FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

凍結胚移植撃沈後もちょくちょく鍼灸院に通っています病院 もちろん不妊治療として行き始めましたが、体を総合的に見てくれるので、体調が整い元気いっぱいになるのがやみつきです笑い。 そして、またまた昨日も行ってきましたうふ



「(脈診しながら)いい感じいい感じ。体調上がってますよ~今まで弱かった部分の脈が上がって来てるきてる★いい感じですよ~努力のたまものだね」


なんて褒められて調子にのるぱんだパンダ お世辞と励ましが含まれているにしろ「なんだよ~この脈!」って言われるよりはずいぶん嬉しいです。そして今日も鍼&お灸!体調や状態が変わってきたせいか、お灸をする場所も少しずつ変わってきています。



先日卵巣を整えて卵のグレードアップ&内膜を厚くするって話をブログに書きましたが、鍼灸が効果的で対策その1として紹介したんですが、もっともっと詳しく紹介します!鍼灸院の先生方から頂いたアドバイス&効果的にそのツボを使うための情報をゲットしたので、内容をまとめていきたいと思いますbikkuri01


以前紹介したもぐさカイロを考案された寺子屋お産塾の田中寿雄先生の臨床的な経験から、生理後から排卵前(卵胞が成長する期)に良いツボと排卵後から生理前(卵胞の黄体化する時期)によいツボを活用すると、よい卵ができ、その結果、子宮の内膜の成長にも効果的だというお話を聞いてきました。もちろん、私の通う鍼灸院でもそのツボを生理の周期に合わせて手当してくれます。まとめるとこんな感じかな
絵文字名を入力してください


■効果的なツボとそのツボを刺激する時期について■

生理後から排卵前のツボ⇒八りょう穴:背骨と尾てい骨にはさまれたお尻の平らな骨(仙骨)の中心線の左右にそれぞれ4つのくぼみがあり計8つあることから「八りょう穴」と呼ばれています。上から上りょう、次りょう、中りょう、下りょうの4つのツボ。生理から排卵まで毎日温めると良い卵子が出来るそうです。

排卵後から生理前⇒関元:おへそから指4本下にあるツボで精力が集まると言われている「丹田」の中心。子宮に栄養が行き渡り子宮・卵巣、子宮内膜を正常に戻して妊娠体質へと改善。
注意:寝ころんでへそ下をそっと触っていくと、ゆるやかに陥没している個所を見つけるはずです。そこがこのつぼ!調子のいいときはここがふっくらと盛り上がっていますが、エネルギーが停滞しているときは沈んでいます。繁殖能力のバロメーター!



そして生理中を除くすべての時期⇒三陰交:内側のくるぶしのもっとも高いところから指4本上。肝経・腎経・脾経が交わる大切なポイント。ここを刺激することで肝臓・腎臓・脾臓の働きが高まりホルモンバランスが整います。妊娠がわかったら止めて安定期になったらお灸を始めます。


おまけですが、妊娠して安定期に入ったら⇒三陰交と足三里:足三里はむこうずねの骨の外側を膝から3寸(約5~6センチ)下がった所です。はやくここにお灸されたいですよね~!



お灸するときの注意ですが、鍼灸は結構刺激が強いので、凍結胚など戻した周期は関元や三陰交へのお灸や刺激は避けたほうがよいとのことです。生理を促進するので要注意です。基本的にはよい卵胞ができ、よい黄体ホルモンが形成されれば、内膜は十分に成長する仕組みになっているんだって~えぇなので、生理後から排卵前の手当がとても重要なんだそうですよ。なので、お灸や鍼など刺激の強いものは避けて、関元のあたりを冷やさないように腹巻したり腰湯で温めてあげる程度が一番効果的だそうですBrilliantあまり無理してお灸したりせず、温めてあげるだけでも十分いいそうですよ。専門の鍼灸医に相談できる場合は相談してからやった方が安全だと思います。様子見ながら体調に合わせてやってみてください。



◆ツボの場所と効能をまとめてあって、参考になるWebです:「安産のツボ」





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


スポンサーサイト