スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。3回目の撃沈後やや元気を取り戻しつつあります。緊張の糸が切れたせいか珍しく風邪をひいてしまいました泣き顔 


でもいつまでもウジウジはしていられないと、病院にいって今後の方針を聞きにいってきました。「残念だったね」という先生からの一言を皮切りにこれまで気になってたことも含め質問bikkuri01



①どっか子宮とか卵巣に問題あるんですか?⇒経過をみてエコーを見ている限りはないよ。しいてあげるなら、流産後に胎盤が残っていたのを処置したという経過くらいかな。
②これまで3回の体外受精については?⇒卵も基本的にはよい卵なので卵のせいではないよ。
③これからの方針は?⇒来月からまた採卵からするしかないね。



と、まーざっとこんなところなんですが、なんかこれと言って問題もないよう。でも、なんだか納得いかず、今月はのんびり調整周期でこれといってすることもないのでいっそのこと原因究明に必要な検査あるならしてほしいと、的外れかもしれないお願いをしたら、先生は少しきょとんとしたけどこんな返答が返ってきました。


「まー気になるんやったら、子宮鏡検査してどうなっているか確認しましょう。流産後に胎盤残ってたりしたからね。かなり高い確率でなんもでてこんとは思うけど」


他の検査とか黄体不全とかそんなことはないのですかとかなりひつこく くいさがる私に別にないよとキッパリ。内膜も成長しているしねとあっさりした返答が返ってきた。ということで、落ち込んでいる私の気休めというかなんというか、ほぼ無理やりに子宮鏡検査することになりました汗;


でも、今日は私も3回目の撃沈後でテンション低かったせいもあって、流産後に診察再開して久しぶりに先生と流産のこと話しました。


「本当に最大のチャンス(前回の妊娠のこと)を逃したって感じやね。年齢のこともあるけど、妊娠していた期間が長いから流産した時期がまずかった。長いと負担もかなりあるからね。その後(数値や検査で問題がなくても)どうなるかはわからんのよ。そのあと妊娠しない人もいるんよ。こればっかりは神様のしごとやからね。妊娠するかどうかは誰にもわからんのよ。」


こんな話を聞いているうちに私は悲しくなってきて、普段はめったに泣かない私ですが、思わず涙がこぼれてしまいましたkao06



「あなたのせいだけではないよ。もちろん違う。私が言いたいのはね、ちゃんとした産科医を紹介したつもりやったのに(実際、福岡では高度医療の最高峰で立派な周産期センターのある病院の先生を紹介してもらっていました)、もうちょっとちゃんと診てくれてもよかったんやないかと思うと納得いかんのよ。産科医は“できたんやからまた作ったらいい”くらいに思ってるのかもしれないけど、赤ちゃんは神様からの授かりものやからね。だから最大のチャンスって言うんよ。私は昔は体外受精から産科までやってたからね、自分で作った子供やから本当に大事に最後まで診てたんやけど、それを思うと産科の先生はもっとできることが事前にあったはずやと思うんやけど…」



そんな話を聞くとまた泣けてきましたkao06kao06kao06



「昔はね、子宮頸管無力症というと産んでみるまでは分からんと言われておったけど、今は事前にわかることも多いし、きっちり診察していれば全然未然に防げる病気で、なんのためにいい病院を紹介したのかね…こうなるには、それなりの前兆が必ずあったはずやからね。」



先生はきっと同じ医者として悔しい思いでいっぱいなんだということがよーく伝わってきました。流産後の初診で医者からの報告書とともにY先生に妊娠の結末を話した時、Y先生が怒りをあらわにしたのを思い出しました。もっと大事にしないとって。命をもっと大事にしないとって。それって私だけに怒っているというのではなかったんだな…って。Y先生がどんな気持ちで日ごろ体外受精にかかわっているのかを知ることができよかったなと思いますキラキラ(ピンク)


流産から7か月。先生の話によると、やはりこれという問題なくても後期流産の影響は大きいようで、その後妊娠するにこぎつけるにはそれなりの時間が必要なようです。もちろん、すぐに妊娠する人もいるし、私も診察する中では体外受精に踏み切るに十分回復しているようですが、目に見えないなにかがあるようです。それを思えば、40歳を前にした老体ながらもよーく回復してくれているような気がしてきました。体は頑張って回復してくれている!そのことにまずは感謝しないといけないですねkao03



心も体も穏やかになったら目に見えない何かもふーっと戻って来てくれるんだと思うんだけど…もうちょいって感じですね苦笑い



採卵を来月にするが、もしくは、少し期間を明けてからするかはまだ正直決めていませんが、採卵から始めるのだし、あんまり無駄に移植とかもうしたくないので慎重になっていますうふ 来週は子宮鏡検査です。何も問題が見つからない無駄な検査であってくれればそのほうが嬉しいですがとりあえずは頑張って検査に臨みたいと思いますbikkuri01 今日は地味だけど笑今後の体外受精との付き合い方、不妊治療の進め方に大きな意義のある一日でした。



今日先生とこんな話になったのも今はきっと突き進むのではなくて、ちょっと止まってぼーっと考えて進みたい道を見分ける時期っていうことなのかもしれないですね。







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ



スポンサーサイト
ご無沙汰しております!いつも訪問&応援していただいてたブログ仲間のみなさん、すみません。なんの予告もなしにお休みにしてて…皆さんのブログにもご無沙汰しておりました。気になってはいたんですけど、不義理をお許しくださ~いkao06

凍結胚移植が終了してから、ぶっつりと緊張の糸が切れてすっかりブログから離れておりました。なんというか、繰り返し体外受精の緊張感に疲れたのか、がんばりすぎたのか、ちょっと自分を取り戻さないとってかんじで「はやめの冬眠」しておりましたkao02 今もなんだか凹み気味ですが、のんびり細ーく長ーく続けていかないといい結果にはたどり着かないなとは思っているので、一度リフレッシュが必要なのかな…ま、いずれにせよ、自分の気持ちに正直に自分のできる範囲で頑張りますね♪





で、今回の移植の結果ですが…





もちろん(?)ダメでしたおちこみ 





凍結胚の状態もこれまでの過去2回の移殖胚と比較してかなり劣るものであると説明をうけていたので、期待はほとんどしていませんでしたが、リセットするとそれはそれで落ち込みます汗;; しかも珍しく判定日当日は生理が来ていなかったので、最後の最後で全然持ってなかった期待が急に膨らんで、結果撃沈したので凹んじゃいました苦笑い 


残った二つを解凍。一つはハッチングしかけている状態までものすごいスピードで分割が進んだものの、きれいな胚の状態がよくありませんでした。凍結胚の一部が開いて、なかから飛び出ている様子を写真で見せてもらいました。最初はつぶれているのかって思いましたが(笑)ハッチングしているとのことでしたBrilliant もう一つは胚としては均等に分裂がすすみ比較的状態はいいものの分割スピードが遅めで、胚盤胞の初期段階で受精からの日数を考えると少し遅いとのことでした。移殖寸前の状態をみてどっちを戻すか決めますといわれ、先生の判断で後者の方を移植しました。



これで凍結胚の貯金はゼロ出費 次回は採卵からのスタートです。気合入れないといけないので、こんな凹んだ気持ちのままではできないな~って思っています。今月は久しぶりに移殖もなにもないので、ある意味休息にはいい機会かもしれません。ちょっと急ぎ過ぎて疲れたのかもしれないですね。性格なんで仕方ないか…タイトル通り、スローにならないとね。



これだけ失敗が続くと、すし太郎の命が本当に本当に貴重でかけがえのない存在に感じます。もちろん、かけがえのないことは分かっているつもりでしたが、なんというか、悔やまれてなりません…誰に対してなのか、何に対してなのかわからないけど、ただただ「ごめんなさい」っていう気持ちでいっぱいになります。生理のせいなのか、天気のせいなのか…でもこれって自然な気持ちですよね?


ちょっとブルーな内容で嫌な思いさせたかもしれませんが、今日は正直に書いてみました。きっとしばらくブログをアップしてなくて気にされている方もいるだろうなとか思ったりして。それに、みなさんのブログにお邪魔してなくて、コメントも残せなくて、気にはなっていたんだけど本当にごめんなさい。もっと元気な内容で久しぶりのブログをアップしたかったのですが、それをまっているうちに、2週間近くも経ってしまい、挙句の果てにはさえない内容えーん 


すみません・・・パンダ



とはいえ、いろいろ新しい挑戦もしているので、順々にまた紹介していきますね。みんなに報告&紹介しなければならないこと山ほどあるんです。



今は凹んでいるけどあきらめない!! しばらくは、のんびりペースになるかもしれないけど、これからも応援よろしくお願いしますbikkuri01










ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


kao04今日は担当医のY先生は学会でお休み。始めてもう一人の女医のK先生に排卵の確認をしてもらいにCLクリニックへ行ってきました。テキパキとした先生でやはり女性なので話しやすいような気もしました。


女性: 「さっそくエコーで診察しましょう。排卵の確認していきますね。」
panda:「よろしくお願いします」

(エコーの画面をみるとなんと!いつものより比較にならないくらい新しくて画像がはっきりしているキラキラ(オレンジ)

女性: 「左の卵胞きれいに排卵していますね。卵巣の中に卵胞からの水がまんべんなくたまっていますよ。ちゃんと排卵しています。」
panda:「(へーそんなことになってるんだと今までの説明と違うので新鮮に思いながら)はーい。」
女性: 「内膜はきれいに成長していますね。いい感じいい感じ。状態いいですよ。えーっと9mmですね。」
panda:「(なんと、エコーの画像が本当にはっきり見えるのでびっくり。はっきりくっきり三層構造になってる←まさしくオバケのQ太郎のくちびるそっくりQです。これがあの木の葉状っていうやつなんだと思いつつも少し薄かったのでガッカリして)いつもより薄いですが・・・」
女性: 「そんなことないわよ。エコーは多少の誤差もあるし、それに、きれいに成長しているから何も心配しなくていいですよ。十分な厚さです。」
panda:「そうなんですね。ありがとうございます。」



内膜は前月の同時期に比べると3㎜も!薄くなっていましたが、ま、前回が厚かっただけで、こんなものでしょう苦笑い 妊娠したときも10mm弱だったような記憶が…

もちろん定説通り、厚い方が妊娠率は上がり流産率も下がるようですが、内膜の厚さだけが正常な妊娠の条件ではないと先生は不安そうな私に説明してくれました。慰めてくれてありがとう…涙


それにしても産婦人科の先生たちは、思いやりを持ってか持たずか、今まで機会があるごとに内膜のこと気にして質問しても、みんな口をそろえて、●㎜あれば十分だというけど、本当だろうか??それとも私のあったお医者さんだけ??さすがに流産直後、何度目かの排卵日近辺で6㎜だったか7㎜だったかのときはY先生に「内膜も厚くならんしね…」と絶句されたことがあったけど、どういう風な判断基準なんだろうか…一日数十枚もの内膜のエコー画像を見ている先生たちだから、きっと、なんかエコー見て判断してるんだろうけどさ。


いずれにせよ、今回の内膜も大きな問題とはされず(笑)予定通り3度目の移殖を月曜日に行うことになりました。


体調は過去1年をさかのぼっても引けを取らないくらい絶好調上な私ですが、卵のグレードもこれまでのものより良くないし、内膜もいつもよりは薄めだし期待は薄いですが、何事も前向きに!元気だけでも磨きをかけて移殖に挑みたいと思いますbikkuri01






ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ




またまた通院。排卵日が近いということで、頻繁に卵胞チェックです。本当に左からの排卵なのか気にしてましたが、やはり左の卵巣からの排卵のようでした祝 一安心です。


2~3日前から頸管粘液が増え、昨日は20センチ~30センチまで伸びる勢いのいい(?)状態で、もしや排卵終わったのではと思っていましたが、今日のエコーでは18ミリ。これまでの私の平均的な排卵日の卵胞の大きさを思うとやや小さめです。でも、先生は排卵と卵胞の大きさについてこんなこと言ってました。
良質の卵は18mm~20mm前後で排卵する。
全くダメというわけではないが、25mmを超えるとなると卵の質がやや劣る傾向にある。
肥大化した卵胞は空砲であることも多く卵巣機能の低下/老化が原因と考えられる。



へー知らなかった。私はだいたい23~25mmで排卵していることが多かったのですが、ぎりぎりOKのラインだったんですね。前回は21mmだったかな?以前より小さい大きさで排卵しています。もちろん、質がいいかどうかは断定できないし、これだけで判断はできませんが、残存卵胞に悩んでいた頃があったので、すこし身につまされる思いでした泣




今日の内膜は8mm。だいたいいつも18mm程度の卵胞のときは8mm程度。ま、いつも通りという感じです。排卵日には10mm程度というのが私の平均です。ぎりぎり10mmで特に厚くもなく薄くもありません。内膜に関しては、10mm程度あればOK。くっきりと木の葉状になっている内膜が着床しやすいそうです。薄すぎては困りますが、木の葉状になっていることも重要で、厚いだけでは質がいいとは言えないらしいです。三層構造の木の葉状葉であることが質のいい内膜の証しだとかうふ



あと頸管粘液の話。頸管粘液はやはりしっかり粘りのあるものが十分に出ることが質の良い卵の条件のようです。ホルモンバランスが整い、卵巣がよく働いてくれているときは頸管粘液も適切なタイミングで分泌されるようです。排卵日頃に20~30㎝の伸びがある粘液が良質だそうです。これがしっかり分泌されている状態に体調を持っていくことも体調管理にのいい目安になります。もちろん妊娠前は当然のようにこうしたおりものが出ていましたが、残存卵胞がある頃は量もすくなく、伸びもよくありませんでした。先月あたりから以前と同じようなものに変わってきて状態がよくなったな~と思っていましたが、今月もさらに状態のいいおりものになってきました。このまま、これが維持できればと思っています。



(卵胞の大きさ、内膜の厚さ、頸管粘液の条件がそろうと、もちろん基礎体温もきれいに2相に分かれ、高温期も14~16日間きっちりと維持できるように結果的になるようです。結局一つだけが調子いいということはなく、どれもつながっているんですよね~)



そして、肝腎の今周期の移植ですが、結論からいうとすることにしましたキラキラ(ピンク)




毎回、複数個解凍して一つしか戻さないので、キャンセル覚悟で一つずつ解凍して戻すことは可能か聞いてみたんですが、先生の回答は明快でした。

①可能だけどもちろんキャンセルすることになるリスクはある。
②凍結している場合、グレードのいいものから使っているので、今回の卵は採卵した中ではグレードの低い卵であるということから、これまでの移植で解凍してきた卵の中に、使用したもの以外で再凍結できるレベルの卵がなかったことを考えると、今回の残りの2つに再凍結できるグレードのものがあるとは考えにくく、2つとも解凍することが妥当な判断であること。
③質の良くない卵をいくら移植しても結果はでない。質のよい卵を移植することが成功の鍵!
④効率を考えると、残った(グレードの低めの)卵で時間をかけて挑戦するよりも、さくっと移植して、だめなら採卵周期にはいることのほうが合理的であること。
⑤もちろん、解凍してよい卵であれば再凍結はするので無駄にはしてないよ。


ということでした。聞いて迷いも吹っ飛び、2つ解凍してもらい移植することにしました。私の悩むことくらい想定済みだったんですね。でも、質問して無駄にしてるのではという気負いもなくなり、すっきり挑戦できる気分になりましたアップ


左の卵巣も目覚めたところで、すっきりした気持で採卵周期に入れるし、それはそれでよいかなと思えるようになってきました笑い。もちろん、まだ、移植もおわってないので、そんなこと考えるのは早いですがね汗とか


明後日が排卵確認予定です。すっきり排卵して、内膜ももう少し厚くなってくれていることを願って、お散歩にヨガにぽかぽか作戦で追い込んでいこうと思います!







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ





大げさなタイトル付けてすみません汗; でも私にはそれくらいびっくりする出来事だったので思わず大げさになってしまいましたbikkuri01




移殖すべきかしないべきか、先日のブログに書いてたように最近ちょっと悩んでいたもので…



その後、移殖をするという前提で、卵胞のチェックに病院に行ってきたんです。予定ではそろそろ排卵前です。右からの排卵続いてるし止めようかな、でも、それもなんだか違うような…とか思いながら、Y先生には移植のことも含めどんなふうに相談しようかちょっと悩みつつ診察室に入りました。

医者 「そろそろ排卵のはずやし、卵胞見てから話しましょう」

(内診室に入って診察・エコーを見ながら)
医者 「はい、内膜ね。7㎜ね。」 
panda (???????? 前回も7㎜って言ってたよね…ヤバい!厚くなってない…)
医者 「はい、右側の卵巣ね。ん?空っぽだね」
panda (空っぽ?右にあったはずだよね?聞き間違ったかな??)
医者 「はい、左側の卵巣ね。あっ、あったね。15㎜×13㎜だね」
panda (あんまり大きくなってないというか、同じ大きさ???それに今、先生、左っていったよね?左?うっそ~)
医者 「うん、右は空っぽね。左もちょっと大きくなっただけだね。内膜は7㎜。卵胞もまだ小さいし、この3~4日はまだ排卵せんね。」



ということで、なんと主席卵胞は左側にあるみたいなんです!! 前回は確かにまだまだ卵胞小さくて、そのなかでかろうじて大きかった右側の卵胞が排卵するのではという予測を立てられた上で、一応内膜と卵胞を計測してくれたんですが、今回のエコーでは、複数個あった他の卵胞は消え、主席卵胞がどれかはっきりして成長していたんですが、どこで逆転したのか、左の卵巣に主席卵胞があらわれた模様!


もし本当なら私にとってはミラクルですキラキラ(ピンク)


あまりにびっくりして先生に左ですよねって聞きなおせないくらいに言葉を失ってしまったのですが、帰り道で、もしや言い間違えただけなのかな?でもエコー見ながらしゃべってたし、右と左を間違えるような状況でもなかったしな…映像を目の前に機械を操作しながら話してたし。それとも私が聞き間違えた??なんて思うと、そわそわしてきて、旦那くんに状況を説明したら「先生は毎日何十人も患者さんをエコーを使って診察してんねんから、もう、手となり体の一部みたいなもんやで~右と左を間違えることはないって。状況からしてそれは限りなくありえへんで。」という回答。そうだよね…そうあってほしいbikkuri01


ということで、先生の思い違い・私の聞き違いでなければ、左の卵巣がちゃんと活動しはじめてくれたようです笑い。 真実だとすると本当にうれしい限りで、迷いなく移植に進めます。何といっても体調の回復なかで最大の懸案事項でしたから。


ただ、前回みなさんからコメントいただいて、なんだか、あんまり気にし過ぎるのも、かえってストレスになりあんまり良くないかもって思い始めていたんですけどね。片側からだけの排卵=不妊ってわけでは決してないようなので。なんでもマイナス思考に傾くとよくないから。



まぁ、近々再度の卵胞のチェックにまた病院に行きますが、そのときもう一度Y先生に左からの排卵であることを一応確認しようと思います。うふ



ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ







 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。