スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3か月ほどのお休み期間経て明日からクリニック再開。診察初日を前になんか感慨深くなっています…困りパンダハート女心と秋の空紅葉したモミジバフウの葉02(白い背景付き) †SbWebs† おセンチモードでぼんやり考えておりまする。


子供がほしーなーと思いつつも、安定のないドタバタの20代を過ごし、結婚したのは33歳。子供はずっとほしいと思っていたけど、結婚も遅かったし、仕事も忙しく、挙句のはてに結婚して数年後大病を患って、本格的に子作り思った時は早38歳(笑) 子供ほしーねーって言い出してから5年経ってました。運よく不妊治療初めてすぐにすし太郎を授かったのですが、18週で流産というか早産というか…。すし太郎はぱんだぱぱそっくりの元気な男の子でした男


子宮頸管無力症で、元気にすくすく育ってくれている我が子をよそに、私の子宮頸管は重みに耐えれなくて、病院に運ばれた時には子宮口全開で胎胞(赤ちゃんの入った袋)がかなり膣内にはみ出している状態でした。18週ということで、自発呼吸するにはすし太郎の肺は未熟で、腕に抱かしてもらった時には亡くなっていました。



こわごわ顔を覗き込んでみると、お腹の子はまだ18週で宇宙人みたいな未知の存在だという思い込みい反して、なんとぱんだぱぱそっくりのかわいい男の子くり抜きハート1 目鼻立ちもはっきりしていて小さくてもすでにイッチョ前の人間!手足が長くて体型も顔もぱんだぱぱそっくり。爪や眉毛も生えていて、パパそっくりな「たれ眉毛」♪ただ、その眉間にはしわが深く刻まれていて、赤ちゃんには不相応な苦しそうな表情でした。きっと最後の瞬間は呼吸ができなくて苦しかったんだと思います。あまりに苦しそうで眉間のしわをなでてあげても、もとには戻りませんでした。ほんとうに苦しかっただろうなと思うと涙が止まらなくて、我が子にこんなつらい思いをさせてしまった思うと、自分の欠陥のある体が許せなくて情けなくて、ごめんねと謝る気持ちでいっぱいでした。


我が子に辛い思いをさせたくないという気持ちはきっと母性なんでしょうね。自分が死んでも助かってほしいと手術中は心から思っていました。お子さんを持っているお母さんだったらだれしもが抱く気持ちだと思います。


そんな私の横で、ぱんだぱぱは今まで見たことのないような笑顔で、まさしく目に入れても痛くないような表情を浮かべてすし太郎を私の手から抱き上げました。こんな愛情と喜びに満ちた顔はみたことないです。自分そっくりの顔をしたすし太郎を抱き「最後までよーがんばったな。生きるために一生懸命がんばったからこんな顔してんねんな。それでこそ男の子や!」と誇らしげに、そして、できる限りの言葉ですし太郎を褒めてあげていました。手術前に初めてエコーで元気に動き回っている我が子と対面し、開脚大股開きのすし太郎には立派な男の証が付いているのを確認し、飛び回ってよろこんでいたぱんだぱぱは、男として最後まで頑張った子供を誇らしく思い、そして、自分に似ている顔をみて、我が子という実感を初めて味わったんだと思います。そして、彼の子供に対する深くて強い愛情を感じました。




「俺そっくりやってんな。間違いなく俺の子やな!」そういいながら泣き笑いしている夫を見ていると、私もさっきまでの辛い気持だけではなく、喜びと悲しさの入り混じった不思議な気持ちになり、すし太郎と夫への愛おしさがこみ上げてきました。それから私たち夫婦はおもいっきりすし太郎を褒めてあげ、撫でてあげ、抱いてあげ、びとすぐにお別れしなければならない悲しみをよそに、人生で初めて我が子に対面できた喜びをできるだけすし太郎と親子3人で分かち合いましたパンダダブルハートパンダ


このとき3人で過ごした愛情いっぱいの時間は、私にとっては何よりの人生の宝物ですキラキラYそして、この時夫が見せてくれた子供への深い愛情が今でも私の不妊治療を支えてくれる大きな力となっています。できることなら、もう一度、夫に我が子を抱かせてあげたいな…そう思うと、まだまだ不妊治療はあきらめられないな~







絵文字名を入力してください妊娠&出産までまだまだ諦めずに頑張ります★
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
まず早速ですが仕事今日でやめましたコメントでちらほら言ってましたが、本当にありえない会社でした。短かったけど、友達に相談すると10人中10人が目を丸くして辞めた方がいい!という始末。うちの旦那も辞めることに大賛成…そんな職場やはり止めた方がいいですよね。どこをとっても私にはプラス要素がないので迷いはなかったです。それにしても、面接でそんなことも見抜けなった自分が情けない…パンダ




この職場ネタ。数々の変な出来事をあげればきりがないのですが、まずは笑い話を一席 座布団お茶笑 ありえない会社ルールを紹介します。


その1 ポストイットは正社員以外は使用禁止。
その2 修正テープも正社員以外は使用禁止。止もう得ず必要なときは、断りをいれてから借りる。
その3 消耗文具品の管理を3人体制でしている。しかも1-3個単位で…
その4 消耗品の注文は1個単位で申請フォームに理由と目的を明記して提出。消しゴム一個でも。
その5 サーバーがない…なので、すべてメールで更新ドキュメントを送信して配布。
その6 家庭用のコードレス電話を使っているので、転送は、保留を押して走って転送(笑)


などなどその他無限・・・


書いててレベルの低さに泣けてきます汗とか 別にこれがメインの仕事ではないのですが、私自身があまりの衝撃に最初説明されたとき意味が分からなくて聞き直したくらいだったので書いちゃいました(笑) これだけでも相当ヤバいところだっていうのは察しがついたでしょ?



思い起こせば、あれは数週間前の出社初日。不吉なスタートでした。案内されて自分の机に行ってみるとガラクタと書類の山で机は埋まっていて、平らなスペースのない状態。そしてパソコンの配線は机の真ん中を横断して手前にたれていて、机の引き出しが開けれない。それをなんとか配線し直して引き出しも開けてみると、ぼろぼろのファイルや不用品が押し込まれているような状態で、初日は掃除から始まる始末しゅん これって新しい社員を受け入れる基本がなってないですよね?そして意地悪な上司の存在。マイペースな私はこういった人間関係のこと極めて疎いんですが、めずらしく苦痛でした。なんせ会社の基本的なこと(コピーの使い方とか転送の仕方とかトイレの場所とかものの置き場所とかそういう仕事をするために最初に知るべきこと)を全然教えてくれなかったり、聞いてもものすごく面倒そうに吐き捨てるように言われたりで途中で質問するのやめました。今でもトイレの場所以外は知りません(笑) ほんとびっくりですびっくり そして極め付けは仕事の内容や会社の業務体制があまりにもひどくて何かあっても責任を追い切れないし、休める人事体制ではないし、改善していくには非常勤の分際の私の出る幕はないし、しかもするとしてもこの上司と協力していかなくてはならないし、もうお手上げぱんだ絵文字名を入力してください 恐れをなした私は仕事開始2週間で早々に「他にも人を雇ったり業務の改善の予定があるか?」と経営者に直談判で聞いてみたら、ひとり抜けても完全に仕事をこなせる体制をとっていると言い張る経営者に絶句。これじゃー今より良くなることはないと見限ってしまいました。一事が万事で、ぐちゃぐちゃな机はぐちゃぐちゃな経営管理体制そのものでしたしょんぼり


ちょっと愚痴が長くなりましたが、ま、ここはやめて正解◎ でもやはり働くことはよいです。生活にメリハリもでるし、社会との関わりを仕事を通して持つというのは世界も広がりよいことだなって再認識です。それに気付かせてもらえただけよかったかなと思っています←無理やりの結論(笑)


私の仕事は専門技術職なんですが、この7年ほど自営で活動していました。夫の転勤に伴ってクライアントのいる東京から離れたけど、ネット環境が整っていれば継続できる内容なので、当初は頑張っていましたが、妊娠を機にこのまま子育てに入るものだと当時は思っていたのでスローダウンする方向性になっていき、心のどこかで子育て専念して仕事からは今後離れていくのかななんて思ってたんでしょうね。でも半年後には流産して体調も精神状態も最悪で、仕事のことはすっかり頭から飛んでいました。妊娠から数えると約2年のあいだ少しずつ仕事も減り、それでもずーっと仕事のことを後回しにしていて不妊治療で頭がいっぱい。不況の影響も大きくあり倒産した会社もあったりで東京のお客さんも完全に疎遠になり、営業活動をしていなかった私には新しいクライアントをいないので仕事がほぼなくなってしまいました。仕事のことを考える気力も体力も戻ってきた頃にはこの有様です泣きぱんだ後悔先に立たずとはことのことです。



ま、ここであきらめるのは簡単だけど、これも流産を経て得た教訓として、何事も将来的なビジョンをしっかりもって、その時にできること継続的にしていかないといけないと思っています。妊娠や子供も人生にとって大きいけど、仕事もかなりの比重を占めています。仕事じゃなくてもいいんだけど、家族以外の人間との関わりというか、社会とのつながりって言った方がいいかな?ボランティアでもなんでもいいんだけど、友達や家族以外の人と、自分ができることを通してのつながりというか。そいうのないとなんだか人生もったいないような気がします。長ーい間かけて構築してきた仕事でのつながりをほぼ全部失って、ゼロから始めるのは大変だけど、でも失ったものは仕方ない(笑)ここからまた頑張ろうと思っています。そして、万が一今度妊娠したら、できる範囲をちゃんと見極めて、でも将来的に再開できるように継続する方法をちゃんと探していかないと。


今は以前と同レベルの技術を取り戻すべく勉強し直して、そしてその技術が錆びつかないように努力して、仕事もできることから探して始めていきたいなとやる気に満ちている私でしたパンダにやり♪stereo頑張るぞ。おーっ。 いやーーー人生学ぶことだらけです(笑)


それにしても仕事辞めてすっきりさわやかGOOD みなさんも変な職場にはご用心電球





絵文字名を入力してください気持ちも新たにカテゴリー引っ越ししました★
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
いよいよ採卵も目前です。そんな中、悩むこともあったりして、自分の目標というか、すべきことを再確認。心がぶれると何事もうまくいかないような気がして…kao02 採卵前の夫婦のことちょっと書きます。独り言のようなブログなので時間ある方読んでくださいパンダ




会社が9月に倒産して以来未だに夫は失業中です。一生懸命探してくれていますがなかなかうまくいかない。そして、6か月の失業保険が不況対策として2か月延長されたのですがそれも終わりに近づき、そろそろ金銭的にも精神的にも追い込まれつつあります出費 だって、もう夏。一年近くが経とうとしてるんです。それは直接的に不妊治療にも影響してきます。だって不妊治療するにもお金が必要だし…で、最近めずらしく少し不安になって、やはり一度治療を中断して働きに出ようかなと。それにいつも前向きな夫が後ろの向きに思い悩む姿をみて、どこか自分もネガティブなムードに陥り悩むようになっていたんですよね困りパンダ 思うようにいかない再就職で悩む気持は理解しているつもりだったのですが、いつまでも後ろ向きに過去に執着する姿を見て、もう、そろそろそんな時期は終わっていいんじゃないだろうか?次に進まないといけないんじゃないだろうか?と私は思うようになっていて、ちょっと辛かったです。



でもなかなか言い出せない。というか、言っても聞く耳もってないと話にならないし、まだまだそんな次のステージに向かっていくような気持ちになれていない夫にそんなこと話しても喧嘩になるだけだし、ひたすら待っていました。そしたらもう8か月が経過…そろそろ私も電池切れです(笑) 最初は、年が明ければそろそろ前向きになるだろうと思いつつも、年末を迎え、新年が過ぎ、春が過ぎGWが過ぎ…一向に変わらない夫を見て、自分で気づいてほしかったけど、やはり言わないとだめだなと思い、電池が完全に切れる前に思い切って話を切り出しました。


「事が進まない=自分の目標が実現する可能性がゼロ」ではないよと、チャンスがまためぐって来るまで腐らないでいることが一番大事だよみたいなことを話してみました。本人一番つらいだろうから、この手のことは言う方も辛くて、分かったようなこといっても心に届かないし、喧嘩になるし、解決どころかこじれる可能性もあるので話しを切り出すまでずいぶん待ったけど、その甲斐あってかすごくよく分かってくれたようです。きっと彼もそれだけの時間を必要としたんでしょうね。仕事とはいえ、彼にとっては人生の夢。大きな夢を託してこれまで頑張ってきていたから。


話し合いの末、とりあえず今回採卵をして仮に働くにしてもそれから考えようということになりました。きっと不妊治療は彼にとっても希望の光で、今は子供を授かることが救いだと考えているみたいでした。私はもうあと1ヶ月で40歳を迎えるのですが「お金はいつでも稼げるけど、子供を授かるにはタイミングもあるので、今は生活きつくなっても継続できる限りは不妊治療を優先にして欲しい」と言われたときは、今は悩む前にすべきことがあるかなと思って、採卵前にぶれていた自分に気づき逆に悪いことしたなと反省。こんなときこそ、私もがんばらないといけないですよねナイス



話し合いの中で「長い間待たせてごめんな。心配させてごめんな」と「支えてくれてありがとう」を繰り返す夫パンダ肉球 頑張っても頑張ってもなかなか思うように思う方向に進んでいけないと思っていたけど、甘えていたのかもしれないと、意地をはっていただけかもしれないと。そして不妊治療を継続していくためにも「現実を受け入れてどんな仕事でも何でもするからお金のことは心配するな」とここ数か月の間にすっかり失っていた前向きな言葉をきいて、取り巻く状況はあんまり大きく変わっていないけど、なぜだかホッとした私でしたパンダダブルハート


結果はついても来るものなのでどういう結果に落ち着くのかは分からないけど、少なくとも可能性や希望を見失わずに頑張って進んでいこうとする気持ちをお互い持ち続けるということが夫にも私にもとても大切なような気がします。夫が自分の可能性をあきらめることなくポジティブに生きて行ってくれることが、私も自分の可能性をあきらめずに何度失敗しても頑張っていける大きな原動力になっているんですよねハート 


確かに倒産して失業して再就職も思うようにはいかず大変は大変だけど、そんな中でもこうして快適な家で食べるに困ることもなく夫婦仲良く暮らせていることがどれだけ恵まれているか。そして思うような仕事じゃないかもしれないけど、協力してくれて声をかけてくれる仕事仲間や友人がいることがどれだけ恵まれているかbikkuri01 可能性は無限にあるんだから、想像していたような展開ではなかったけど、だからといって可能性が断たれたわけでもなく、思い描いていた道から少し外れただけ。なら、外れた道からまたスタートして前に進んでいけばいいんだし、どこかで、その道はもとの道につながっているかもしれないし、もしかしたら、別のもっと面白くて楽しい道につながっているかもしれないし。でも不運だ不幸だと時のめぐりあわせばかりを責めて悲劇のヒロインになっても、過去にとらわれて執着するばかりで、未来の可能性からは遠のくばかりです。生きている限り、可能性のない人生なんてない。自分の望んでいた可能性じゃないかもしれないど、心をリセットしてきれいな目で見渡せばそこには思いがけない幸せの可能性があると本当に心から信じていますclover


夫は仕事探しで、私は赤ちゃん待ちで同じ様な境遇に立たされていて、試されていて、そして、お互いの前向きに取り組む姿があるからこそ頑張っていけるのかな?私もなかなか結果が出せなくてめげるときもあるけど、夫と同じく可能性を信じて自分で可能性をつぶすような自暴自棄にならないように気をつけないと。『明日は我が身』だか『反面教師』だか、人のことばかり言ってられない(笑)



「俺もがんばるから、お前も頑張ってくれ!!」


治療自体とはかけ離れたところで悩みましたが、やっぱり不妊治療は夫婦で取り組む治療だと再認識。夫のこの言葉で仕切りなおして採卵再挑戦です。少しでも良い結果になって夫の励みになれたらいいんですけどね♪なにはともあれ、がんばります。夫婦の面白くもない話を最後まで読んでくださってありがとうございますハート







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ

昨日はすし太郎の命日でした。3月31日です。突然のことで悲しい結果になったけれども私にとっては出産日。そして、この世には長く居れなかったけどすし太郎にとっては誕生日。こじつけかもしれないけど、死のイメージばかりが先立つ「命日」という言葉にあまりよい印象を持てない自分がいて、なのでちょっと無理やりな感じもするかなと思ったんですが敢えて「誕生日」と言わせて下さい汗とか 「祝いじゃ祝いじゃ祝酒じゃ酒じゃお酒無礼講じゃ~クラッカー」とはいきませんが、せめて、私たち夫婦のもとにやってきてくれたことにありがとうという感謝を示したいではありませんか!


しかしながら、私たち夫婦の間で、この日は特別な日だけど、特別には過ごさずにいようと決めました。仏事を行ったり拝みにいったりして特別にするのではなく、時間を大切に過ごそうということにしたんです。きっと何かと思いだしたり、振り返ったりする瞬間は必ずあるはずだから、一日をこれまで通りそして、これから通り過ごす中でそういう思いを心に大切に抱きながら普通の一日を特別に過ごそうとflower



分かったような分からないような話ですが…(笑)
パンダパンダは思い込み一発のタイプです肉球



きっとこれからも季節がめぐりこの日を迎えるたびに、すし太郎のこと、私たちの受けた宿命、我が子を失うという悲しさ、さみしさ、つらさ、理不尽なめぐり合わせへの憤りや後悔を繰り返し繰り返し味わっていくことになると思います。すし太郎はすし太郎であり、他の何物にも埋め合わせれる存在ではないです。天使ママさんや天使パパさんだけでなく、子供を持つ親なら誰しもが思うことではないでしょうか。これってすべてが短い命でも小さな命でもこれだけの意味と生命の重みがあるってことですよね?? そして、私たちに命をもってたくさんの喜びも運んできてくれた命です。そんな生命が誕生してきてくれたんだねって私たち夫婦のすし太郎への敬意を少しでも未来につながる形で大切にする日にしたかったんですが…ニコニコ。 横向きちょっと理屈をならべすぎですか?(笑)やっぱ屁理屈気味かも…パンダ




ともあれ、今日は一日、いつもどおり、でも、特別♪



朝はヨガに行って、何の縁だかこの日に会うことになった友だちのEちゃんとランチをし、急に思い立ってクリニックにいってY先生に診察(←明日詳しく話します!)してもらって、帰りの花屋ですしのお花を買って、ぱんだぱぱの好物のコロッケを作って、食後は採れたてよもぎの青汁(←明後日詳しく話します!)を飲んで(笑)…ふとすし太郎が思い出されるたびに、心を少しすし太郎に向けて、その時していることも違った角度で見えてきたり、その時感じていることも違った意味をもったり。ほんとうに充実の一日でしたダブルハート 


すし太郎が亡くなった次の日も人生は続き、こんな一日が過ぎても、明日は続き、人生は続きます。なんて今日のブログを終わりにしようとしたら頭の中にBGM(?)が流れてきました。ちょっとお決まりっぽくて恥ずかしいですが…パンダ汗とか  

音符川は流れてどこどこ行くの~人は流れてどこどこ行くの~音符by喜納昌吉 









花 ~すべての人の心に花を~by喜納昌吉



川は流れてどこどこ行くの
人も流れてどこどこ行くの
そんな流れがつくころには
花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

涙流れてどこどこ行くの
愛も流れてどこどこ行くの
そんな流れをこの胸に
花として 花として 迎えてあげたい
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

花は花として 笑いもできる
人は人として 涙も流す
それが自然の歌なのさ
こころのなかに こころのなかに 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


福岡の桜も満開桜 でも私には悲しい季節でもありますしょんぼり 満開の桜の下を通るとお骨になってしまったすし太郎を抱きかかえて斎場の桜の中を母と二人で途方にくれながら歩いていたことを思い出してしまうからです。



旦那くんは仕事の都合で大阪から福岡に戻っていて、母と二人で見送った静かな最後でした。火葬場の台車にすし太郎を置き最後は笑顔で見送ろうと心に決めていましたが、火の燃えたぎっている中に送り込むかと思うと居てもたってもいられなくなり結局は号泣してしまいました。2時間ほど待合室で無言のままぼーっと待っていましたが、呼ばれて真っ白なお骨になってしまったすし太郎をみて、自分のとても大切で温かい部分を失ってしまったような虚無感に襲われ、なんだかすべてが終わってしまったような気分でした。


雲ひとつない春爛漫の日。斎場は桜の花が咲き乱れていて、骨壺を胸に抱えながら母親と二人歩いて帰りました。歩くたびに、すし太郎のいたお腹の中がからっぽでカラカラと音がなっているような錯覚に苛まれて、歩くのがむなしかったのを良く覚えています涙



最近はすっかり悲しみからも回復して元気になったなんて自負していましたが、桜の季節の訪れとともに、今頃生きていたらそろそろ卒乳で離乳食食べだしたり、表情も出てきて可愛さも増すころだなとか、普段は思わないようなこと(というか思わないようにしていること)もついつい思ってしまいます。



やっぱりさみしいものです…涙




そんな春たけなわの今日、桜の咲き乱れる浄水通りという落ち着いた住宅街の一角ですし太郎が縁でお友達になったNさんとランチごはん すると思いがけないプレゼントを頂いたんです。それは、1歳の誕生日をお空で迎えるすし太郎へのプレゼントでしたflower


090328_1725~01
可愛いお花を抱きかかえた天使Brilliant


思いがけないプレゼントと最近の心境もあって思わず涙が…えーん本当にうれしかったです。今思うと人前ですし太郎の死を素直に受け止めて涙を流したのは初めてかもしれません。この一年、無我夢中でがむしゃらに新たな命を授かろうと前向きに前向きにと頑張ってきましたが、人前で泣く余裕もありませんでした。それに、可哀想と思われるのも辛くて、泣きたくなっても逆に笑ってたりして…無理していたんでしょうね(笑) 私の中では「ポジティブな無理」として必要なことだったと思います。だって、泣きだしたら止まらないし、どんどん後ろ向きな自分になっていく悪循環にはまらないように自分なりにできる最善の努力でしたから…心の中ではいつか無理なくポジティブになれると信じていましたがハート


すし太郎の命が縁で知り合いになれた天使ママ友達であり不妊治療の同志でもあるNさん。きっと私の心境をよーく分かってくれてたんだろうな~出会ったきっかけやお互いの境遇やこれまで一緒に過ごした時間やすし太郎のことやNさんの息子さんのことや、いろんなことが走馬灯のように頭の中を駆け巡り、そして、Nさんの思いやりいっぱいのすし太郎への贈り物に自然と涙があふれてきました。ようやく素直にすし太郎の死を受け止めれたんでしょうね。悲しみを素直に涙として流せたのですから。桜の花桜と一緒に私の心もほころんでくれたのかな?そして、少しは無理なくポジティブになれることに近づいたかな?(笑)



本当にありがとう音符 すし太郎が「僕のこと覚えていてくれてありがとう」って言うのが聞こえてきますパンダダブルハート





ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。