FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

いよいよ採卵も目前です。そんな中、悩むこともあったりして、自分の目標というか、すべきことを再確認。心がぶれると何事もうまくいかないような気がして…kao02 採卵前の夫婦のことちょっと書きます。独り言のようなブログなので時間ある方読んでくださいパンダ




会社が9月に倒産して以来未だに夫は失業中です。一生懸命探してくれていますがなかなかうまくいかない。そして、6か月の失業保険が不況対策として2か月延長されたのですがそれも終わりに近づき、そろそろ金銭的にも精神的にも追い込まれつつあります出費 だって、もう夏。一年近くが経とうとしてるんです。それは直接的に不妊治療にも影響してきます。だって不妊治療するにもお金が必要だし…で、最近めずらしく少し不安になって、やはり一度治療を中断して働きに出ようかなと。それにいつも前向きな夫が後ろの向きに思い悩む姿をみて、どこか自分もネガティブなムードに陥り悩むようになっていたんですよね困りパンダ 思うようにいかない再就職で悩む気持は理解しているつもりだったのですが、いつまでも後ろ向きに過去に執着する姿を見て、もう、そろそろそんな時期は終わっていいんじゃないだろうか?次に進まないといけないんじゃないだろうか?と私は思うようになっていて、ちょっと辛かったです。



でもなかなか言い出せない。というか、言っても聞く耳もってないと話にならないし、まだまだそんな次のステージに向かっていくような気持ちになれていない夫にそんなこと話しても喧嘩になるだけだし、ひたすら待っていました。そしたらもう8か月が経過…そろそろ私も電池切れです(笑) 最初は、年が明ければそろそろ前向きになるだろうと思いつつも、年末を迎え、新年が過ぎ、春が過ぎGWが過ぎ…一向に変わらない夫を見て、自分で気づいてほしかったけど、やはり言わないとだめだなと思い、電池が完全に切れる前に思い切って話を切り出しました。


「事が進まない=自分の目標が実現する可能性がゼロ」ではないよと、チャンスがまためぐって来るまで腐らないでいることが一番大事だよみたいなことを話してみました。本人一番つらいだろうから、この手のことは言う方も辛くて、分かったようなこといっても心に届かないし、喧嘩になるし、解決どころかこじれる可能性もあるので話しを切り出すまでずいぶん待ったけど、その甲斐あってかすごくよく分かってくれたようです。きっと彼もそれだけの時間を必要としたんでしょうね。仕事とはいえ、彼にとっては人生の夢。大きな夢を託してこれまで頑張ってきていたから。


話し合いの末、とりあえず今回採卵をして仮に働くにしてもそれから考えようということになりました。きっと不妊治療は彼にとっても希望の光で、今は子供を授かることが救いだと考えているみたいでした。私はもうあと1ヶ月で40歳を迎えるのですが「お金はいつでも稼げるけど、子供を授かるにはタイミングもあるので、今は生活きつくなっても継続できる限りは不妊治療を優先にして欲しい」と言われたときは、今は悩む前にすべきことがあるかなと思って、採卵前にぶれていた自分に気づき逆に悪いことしたなと反省。こんなときこそ、私もがんばらないといけないですよねナイス



話し合いの中で「長い間待たせてごめんな。心配させてごめんな」と「支えてくれてありがとう」を繰り返す夫パンダ肉球 頑張っても頑張ってもなかなか思うように思う方向に進んでいけないと思っていたけど、甘えていたのかもしれないと、意地をはっていただけかもしれないと。そして不妊治療を継続していくためにも「現実を受け入れてどんな仕事でも何でもするからお金のことは心配するな」とここ数か月の間にすっかり失っていた前向きな言葉をきいて、取り巻く状況はあんまり大きく変わっていないけど、なぜだかホッとした私でしたパンダダブルハート


結果はついても来るものなのでどういう結果に落ち着くのかは分からないけど、少なくとも可能性や希望を見失わずに頑張って進んでいこうとする気持ちをお互い持ち続けるということが夫にも私にもとても大切なような気がします。夫が自分の可能性をあきらめることなくポジティブに生きて行ってくれることが、私も自分の可能性をあきらめずに何度失敗しても頑張っていける大きな原動力になっているんですよねハート 


確かに倒産して失業して再就職も思うようにはいかず大変は大変だけど、そんな中でもこうして快適な家で食べるに困ることもなく夫婦仲良く暮らせていることがどれだけ恵まれているか。そして思うような仕事じゃないかもしれないけど、協力してくれて声をかけてくれる仕事仲間や友人がいることがどれだけ恵まれているかbikkuri01 可能性は無限にあるんだから、想像していたような展開ではなかったけど、だからといって可能性が断たれたわけでもなく、思い描いていた道から少し外れただけ。なら、外れた道からまたスタートして前に進んでいけばいいんだし、どこかで、その道はもとの道につながっているかもしれないし、もしかしたら、別のもっと面白くて楽しい道につながっているかもしれないし。でも不運だ不幸だと時のめぐりあわせばかりを責めて悲劇のヒロインになっても、過去にとらわれて執着するばかりで、未来の可能性からは遠のくばかりです。生きている限り、可能性のない人生なんてない。自分の望んでいた可能性じゃないかもしれないど、心をリセットしてきれいな目で見渡せばそこには思いがけない幸せの可能性があると本当に心から信じていますclover


夫は仕事探しで、私は赤ちゃん待ちで同じ様な境遇に立たされていて、試されていて、そして、お互いの前向きに取り組む姿があるからこそ頑張っていけるのかな?私もなかなか結果が出せなくてめげるときもあるけど、夫と同じく可能性を信じて自分で可能性をつぶすような自暴自棄にならないように気をつけないと。『明日は我が身』だか『反面教師』だか、人のことばかり言ってられない(笑)



「俺もがんばるから、お前も頑張ってくれ!!」


治療自体とはかけ離れたところで悩みましたが、やっぱり不妊治療は夫婦で取り組む治療だと再認識。夫のこの言葉で仕切りなおして採卵再挑戦です。少しでも良い結果になって夫の励みになれたらいいんですけどね♪なにはともあれ、がんばります。夫婦の面白くもない話を最後まで読んでくださってありがとうございますハート







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

スポンサーサイト