FC2ブログ

スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

この前の胚移植は予定通り排卵しなくてキャンセルになったのは報告しましたが、その後の卵胞の行方が気になり、病院で診てもらいました。インターネットより先生に聞く方が自分のこと変に自己判断せずに、妄想で苦しまずにいいかなって笑


私の頭の中では「お化け卵胞」がどんどん巨大化してのさばっているイメージいっぱい。もう毎日むっちゃくちゃ気になってたんです涙


とりあえずエコーで見てもらうとくしゃくしゃになって縮んでいる卵胞発見。先生の話によると一応排卵はしているようだということでした。仮に排卵してないにせよ、縮んでいたのでこのままのさばれることはなさそうです。一安心拍手 パチパチ


排卵前後の卵胞のことってよく知らなかったですがこんな経過をたどるそうですひよこ

①排卵後の形はいくつかあり、その1:卵胞が萎んで小さくなったり、いびつな形になったりする、または消失している、その2:円形のままもしくは大きくなったりする(私の場合は①ということでした。)
②また、卵胞の輪郭は排卵以前よりもぼやけており、はっきりとした影になっていない(参考になる写真を見つけたのでアップしてます。私のは、ぐしゃぐしゃと潰れたような、崩れた形の卵胞が周りに広がって輪郭のぼーっとした感じで映ってました。)


<Before>排卵前の卵胞絵文字名を入力してください
排卵前の卵巣
 
<After>排卵後の卵胞絵文字名を入力してください
排卵後の卵巣


③エコーの画面上、内膜は白く光って映るようになる。(確かに。エコーを見ながら「ここが内膜で、白く光ってるやろ~」といってました)ちなみに、排卵前の内膜は、アーモンドの種、もしくは、木の葉状で3層構造になっています。私も自分の内膜がこれですよ~っていわれて見せられた時、ほんとだ~って思いました。下の画像は排卵後の内膜です。参考までに。

絵文字名を入力してください排卵後の内膜。
排卵後の内膜



きっと使っているエコーの種類や検査した日によって、そして、毎回毎回違うとは思いますが。


で、卵胞の質がわるいと、黄体ホルモンの質もわるく体温の維持が難しかったり、黄体機能不全のような症状がでるらしいです。年齢的な要因もあるし、たまたまそうなるときもあるし、経過を見ていかないと判断つかないとのことでした。


私の今日の診察で分かったことは、

①一応、排卵した可能性が高く、未破裂卵胞ではない
②原因は、たまたまか、年齢的な要因かははっきりしない。
③ホルモンが安定していないので着床できにくいと考えられるので移植はしなくて正解だった。
④「次に生理終わったらおいで~」

以上でした。



そして、私はなんと早くも昨日リセット。きっとあんまり質のいい排卵ではなく、黄体ホルモンもあんまりちゃんと分泌されていなかったんだろうな~。経血量はしっかりあるのでまともな生理です。それだけでもとりあえず一安心。生理来るのかな??なんて思っていたのでよかったよかった。流産後通産3回目、まともな生理としては2回目です。


大阪で「早い人で流産後2~3カ月から」という医師、そして、「週数進んでたからね、半年くらいしたらホルモンのバランスも整うんじゃないかな」という主治医がいたので、それをめどにしていましたが、やっぱり中期の流産となると、半年くらいはかかるのかな。中期の流産って体が本調子に戻るにはそれなりの時間かかるですね。今となってはしっかり体調がもどったと自信をもって不妊治療に取り組みたい!でも生理が来ただけでうれしい私でした笑い。







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ



スポンサーサイト