FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

すっかり定番となってきた鍼灸通い。スタッフの方とのおしゃべりも楽しみになり、ほぼ趣味!?のようなペースで足しげく通っています♪


そしてスタッフの皆さんからのアドバイスの中で最近気付いたことがあります。それは以外にも不妊治療と肝臓の関係です。どうやら不妊治療中や流産後などに肝臓の機能が低下することがよくあるらしいのです。



そこでまずは肝臓の機能について簡単にお話本



肝臓にはホルモンを分解するという役割があります。そして、毎月の生理、妊娠~出産というプロセスの中で分泌されるホルモンの増減変動が激しい結果、男性より女性のほうが肝臓を酷使することになりますkao05 それに肝臓はほとんどの薬物代謝において中心的な役割も担っているんですbikkuri01


不妊治療となるとホルモン剤メディカルを結構服用しますよね。通院時でも注射などすることも頻繁。結構な量です。なので普段の治療時以外の時と比べると体内で生成されるホルモン以外のホルモンも分解しないといけなくなって、肝臓は大忙しとなるわけです。


肝臓が疲れてしまうと、倦怠感や体調不良、便秘などの不調から、中にはもっと切実で肝機能障害になる人もいるらしい…えぇ
そして、こうした肝臓の病気までには発展せずとも、またまた悪循環汗あせがここにも潜んでいていわゆる「原因不明」の罠にはまることも考えられます…


ホルモン剤の過剰摂取
⇒肝臓の機能が低下
⇒解毒効果が低下
⇒腎臓に負担がかかり酷使
⇒腎臓の機能が低下
⇒生殖機能の低下(元気がなくなり妊娠力低下)
⇒いわゆる不妊な状態に…


肝臓・腎臓ペアそして腎臓・生殖器(子宮や卵巣)ペアはそれぞれ別の臓器ですが、かなり相互依存した関係であることは東洋医学ではよく言われていることなんです。



ちなみに私はC型肝炎ですが肝機能の数値が正常範囲を超えているときは不妊治療をしないように言われています。それは肝臓に余計な負担がかかると持病が悪化するからなのです(お~つじつまが合いますね~)なので、C型肝炎=体調の管理というのが不妊治療の前提条件になっています。


ま~大変そうに聞こえますが、そんなことはありません笑 体調がいいのは私にとってもハッピーなことなので、肝炎は私の健康のバロメーター。危険信号を分かりやすく発してくれているという感じでしょうか?元気じゃないと妊娠してからも、子育ても大変だから、当然のことですよね。


それにしても、ホルモンの分泌/分解やバランスと肝臓が関係していたなんて…意外でした。それに、肝臓の先生からも「肝臓が関係しているからね」って言われてたことに鍼灸に行き出してようやく話が私のなかでつながりました。時間かかり過ぎか…汗; 私はてっきり他に病気あったら妊娠どころじゃないよって感じで先生の言葉をとらえてたんです(笑)



なので、長期不妊治療をするときに、たまにお休みするというのはホルモン剤を少し控えて肝臓にお休みを与えたり、もしくは、肝臓の疲れを癒してあげながら継続するのがいいような気がしました。基本、体に鞭打ってびっくり頑張ってるんですから、体に鞭ばかりじゃなくて飴も与えてあげなければうふ そして、こんな時こそやはり鍼灸はお助けツールだと再認識する今日この頃でしたbikkuri01





ちょっと長くなったので次回に「続・不妊治療と肝臓と鍼灸治療」と改めてより詳しく東洋医学的な視点で説明しますね。そのときに肝臓のツボ&お手当てを紹介します!長々とお付き合いいただきありがとうございましたニコニコ。 横向き


では次回をお楽しみに~





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ



スポンサーサイト