FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

皆様 メリークリスマスですクラッカープレゼントクラッカー


とはいえ、純和風の我が家ではクリスマスケーキいちごケーキやクリスマスディナーは程遠い存在です。体にも良くない!(←ちょっと負け惜しみ風pigだって豪華でおいしそうだから…)


でも祝い事好き、イベント好きの私はなにか作りたくなるんです。そして、こんなとき我が家で作る一品と言えば…



お赤飯!!かなり渋い(笑)



日本の祝い事といえばこれでしょう日本 ちょっと時代錯誤で無理がありますが・・・無言、汗個人的にはめでたい気分になります。はい。



ちょっと説得力に欠けますが(笑)、昨日のうちに下ごしらえをして今日は朝からお赤飯を蒸しました。なんだか張りきってるうちに楽しくなりました。めでたい!ぱんだぱぱの大好物でもあるし、お赤飯食べさせておけば超ご機嫌です。佐賀県大和町の棚田のおいしーもち米に, ささげは使わずにちゃんと小豆の新豆を中華せいろで蒸しました!


絵文字名を入力してくださいやっぱり家で作るとおいしーです。
小豆の香りともち米の甘味が絶妙です(自画自賛)
081225_1228~01



昔、お赤飯と言えば、晴れの日の代表的な一品です。赤というめでたい色もさることながら、小豆の解毒作用で健康を願っての逸品です。最近は見た目がきれいに仕上がること、小豆が崩れずにできるという理由でささげを使用しますが、ささげは北アフリカ原産の穀物で小豆とは似て非なるもの!ぜひともひと手間かけて小豆でお赤飯を!香りがもっと甘くて豊か♪ そして何よりも薬効が違います!


■失敗しないおいしーお赤飯の作り方

材料
もち米 3カップ
小豆 2分の1カップ (←ちょっと贅沢に多めです)
黒ゴマとお塩 (適宜最後に振りかけます)


①もち米を白いとぎ汁なくなるまできれいに磨ぎ、水をきってざるに置いておく。
②水か軽くかぶる位で小豆を2度ほどゆでこぼした後、水2カップ半くらいで弱火で煮る。このとき硬めに仕上げます少し芯が残っているくらいだけど、指でつぶすとつぶれるくらいが私の目安です。
③煮た小豆を冷まして常温になったら、豆と煮汁に分けます。磨いだお米に煮汁を2カップ分入れて一晩置いて色付けする。残った煮汁は冷蔵庫に入れて置いておく。蒸す時に使います。
④中華せいろで蒸すので、十分な量のお湯を鍋や中華鍋で沸騰させておく。
前夜に下ごしらえしたお米を弱火から中火で、そして、小豆の仕上がりの硬さに応じて途中で小豆もたし、煮汁がなくなるまでに火かける。私は煮汁が熱くなってお米全体に行きわたったくらいで小豆を戻します。煮過ぎると焦げるので注意です。少し汁気の残る位で大丈夫です。お米がふっくらと透明になるのが目安です。
⑥さらしか布きんをしいたせいろにお米をいれ、強火で30分程度蒸します。途中で取っておいた煮汁で打ち水をします。途中一度、天地をひっくり返してまんべんなく蒸します。
⑦いったゴマをふりかけて出来上がり!



⑤がおいしくふっくら出来上がるポイントです。蒸すだけでもできますが色もまだらになるし蒸上がりがむらになりやすいし、なんといっても1時間くらいかかってしまいます。炊飯器よりも断然おいしい!炊飯器や圧力なべだとべチャッとなりますが、せいろだとお米が立っていますキラキラ(オレンジ) ぜひお試しを~





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ









スポンサーサイト



一年を振り返りながら、普段は信心深くない私もここは気合の入れなおしに行かねばと、以前から気になっていたお祓いというか祈願というか神仏に頼ってみようと神様にご挨拶に行くことにbikkuri01 


今年はすし太郎を妊娠し、そして、流産し、旦那くんは倒産で失業中。ほんと山あり谷ありで、それ以外にも本当にいろいろなことがあって、息つく暇もなく事件が勃発。人生予期しないことだらけなんだな~と何度思ったことか…kao05



まさしく「一寸先は闇」な一年でした肉球



それでも、不幸中の幸いというか、ものは考えようというか、暗ーい出来事にあってもそれなりにいいことはたくさんあって、素晴らしいことに気付かされたり、普通がものすごく幸せなことだと思えたり、すし太郎のことを通して新しい出会いがあったり学ばされたり夫婦の結びつきが強くなったりと、感謝感謝3はーと 辛いことがあっても元気に生きていける強さをすし太郎に教えてもらいました。


人生にはこういう学びの年というかひっきりなしに事件の起こる年があるんですよね。昔そういえば「サンドイッチの年」というフランス映画みて内容は当時よく分からなかったけど感動した記憶が…笑 人生はほとんど味のしないパンで、ハムとか卵とかの具のような味の濃い記憶から離れない年があって、人生はサンドイッチサンドイッチみたいなものだと。


まさしく、今年はサンドイッチの年でしたうふ


またまた話が脱線…汗;


で、本題の妊娠祈願ですが、霧島神宮に行ってきましたキラキラ(ピンク) なぜ霧島神宮かというと、実は、鹿児島県の霧島神宮に子授け祈願に行った直後にすし太郎を授かったので、まずはお礼参りしなくてはとずーっと気がかりだったんです。そして、また元気な子を授けてください、そして、無事に出産させてくださいと新たな子授け祈願もしようと思ってニコッ♪


霧島神宮は天孫降臨の地。


なんでも天饒石國饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(あめにぎしくににぎしあまつひだかひこほのににぎのみこと)という神様を祭っているらしい。長ーい名前です。


霧島神宮にはこのニニギノミコトが天孫降臨し天の逆鉾をさしたと言われている高千穂の山中にあるんですが、今は度重なる噴火で現在の場所に落ち着いたらしいです。なので、神様が降り立った場所はちょいと近くの別の場所です。日本の八百万の神々の親分が天から降り立った最初の地とはかなりのパワースポットキラキラ(オレンジ)ぱんだ夫婦的には少し奮発出費でしたが初穂料5000円を払って祈願を個別にしてもらうことにしました!


重要文化財の中でのお祓いは迫力満点。背筋の伸びる思いで、儀式とお祈りを捧げること20分くらいでしょうか?神殿にあるご神体の前で神官の方と巫女の方と旦那くんと私の4人。祝詞がながながと読み上げられると、太鼓がドンドコ鳴り響く中でいよいよ私が「さかき」という木の枝を捧げ最後の祈りを捧げて・・・・と、終わる頃には妙な興奮状態になっていましたアップ


儀式の様子や神殿の中は撮影禁止なのでお見せできませんが、お祈りのクライマックスではご神体が登場し、なんだかものすごい迫力です。祈祷してもらってよかったな~と大満足です。


順調に生理がやってくれば、体外受精を再開する予定です。霧島神宮で背筋を正してもらって採卵からの体外受精に気持良く臨みたいと思います。







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ