FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

2回目の凍結胚移植が撃沈し、リセットが終了し、久しぶりにCLクリニックに行ってきました。診療室に入るなり「なかなかうまくいかんね~もうあと2つしか卵残っとらんからね・・・」と悩ましげなY先生苦笑い とりあえずは今周期の卵胞のチェックということで内診してもらいました。



周期10日目で卵胞12㎜で内膜7㎜ まずまず順調のようです。まだ卵胞は小さいので土曜日に再度卵胞のチェックに行くことになりました。



で、本題ですが、今回は2回連続撃沈したことを率直に質問してみました。



パンダ :「卵の状態はこれまで2回ともいいと聞いているのですが、やはり私になにか問題ありそうですか?」
医者 :「卵はね、妊娠ができるだけの良い卵かどうかは、実際、妊娠してみないとなんとも判断できんよね。ただ、最初の体外受精のときは1回で妊娠しているから、今回2回失敗したとしても、3回で1回の確率(移殖あたり35%~40%)だからまだまだ想定ないやしね。運よく1回で妊娠されたから、失敗ばかりと思われるかもしれないけど、だいたいこんなもんよ。」
パンダ :「卵以外の問題もあるかと思ったんです・・・」
医者 :「そうね、次の移植で失敗したら内膜とかなにか着床しにくい理由が他にあると疑ってもいいかもしれないけど、今回は、残っている卵を移植してから、その先を考えた方がいいんやないかな。ただ、内膜も毎月順調に成長しているし、エコーで見ている限りは何も問題はないけどね。」
パンダ  :「右からばかり排卵しているんですが、今月も右ですよね。何か異常があるんでしょうか?」
医者 :「そのとき状態のいい卵巣から排卵するというのは確かやけど(過去のカルテ見ながら)10月は左から排卵しとるね。」
パンダ :「10月だけですか??」
医者 :「排卵とか生理とかっていうのはね、結局ね、してみんとわからんのよ。今月排卵したから、生理があるからといって、来月またちゃんと排卵があるかどうかはわからんのよ。だから、ひとつの卵、ひとつの生理がとても大切で、妊娠したときも大切にしないといけない。もちろん、高齢になる方がリスクは高いけど、若いからといって誰にもそれは分からんよ。妊娠できる卵が残っているかどうかは誰にも分からんのよ。」
パンダ 「じゃ今月も移殖してみて、その後のことは移殖して結果が出た後に決めるのが一番ですね。」
医者 :「そうやね。若くはないからね、いろいろそういうこともあるということは覚悟しておいたほうがいいとは思うけどね。それに、本当は卵を2つとか戻したいんやけど、そうしたら、簡単にいえば確率は2倍になるからね。でもあなたの場合は頸管無力症があるから、それはできないしね。双子になるとリスクがあまりにもたかすぎるからね、そこが厳しいところやね。」  



とまあ、こんな会話でした。①今期も移植すること、②凍結胚を2個戻せることができればかなりの確率で妊娠出来ていたはず、③だけど、それは今後も多胎妊娠が子宮頸管無力症の私にはあってはならないので複数個の移植はできないということ、④確率的に考えて、まだ想定内の移植回数なので、今期が終わってからそのほかの検査などは検討すること、などなどお話してもらいました。


やっぱり、子宮頸管無力症で1個しか凍結胚戻せないのは残念です。でも仕方ない。無理なこと悔やんでもどうにもならないしkao07


私って、前回の妊娠でお世話になったときはぼーっと言われたままにしてただけだったので、何も記録していなかったのですが、左から排卵したのは10月だけだったんだ~とびっくりえぇ 前回は4ヶ月しか通院していないし、卵胞をチェックしなかった月もあるのではっきりしたことはわかりませんが、交互に排卵しているものとばかり思っていたのでびっくりしました。毎月右側の卵巣から排卵されているのかとおもうと、右側の卵巣さん御苦労さまです。


今のところは結局、地道に毎月あるチャンスをありがたく挑戦していくのがいいのかなと、今日の診察終わって改めて思いました。毎月一度のチャンスなんだから、挑戦できる条件を満たしている限りは挑戦するのがいいのかも。結局はやってみないと分からないということなんですよね。いずれにせよ、私が体のため、心のために毎日できることは変わりませ~ん!



明日はタイミングよく鍼灸院なので、ちょっと鍼灸院の先生の意見も聞いてみようと思います。




ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


スポンサーサイト