FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

福岡の桜も満開桜 でも私には悲しい季節でもありますしょんぼり 満開の桜の下を通るとお骨になってしまったすし太郎を抱きかかえて斎場の桜の中を母と二人で途方にくれながら歩いていたことを思い出してしまうからです。



旦那くんは仕事の都合で大阪から福岡に戻っていて、母と二人で見送った静かな最後でした。火葬場の台車にすし太郎を置き最後は笑顔で見送ろうと心に決めていましたが、火の燃えたぎっている中に送り込むかと思うと居てもたってもいられなくなり結局は号泣してしまいました。2時間ほど待合室で無言のままぼーっと待っていましたが、呼ばれて真っ白なお骨になってしまったすし太郎をみて、自分のとても大切で温かい部分を失ってしまったような虚無感に襲われ、なんだかすべてが終わってしまったような気分でした。


雲ひとつない春爛漫の日。斎場は桜の花が咲き乱れていて、骨壺を胸に抱えながら母親と二人歩いて帰りました。歩くたびに、すし太郎のいたお腹の中がからっぽでカラカラと音がなっているような錯覚に苛まれて、歩くのがむなしかったのを良く覚えています涙



最近はすっかり悲しみからも回復して元気になったなんて自負していましたが、桜の季節の訪れとともに、今頃生きていたらそろそろ卒乳で離乳食食べだしたり、表情も出てきて可愛さも増すころだなとか、普段は思わないようなこと(というか思わないようにしていること)もついつい思ってしまいます。



やっぱりさみしいものです…涙




そんな春たけなわの今日、桜の咲き乱れる浄水通りという落ち着いた住宅街の一角ですし太郎が縁でお友達になったNさんとランチごはん すると思いがけないプレゼントを頂いたんです。それは、1歳の誕生日をお空で迎えるすし太郎へのプレゼントでしたflower


090328_1725~01
可愛いお花を抱きかかえた天使Brilliant


思いがけないプレゼントと最近の心境もあって思わず涙が…えーん本当にうれしかったです。今思うと人前ですし太郎の死を素直に受け止めて涙を流したのは初めてかもしれません。この一年、無我夢中でがむしゃらに新たな命を授かろうと前向きに前向きにと頑張ってきましたが、人前で泣く余裕もありませんでした。それに、可哀想と思われるのも辛くて、泣きたくなっても逆に笑ってたりして…無理していたんでしょうね(笑) 私の中では「ポジティブな無理」として必要なことだったと思います。だって、泣きだしたら止まらないし、どんどん後ろ向きな自分になっていく悪循環にはまらないように自分なりにできる最善の努力でしたから…心の中ではいつか無理なくポジティブになれると信じていましたがハート


すし太郎の命が縁で知り合いになれた天使ママ友達であり不妊治療の同志でもあるNさん。きっと私の心境をよーく分かってくれてたんだろうな~出会ったきっかけやお互いの境遇やこれまで一緒に過ごした時間やすし太郎のことやNさんの息子さんのことや、いろんなことが走馬灯のように頭の中を駆け巡り、そして、Nさんの思いやりいっぱいのすし太郎への贈り物に自然と涙があふれてきました。ようやく素直にすし太郎の死を受け止めれたんでしょうね。悲しみを素直に涙として流せたのですから。桜の花桜と一緒に私の心もほころんでくれたのかな?そして、少しは無理なくポジティブになれることに近づいたかな?(笑)



本当にありがとう音符 すし太郎が「僕のこと覚えていてくれてありがとう」って言うのが聞こえてきますパンダダブルハート





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ








スポンサーサイト