FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

順調にしっかりリセットしました。体温もしっかり下がり、経血量もしっかりありました。20代のころを思わせるような出血ぶりです。きっと内膜もちゃんと成長して十分厚くなってた模様…なのに~♪な~ぜ~♪ 悔やんでも仕方ないけど最後にもう一度言わせてくださいkao06 


どうしてくっついてくれなかったんだぁ~
卵よ、カムバーック!
バーック!バーック!バーッククク


ま、しっかり生理があるのはとてもうれしーです。生理あっての体外受精ですから笑い。 ようやく生理自体も生理の周期も落ち着いてきた模様です。生理のたびに不安に駆られていた梅雨の頃が少し遠くに感じられます。



そしてリセット後の久々の鍼灸院。「結果はどうでしたか??」と聞かれて「いや~今回もだめでした…」と答えると「いやいや心配せんでもよかよ~妊娠自体が奇跡みたいなもんやからね。体はいつ妊娠してもおかしくない状態やからね、この状態維持していきましょう!」


うわ~そんなうれしいこと言ってくれるんだ~と憂鬱な気持ちも吹っ飛びました。先生に言われるとうれしー。もちろん、励ましも含めてのおまけ付きの言葉ではあるけど、でも、少しは元気になれたんだと思うと勇気づけられます。またやる気が起きてくる単純な私ですkao03


「今月も条件が許すことなら移植するつもりなんですが・・・」と言うと「挑戦しなさいしなさい!あとは繰り返し辛抱強く続けるだけですよ。そのためにもストレスを溜めんことね。」



ストレス・コントロール--これからはこれがテーマになりそうです。簡単そうで長期戦では一番難しいことかもしれません。



実は、鍼灸院で本の貸し出しをしてて、鍼灸院の院長先生ご夫婦の不妊治療体験記が紹介されている「こうのとりの願い」という本(自費出版のようで一般に販売されていません)を借りてきました。その本の中で著者のことぶき先生こと田中寿雄先生の言葉が印象的だったので紹介します。





本
不妊の定義とは…(現代社会での不自然な)環境や生活風習に体が抗しきれず、様々な異常事態が体に発症した結果、やって来ようとしている赤ちゃんが待っている状態のこと


先生の考えでは、赤ちゃんは私たちの体が準備が整うのを待ってくれている状態のことを不妊とされています。地上に降り立つのは、赤ちゃんにとってもすごく重要なこと、だから、元気に幸せに育てるようにお母さんが元気で夫婦の愛がいっぱいのときを選んでお腹にやってくるというのです。それは夫婦にも医者にもいつかは分からない。赤ちゃんが決めることだから。それまでは赤ちゃんがやってきたくなるような体を作ってあげること、旦那さんと仲良く楽しく暮らすこと、それが妊娠につながるということ、自分の都合では赤ちゃんはやってこないことを繰り返し述べられています。心にいいこと、体いいいことをしてあげる、そうすればいつの間に赤ちゃんが喜んでやってくると…ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


そして、体外受精にしろ、人工受精にしろ、自然妊娠にしろ、体と心が赤ちゃんを温かく迎え入れる準備ができたら赤ちゃんはコウノトリが連れてくると。手段は何を選ぼうとも、体が健康で心が元気だといずれの場合でもいい結果が舞い降りてくるんですよって先生は説いています。


体と心に優しくなる---これって立派なストレス・コントロールです。







これまでいろいろ紹介してきた自然療法が田中先生の本の中でも紹介されていて、間違っていなかったのかな~と少し嬉しい気分ですが、まだ紹介していないことも含めて先生の本で提唱されている体作り、心作りの具体的な方法、次回から詳しくまとめてお話していこうかなって思っています!なんだかすごく前向な先生の姿勢に心も体もゆったりなったので紹介せずにはいられない!


お楽しみに~♪






ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


スポンサーサイト