FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

相変わらず昨日から悩んでいますが、移植するなら今日おいでと言われている私。どうしてこんなに悩んでいるんだろうと自分でもこの優柔不断な感じがたまらなく嫌ですkao07

するならする!しないならしない!はっきりしろ~って感じですが、悩んでる理由はいくつか言い訳ですがあります…うふ


理由その1 基本的には条件が整っているなら貴重な月1回のチャンスを無駄にしたくない
理由その2 でも以前の移植の連敗の教訓で、焦らずここぞという時に移殖すべきだと思っている
理由その3 長期戦になってきたので経済的にもちょっと大変。なのでむやみやたらに挑戦できない
理由その4 どうやらこの凍結胚移植をしたらまた採卵からスタート。この移植が失敗に終わったらすぐに採卵するにはちょっと体への負担が多きかな…と思っている。


でもぱんだぱぱパンダとの話し合いの結果、原理原則にしたがってできるときは挑戦してほしいというぱんだぱぱ(←物理的に問題ないんだったらやってみるしかないと思っている派です)の希望もあり、結局はクリニックに行ったんですbikkuri01 気は進まないけど、すっきりも止めれない。気になるんですよね…チャンスが目の前にあるかと思うと(笑) ほんと潔くないですが…


そしてとりあえず内診。そしたら卵胞は21㎜×18㎜と育って順調ですが内膜が2日前の9㎜から7㎜に薄くなっているではありませんか!!顔文字



不測の事態で大どんでん返し!えぇ
勢い付けてクリニックに乗り込んだはずなのに正直こう言う展開になるとは思ってなかったので頭の中がぐるんぐるんです…jumee☆whyL



困りパンダ:「せっせっ先生!内膜薄くなってるじゃないですか!」
医者:「この時期7㎜あったら大丈夫やないのかな。それに測り方も適当だからあんまり気にせんでいいよ。ちょっと変えたら1-2㎜くらいすぐ出る誤差だから。」
困りパンダ:「そうなんですか?!」
医者:「尿検査でもう排卵のホルモン出てるからね明日は排卵だね」
困りパンダ:「は、はい」
医者:「注射うって明日排卵の確認ね~」
困りパンダ:「分かりました…」


といって診察室を出てきたものの、誤差があるとはいえ内膜が薄くなってるときいてテンション駄々下がりの私ですおちこみおちこみおちこみ



ただでさえ貴重な胚盤胞。そして2周期はお休みするという当初の予定&鍼灸の先生のアドバイスをくつがえして思い切った決断をするにはなんだかテンション低すぎる…条件がすごいいいと思ったので迷ったのに、内膜が同じ程度で成長していないくらいならまだしも薄くなってるなんて誤差にしても嫌な感じです。これじゃー無理にする意味あんまりないような気がして注射打つ気になれません…jumee☆faceA76こんな悩むんなら止めた方がいいような気がして、結局は事情を話して移植を取りやめることにしました。先生も乗り気じゃないんやったらやめていいよということで了承してもらいました汗とか



さっきもブログの最初の方で理由をいくつか書いてて思いましたが、どれもそれはそれでちゃんとした言い分かもしれないけど、やっぱりどこか後ろ向きな気分が自分の中にあるんですよね…なんか100%いくぞーっていう気になれていないようなしょんぼり いつ成功するかなんて分からないし、やってみなけりゃそれこそ分からないんだけど、突然の展開っていうのもあって自分が準備できてなくて、やっぱりどこかで大丈夫かな?とか不安に思っている自分がいて、乗り気じゃないんでしょうね・・・きっと成功するときは成功するし、ダメなときはどんなに条件が良くてもだめだろうし。でも今回はこれまでこんなこと一度もなかったんですが納得して前向きにいい感じで移植に向かえませんでしたkao06 これが俗にいう直観でしょうか?



この2日さんざん悩んで、ぱんだぱぱをはじめ友達のYちゃんやNさんにもさんざん話を聞いてもらって、そして最後は先生や看護婦さんにも迷惑かけちゃって、こんな優柔不断で右往左往している情けない自分にちょっと凹みました無言、汗 自己嫌悪です肉球ほんとお騒がせしましたが移植は取りやめ!今周期はやはりお休みで調整します…zzz直観に従って、そして、最初にこれだと思っていた道に進むことにしますパンダ


ところで内膜の測定で薄くなった経験のかたいらっしゃいますか?結構良くあることなのかな…





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
スポンサーサイト