FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

最近ブログを旺盛にアップしているぱんだままですパンダにやり♪stereo この勢いで中医学シリーズを完結するぞーーーパンダ頑張るぞ。おーっ。 では、さっそく前回(「第3回中医学で不妊をきるぞ!~冷えと不妊のお話」)の続きのはじまり~はじまり~ぱんだ



昔からのおばあちゃんの口癖に「足は冷やしちゃいけない」とか「お腹冷やしちゃだめ~」とかいいうひ、「冷えは女性の敵」というのはみなさんもよーくご存じのはずという前ふりで、前回は「足は冷やしちゃいけない」のお話だったんですが、今回は「お腹冷やしちゃだめ~」のお話で、その根拠をしっかりわかりやすく説明できればなと思います 





「第1回 不妊を中医学で斬るぞ!~ツボと経絡のお話」で少しふれましたが、正常なエネルギーの通り道が12の経絡とすると、非常事態(エネルギーや血液が過多・過少なとき)の緊急の通り道を奇脈といい、八本通っています。なので八奇脈と呼ばれています。その中でもとても不妊治療に大切なものが2つあるんですが、それが督脈と任脈です。


この督脈と任脈はがっつり背筋に沿ってお腹と背中に通ってます。お臍の下から会陰部まで一直線にずらり、そして、背中側にもの背筋の両側や背骨上にずらり。これでもかと子宝に大切なツボが並んでいますダッシュ 

お腹側のツボには不妊治療でおなじみのものも!鍼灸行かれたことのある方なら「関元」というツボの名前を耳にしたこと、一度はあると思います。このツボはヘソの下3寸のところにあります(ヘソと恥骨上端を5等分して、そのひとつを1寸としています)。関元は、月経痛・月経不順などの婦人科疾患、男性の生殖器・泌尿器などの疾患にも効果があり、腰痛・冷えにも効果があります。

しかし、この関元だけでなく、おへその下から生殖期までずらーっと一列大切なツボが目白押しに並んでいて、簡単にいうと、おへその下から陰毛まで、ゆっくり2本指で押しながら違和感や圧痛を感じたところであればどこでもお灸をしてあげれば効果はあるんです。あまり名前にとらわれず、自分の体の声に合わせてお灸をしてあげればそれでよいようですよおんぷ 現に先日の鍼灸院ではお腹を触診してもらって「石門」という部分に違和感を感じ、そこをじっくりお灸してもらいました。先生も関元にこだわらず、ちゃんと触診して患者さんの体の感覚を優先しています。

いずれにせよ、お腹には生殖器に直接影響のあるツボばかりで昔からお腹を冷やすなというは、これまた理にかなっているんですよね。ほんと昔の人はよく知っていたんですね。いつの間に私たちは忘れちゃったんでしょうか(笑)私たちは昔の時代に生きていた方が簡単に妊娠しそうです…・若い頃ちっさいパンツはいてお臍だしまくっておばあちゃんごめんなさい手書き風シリーズ矢印下


いやいや、過去を振り返ってめげてはいられません!ここはおばあちゃんの知恵に追加して、もっと大事なツボがあるのでお教えします(←うけうりのくせにえらそーにすみませんパンダ)実は、おばあちゃんの口癖のせいか、お腹をあたためるばかりが子宮や卵巣をあたためるというイメージありますが、実は背中側、正確に言うと腰あたりにもとても大切で、とくに子宮は背中側からのほうが熱の届く距離も短いので腰も温めてあげるのとても大切なんですパンダアップロードファイル

 
そのツボはこれです絵文字名を入力してください

hatiryouketu.jpg
立派なお尻に目をとられますが、お尻紹介ではなくツボ紹介です(笑)
このシュールなお尻図は「ツボ探検隊」HPからお借りしてきましたハート



背中側には八りょう穴という不妊のツボがあります。八りょう穴とは、仙骨というお尻の真中の一番凹んだ所にある平べったい骨の8ケ所のツボ(上りょう、次りょう、中りょう、下りょう)を総称した呼び名で、この位置は大腸、小腸や生殖器の真後ろにあたり、主に大腸疾患(便秘)、男性なら泌尿器疾患、インポテンツ女性では婦人科疾患全般の治療に用います。ここにもお灸したり温めたりすれば、きっとこれまでの蛮行も許してもらってコウノトリも大絶賛の体質に変われるはずぴよこハート 







次回はいよいよ実践編。いつどういう風にお灸すれば効果的かを紹介します!!お楽しみにーーー♪






その前に今日のお話をもっと詳しく知りたい方、中医学の深みにはまりたい方はこちらもどうぞ絵文字名を入力してください




■督脈
会陰部(ツボ)から起こって背部正中線を上行、第三胸椎にて二本に分れ、第一胸椎下にて再び正中線に合し、 上行して頭頂を通り、前に出て正中線を下行し上唇にて終わる。 督脈は背部の異常を監督するという大切な役目を持っていて、脊柱の両側に並ぶ六蔵六腑の兪穴と横に連絡し、 内臓器との募穴とつながり、肛門から口まで体全体にわたって内臓器管と関連します。 督脈に関係する疾病は、脳病、血圧、神経症、ヒステリー、頭痛、めまい、気管、心臓、胃、脾、肝、 胆、腸、腎、膀胱、性殖器、に至るまでの督脈を応用。
督脈のツボは二十八穴あります。


■任脈
会陰部に起こって、生殖器をまとい、鼠経部から腹部正中線を上行し、臍を通って咽喉をめぐり、 口唇に至り督脈と合す。 任脈は腹部に於ける監督の役目があり、背部督脈と相対して、全身の失調を調節する大切な経絡です。 喉頭炎、扁頭炎、甲状線炎、喘息、咳、心臓疾患、気管支炎、肋膜炎、上腹部臓器疾患のほとんど、腹膜炎、 虫垂炎、婦人科疾患、泌尿器疾患などに大切な経絡です。
任脈ツボは二十四穴あります







絵文字名を入力してくださいもっと中医学の深みにはまりたい方はこちらも参考に♪
第1回 不妊を中医学で斬るぞ!~ツボと経絡のお話
第2回 不妊を中医学で斬るぞ!~お灸のお話
第3回 不妊を中医学で斬るぞ!~冷えと不妊のお話



絵文字名を入力してください気持ちも新たにカテゴリー引っ越ししました★
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村


スポンサーサイト