FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

散々心配した2週間でしたが、いよいよ検診。冷えないようにしっかり着こんでいざ出陣パンダダッシュ そして赤ちゃんの無事&成長をちゃんと確認できました~ハート


医者:「どう?変わりない?出血ないね?」
パンダ:「はい、ないです」
医者:「つわりは?」
パンダ:「この2週間ぼちぼちときてます…」
医者:「いいこといいこと。じゃ、ちょっと赤ちゃんの様子みてみようか!」
パンダ:「お願いします」



(エコーで診察)



医者:「赤ちゃんやね~元気にしとったね~おんぷ
パンダ:「は、は、はい!!!」
医者:「ちゃんと大きくなっとろうが??心臓も元気に動いてるね!!」
パンダ:「先生、それは手と足ですが?」
医者:「そうよー可愛いちいちゃい手と足が見えるね~」
パンダ:「!!!!」




ということで8W5DでCRL22.9㎜と標準的な大きさに育ってくれていました。そして、ブロ友さんに教えてもらっていた通り、ドラえもん体型の二頭身のミニミニ雪だるまちゃんに成長雪だるましてました~



なんだか、初めて安心感がわいて、モニターに映る赤ちゃんみて涙がじんわり出てきました…パンダ照ちゃんといるんだな~って。まだ10週のハードルも30㎜超のハードルも超えていませんが、人間の形になっている赤ちゃんにモニター越しに対面して、いてくれてるんだ~お腹の中にいるんだ~と妙な実感と喜びがわいて、前回の診察とはずいぶん違った気持ちになりましたくり抜きハート1



いつもクールで職人肌なY先生ですが、やっぱり先生はかなりの子煩悩。赤ちゃんのエコー見たとたん、ものすごく優しい声で、自分の子供のように愛情たっぷりでエコーの説明をしていました。先生とのこの後のお話は、実はすごく心に響き、また、培養士さんとのお話も心に響き、本当に皆さんのおかげでここまで来たんだなと改めて思いました。まだまだハードルのいっぱい待ちうけている私の妊婦生活へのはなむけの言葉と親身なアドバイスの数々…こんなに一生懸命に応援してくれているんだと思うと感謝の気持ちでいっぱいになって、この病院の人々の支えがあっての今なんだなって、だからがんばれたんだなって本当に心から思え、私も目頭が熱くなってしまいました。このお話は次回のブログに書こうと思っています。今日は取り急ぎ雪だるまちゃんの報告までパンダにやり♪stereo♪










絵文字名を入力してください無事に妊娠&出産するまでまだまだ頑張ります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村



スポンサーサイト