシーを説明してくれました。もう大手をふって40歳といえる高齢患者ですから、ほぼ、だめもと気分で可能性が残されているうちにトライしたい!という気持ちではいるんだけど、なんだか厳しい見通しの話で気分を下降気味。エコーももういいんじゃないと思えるくらいにテンションさがったけど、でも、現実受け止めねばと、エコー台にのって、先生の第一声でちょっと気分は一転しました。



おーーーぱんだままさん!
卵巣の機能はいいですよーーーー

「左卵巣も右卵巣もそれぞれ周期3日目で卵胞が4つずつくらいあるしね。ホルモン検査はするまでもないでしょう。大丈夫ですよ。治療はいつでも始めれますよ!これなら一発勝負もありだね。」



なんと!まだ可能性はあるらしい。産後は生理あっても排卵してなかったり体戻るまで時間かかる人もいるよーと聞かされていたので、ともかく採卵はできるかもという明るい展望に胸躍るお調子者な私。そうなってくるとやっぱり早く始めた方がいいような気がしてくるから不思議です…(笑)ところで、先生のいう「一発勝負」ってなに???これについては次回のブログでお話します。高齢不妊治療者の私には興味深い話だったので、ぜひ、詳しく書きたいので。


採卵や移植のときのぱいぽこりんの預け先など考えなければならないことは山ほどあって、そのことぱんだぱぱと相談してどうするか決めようと思っています。でも早く始めたい気持ち大きく膨らんでます!




来月から採卵周期に入れるのか?!?
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ぱいちゃんが生まれて7カ月。生理も断乳後ほぼ1カ月後だったかな?あっという間に再開し、面倒くさいながらもめでたく生理を3回迎えたので、なれない子育てで、行くのも多少面倒だなーと思いつつ、でも、そろそろ始めないとな。でも、3カ月前に引っ越ししてきて、ようやく生活が落ち着き始めたところで、なーーんも知らない。とにかくまずはクリニック探さないと!


でもなーんも知らないってわけでもなくて、みなさんのブログのおかげで、ちょっと名の知れた不妊治療クリニックは知ってるし。そうそう、みなとみらいにもあるし~♪でも、実際のところ、7カ月のぱいぽこ連れて遠出するのもかなり大変。しかも、通院とか考えたら、近いのが一番なのかな?では調査。。。。 


しかし、ぱいぽこ泣きだすし、なかなかネットする時間がない。うーーーーん、なんだか集中して大して調査もできず。でもなんとか候補クリニック考えてみました。



①みなとみらいにあるKLC系クリニック
②近場にあるキネマアート系のクリニック
③なぜだか区役所でやたら宣伝している湘南台にあるクリニック



乏しい調査力(笑)ほぼ、知ってた情報寄せ集めただけです。唯一②の情報だけはネットでゲット。しかも、地域のママネットワークによる情報だと、結構いいらしい。しかも、腕はいいけど、空いてるとな。




と、情報は一応少ないながらもそろったものの、ぱいぽこどうしようか…やっぱり、連れていくんだよね。ほんと子どもが預けれる実家がないといのは大変です。かといって、一時保育するにはまだ7カ月だし。いきなりそれも調べるの大変だし。いやーーー。まだ預けたくない!こんな冬のさなかに風邪でももらってきたらと思うと、なかなかそこまでできない。なかなかサクッと診察にこぎつけないけど、とにかく電話して対応してくれるかきいてみようーっと。ぱいぽこ泣き叫ぶ中、ちょっと電話してみたりなんかして。そして、一番対応のよかったのは②のクリニックでした。受付のかた、ほんと気持ちよくて♪それに立地を考えるとここが一番通いやすいし近い。これは魅力。こんなことで選んでいいのか?と思いつつも、でも、仕方なーい。できること以上のことはできない。そして、やっぱりと待ち時間の少なさ、子連れでも対応のいいところという、本質的な治療とは関係ないかもしれないけど、とりあえず、話聞きに行ってみてちゃんとしているかどうか、足と耳をつかって確かめようじゃありませんか!


というわけで、とりあえずは②に行くことに。いって自分に合わなければ行かなきゃいいんだし、まずは、行ってみることに♪生理が来たので、なるべく無駄な足を運びたくなかったので、いつ行けば診察がスムースに行くかきくと、なんと生理3日目。そういえばそうだったなーと以前の診察の流れ思い出したりして。でも予約とれるんだろうかと思っていると、お昼時間返上で診てくれることになり、子どもにたいする最大限の配慮おしてくれるというこの親切さ!そんな迅速な対応で初めての診療は思いがけず、診察4日前に決まったのでした!


内心、急に決まってひさびさのクリニックにドキドキしました!卵巣動いてるのかな?ホルモン値大丈夫なのかな?とかいろいろ急に不安が浮上 

初診の内容は長くなるので、次回のブログでアップしますねー





絵文字名を入力してください第二子に挑戦しちゃいます

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村




みなさん、ご無沙汰しております!!放置し続けて長い時間がたっていますが、たくさんの人にまだ閲覧してもらっているようでほんとうれしーです。

娘を無事に出産して、はや7カ月。かわいい前歯も下から二本生えてきて、離乳食もがんがん食べてくれ、風邪も引かずに元気にすくすくぱいぽこりんは育っています。本当に元気がいい!!離乳食は実は玄米。玄米の離乳食って賛否両論ありますが、もちろん、赤ちゃんの体に負担にならずに、食べされる方法はちゃんとあって、玄米の栄養をしっかり与えてあげて、しかも、普通のおかゆよりおいしーー!!と一石三鳥くらいの感じで離乳食すすんでいます。本当はこんなこともブログで詳しく紹介したいとおもいつつも、初めての子どもで訳も分からず毎日があーーーーっと言う間に過ぎていきます。高齢の妊娠よりも高齢育児の大変さ、というか、体力の衰えを感じつつ、気力で乗り切る毎日です。


でも、かわいいぱいぽこりんを見るにつけ、将来のことも考えてしまう今日このごろ。高齢ゆえに一人大切に育ててあげようか、それとも、どうせ私たちは高齢な分早く死んじまうわえだし長くいっしょにいてあげることもできないんだし(笑)5年や10年長生きすることより、いっそのこと寿命縮めても兄弟姉妹をもうひとり作ってあげた方がいいのか?ぱいちゃん大人になって身内がいないのはさみしーよねーなんてこと最近ちらほら考えておりました…はい。肝炎もあるし、体外受精もあるし、そして、運よく妊娠できてもシロッカー手術もあるし、前途多難ではあるんだけど、子育てしながら頑張れるんだろうか??かなり疑問に思うところも多々あるんですがね。でも、時間だけは過ぎるし、帝王切開しているからすぐにはできないだろうし、でも、前のY先生は生理はじまったらすぐいけよーなんて言ってたし。いやはや。本格的に生理再開して、実は3回目になるんです。卵は無駄にどんどん製造されていて、残りはどんどん少なくなっていく


えーい、しゃらくせいー。そんなうじうじしてても、ラチあかないし!!!
てな具合で、勢い余って、じつは先日、性懲りもなく第二子に向けて不妊治療クリニックに行ってきました 



41歳と7カ月!



転勤してきた(←そうなんです、ぱいちゃんが4カ月のときに横浜に転勤&引っ越ししてきました~)この地で、不妊治療クリニックの扉を叩いてきたんです!!!!



ということで、どこまでブログにアップできるか分かりませんが、とにかく、再開の小さな第一歩ふんだことお知らせしようとご報告です。そして、その初の診察のこと、次回のブログでちょっとお話しますね。なかなか興味深いお話きいてきましたから!帝王切開でも、41歳でも、産後7カ月で不妊治療再開しようとしているちょっと無茶なお話を次回しますね!



どうなることやら…途中で諦めちゃうのか、頑張れるのか、どうなるか分かりませんが、みなさん見守ってやってください!なので、これからまたまたよろしくお願いします!byぱんだまま




絵文字名を入力してください第二子に挑戦しちゃいます
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。