FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

(遅ればせながら牛
門松あけましておめでとうございます門松


去年は励ましや元気をいっぱい皆さんにいただいてなんとか乗り切れた一年でした。本当にありがとうございました。今年40歳になる私の不妊治療、ほんとどうなることやら分かりませんが、引き続きブログに綴っていこうと思いますのでよろしくお願いします桜





ではでは、さっそく本題なんですが、昨年末のあわただしい中、12月26日に高温期に入ったらおいでという先生のご指示に従って病院に行ってきました。次期の体外受精について相談という感じでしょうか?


で、診察室に入ると前回までの子宮腔内癒着の疑いという重ーい雰囲気はどこへやら。さっさと診察台にのって子宮と卵巣の状態を確認することから始まりました。


医者:「はーい、これが子宮ね。いいね。これが右の卵巣、こっちが左。どっちも空っぽで排卵後。腫れてないね。大丈夫大丈夫」



(診察室に戻って)




医者:「体外受精やるね?」
panda:「はい!」
医者:「採卵の方法やけどね、(ショート法とロング法の)どっちでする?」
panda:「???jumee☆whyR」 (←高齢だからショート法と思っていたのでちょっと意外に思いつつ)
医者:「どっちでもいいよ。」 
panda:「???jumee☆whyR」 (←えー私が決めるの?と戸惑いつつますますびっくり!)
医者:「前回妊娠したけど、移植は全滅やったやろ~ロング法にしてみる?」 
panda:「じゃあそれでお願いします!」 
医者:「じゃ、点鼻薬明後日から始めないとね。生理がきたらまた注射においで。」 
panda:「わかりました!!」 


年明けから始まるものとばっかり思っていたので内心びっくりしました。すぐ始まるし、なんというか、心構えが…いつもなんだかなんだバタバタと始まってしまいます焦る3


数のショート法、質のロング法と説明を受けました。確かに、前回の採卵のショート法の時は17個も運よく採卵できましたが、受精は約半分の9個。受精率はあんまり良くないですよね。


新鮮胚の移植で妊娠したのでそんなことすっかり忘れていて、私にはショート法があっているのかなと思っていましたが、凍結胚の移植となり一個しか戻せないというハンデはありるにしても結局全滅したのが引っかかっていたのでちょうどいいかも。どの凍結胚も胚盤胞まで分割してくれたので感謝ですが、やはり質に問題もあるのではという推測から先生も試す価値ありという判断のようです。先生の今回の選択を前向きに受け入れることができました。ロング法で卵が取れるのか不安ですが先生が判断してくれたんだから信じるべしfight
まだ2回目の採卵。どこに可能性が潜んでいるかは探っていかないと!!



ということでロング法になり、高温期半ばの12月31日からナファレリールを開始しました。現在点鼻薬をせっせと朝夕しています。まだ高温期を維持しておりますのでリセット待ちです。それにしても薬のせいか体温高めです肉球





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ





スポンサーサイト