FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。


遅れながらも無事にリセットし、卵を増やすお薬の注射を前に体を整えようと今日は鍼灸院へ。雪がちらつく福岡ですが、寒い天気も何のその 音符採卵のためならエーンヤコーラ♪


体を見てもらったところ、現状としてはいい感じのようで。体調を整えるのためにちょっと肝臓のお手当てしてもらった以外は、脈診では婦人系のホルモンバランスは整っているとのこと。ただ次凌のあたりが少し冷えているのでしっかり温めましょうということでした。


肝臓の機能が低下(←大した低下ではないんですが、肝臓の脈が出ているということ)しているというのはなんだかよくわかります。ホルモン系の投薬すると、そのホルモンを肝臓で処理しないといけないので肝臓に負担がかかるのは自然の摂理。よく、ホルモン剤の副作用に肝機能の低下などとかいてあるものがあります。別に肝臓が病気になったり、黄疸がでたりするほどの大きな疾患に発展することはほぼないと思いますが、体質的に肝臓の弱い人や私のように肝臓にもともと疾患のある人は肝臓の調子を整えながら体外受精の投薬に挑むのがよいかなと。


だから肝臓に由来するツボを整えてあげるのはとてもいいことだと思います。思い当たる方はぜひぜひ参考にしてみてください。ほかにも採卵周期によいお灸を教えてもらったので簡単に紹介します。


①体調を整えるために!これは背中に集中しています。脊椎にそって押さえて痛みを感じるところは体調を整えるためにどこをお灸してもいいとのことです。腰から上の脊椎です。移殖後もして大丈夫だそうです。
②次に生殖機能を整えるために。これは腰から下の背中。特に次凌、腎愈、命門(めいもんは背中のお臍らしく生殖機能の鍵だそうです)。これも移植後も大丈夫。次凌は卵の質を上げるのに効果的だそうです。腎愈や命門は生殖機能全般を向上させるそうです。
③採卵までは三陰交。移植後は流産の危険性もあるのでやめること!
④手足を冷やさない。卵巣や子宮周辺に刺激が強いので先生としては直接お灸はしない方がよいとのこと (先生のお師匠様は臍に間接灸&足湯をしろと言われているのを本で見ました)
⑤肝臓のツボは足の甲にあるタイショウというツボ。そして、背中の肝愈。私は足のスネにそって痛みを感じる3点にお灸をしています。だいたい、三陰交のスネ側が一番下。そこから指4本ずつくらいです。(跡だらけでお恥ずかしいですが私の足で説明します↓↓↓)

090113_1551~01
一番下の左側が三陰交。その横、スネにそって3つ
これは肝臓に特効を示す必殺のツボです!!







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


スポンサーサイト