スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神にもすがる思いで電話した福岡のT鍼灸院のT先生。今でも勝手ながら私の心の恩人です。まさに足を向けて寝られない。お世話になりどおしです。そして、この先生のアドバイスが一人でも多くの人の役に立ちますように



ここからは当日のお話のまとめです 



<私の状況>

着床はしたようであること
ただし、移植後13日目のβHCG値が20と低いこと。
お臍の周りが硬いこと。

こうした状況から妊娠の継続が危ぶまれること。


<先生のアドバイス>妊娠の継続の可能性を上げるために、そして、万が一妊娠が継続しなくとも繋留流産にならないために今できることを教えてもらいました。


①通常、妊娠の初期には禁じての三陰交のお灸を3壮ずつすること
関元に間接灸か直接灸をして温める
臍を(間接灸などで)温める




これと同時に、足湯と腹巻を導入しました。



根本的なお腹の冷えはすぐには取れないでしょうが、この手当てをしている限りはお腹はぽかぽかです。
血流を良くしてあげて、細胞の成長や着床継続に必要な栄養素をしっかり送ってあげることが目的です。
万が一、卵側の理由で妊娠の継続が難しくとも、繋留流産にならないようにする目的もあります。これは、繋留流産になるとそうは手術など体に負担のある処置をしないといけなくなるからです。繋留流産は遺伝子の異常で妊娠の継続が難しくなる場合もありますが、冷えが原因ともいう説があります。近年、女性の食生活の変化で冷えが増え、繋留流産が増えているとも言われています。




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
出産して乳腺炎になるまでは母乳で育てる気満々だった私 しかも母乳によい食事は産後の肥立ちにもよいと聞き、どういう食べ物を食べればよい母乳が出るかなどなど散々調べに調べました。実は、出産前からこういう食事にすると妊娠中もトラブルなく赤ちゃんが元気にうまれるということで、妊娠中がんばってたんですが、おかげで元気ぴんぴんの赤ちゃんも生まれ、私の産後の肥立ちは驚異的によく、帝王切開にも関わらず次の日からすたすた歩ける回復力。それに安静の日々が続いたことやマッサージができない状態だったので担当の助産師さんからは母乳は出にくいかもねと言われていましたが、あふれるようにとはいかなかったけどなんとか出てくれました。



なのになのに~



生後2カ月と3カ月に続けざまに乳腺炎になってしまいました。あげく転勤の話も出てきたのでそれを機に母乳育児は断念しました。お菓子や乳製品や脂っこいもの食べたらおっぱい詰まるという話はよく聞きますが、お菓子や乳製品どころかそれ以上にいろいろ気をつけていたにもかかわらず、2度も恐怖の乳腺炎に…あれは辛かった。実際のところ、助産師さんに聞くと、ならない人は何食べてもならないし、なる人はなにを気をつけてもなるんですよねーなんて言われてがっかりしました。東洋医学の先生にも「あなたは体内の『腺』が細いから詰まるのよ。卵管も詰まってるでしょ?」なんて言われて愕然 だったら最初から言ってほしかったです。はい。 





でも、その母乳の知識、実はいろいろ役に立っています!!!! 




さきほどもちょっと言いましたが、母乳がよく出る食生活というのは産後の肥立ちにもよく、女性の体には悪いことなしのいいことだらけなんです。ほっ。無駄じゃなくよかった(笑) ではどういうのが母乳にいい食事なのか?簡単に言うと
体を温めるお野菜を中心に玄米で和食を頂くこと
です。冷えをとり不妊を改善し妊娠しやすい体質を作ることに直結しています。
もっと具体的に言うとこんな感じです。




①一日3回、少なくとも1回は味噌汁をのむ!
②季節の野菜を中心に体を温める根菜類、青菜をバランス良く
③適度にイモ類を頂く。これは、砂糖のような陰性の糖分への欲求を押さえてくれます。
④海藻をいっぱい食べる!
⑤酵素を含んだ野菜(長いもやねぎ)をたくさんいただく。
⑥少量の生野菜をたまに食べる(これも酵素を頂くため)
⑦冷たい飲み物を飲まない(自分の体温より低いものはなるべく口にしない)。
⑧乳製品、卵類、果物などは極力食べない
⑨豆類は体を冷やすので少量のみ。特に豆腐の食べ過ぎに注意(高野豆腐はOK)。植物性タンパク質は味噌汁を毎日飲んでいたら十分とれる。
⑩肉類も一回50g程度の少量を週に1-2度。そして、食べるときはその5倍の野菜を一緒に食べることで血液が酸性にかたよることを防ぐ
⑪砂糖は控える。取る時は少量の黒砂糖を。
⑫脂分の多い食品は控える(揚げ物、カレー、ラーメンなど)
⑬塩、醤油、味噌、みりん、酒などは本物の醸造された調味料を使う。
⑭添加物・刺激物などたくさん入った市販の食品や飲み物は控える。



ま、こんだけ頑張れば母乳も出るし体調もよくなるのは当然かもしれませんが(笑) 母乳をあげていなくても、普段からこんな食事にしたいものです。完璧にできなくても知っているだけで何食べようと迷った時に体に優しいものを選べるようになるというのが、長い目で見るととても大事なんじゃないかな~少しは良い方向に向かってくれるはず毎日毎日のことですからね!気長に楽しみながらやっていかないと。食生活の改善が地道で遠回りに見えるけど、二人目ちゃんに会える近道のような気がします



次回は、どうして母乳によいこのような食事が妊娠力UPにつながるのかをもーーーっと掘り下げて説明したいと思います。乞うご期待



応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
自然塩と小さなフライパンやお鍋があればいつでもできるお手軽な湿布です。とくに、冷えをとったり、冷えからくる痛みにはよく効きます。塩は陽性で焼くとなお陽性になり陰に偏った冷えから来る痛みにはよく効きます。


私は塩温石は知っていたのですが、それを生理3日目にするとよいということをブロともさんの記事で知り、以来実践しています。生理中にすると、お腹の違和感がすっきりとれ、腰の痛みや冷えがすーっとひく感じがします。私は尾てい骨の周辺にこぶし二つ分ぐらいの大きさに準備した塩温石をおいて温めています。ここには卵胞期によいツボがあり、また、子宮を温めるには背中側の方からのほうがよく温まります。お腹からよりお尻からのほうが子宮までの距離が短いからだそうです。


参考までに、私はお腹の臍下から恥骨にかけての直線状にある関門というツボもにんにくやしょうがの温灸もしています。


<塩温石のやり方>
①フライんパンなどに500g(二つかみぐらい)の海塩(天然塩)を入れ、弱火で10分ほど炒ります。だんだん色がかわってくるころが止め時。その時にはかなり熱くなっているので注意してください。
②和紙などの厚手の紙に焼いた塩をのせ、さらにタオルでくるみ、好みの温度に調整します。ここで直接タオルや布にのせると焦げます。ほんとうに熱いので。私は本当はインクの成分など体によくないのかもしれなけど、新聞紙使ったりしています。
③痛いところや冷えているなと思うところに乗せる。腹痛、下痢、冷えた時などに有効です。手当てで使った塩は、6~7回使えます。




ぜひ試してみてくださいね!





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村




久しぶりに鍼灸院に行ってきました。不妊治療の中でこれまで陽の気で支えてくれた鍼灸院の先生ですが、とりあえずここまでこぎつけたこと自分のことのように喜んでくださって、私の根拠のない不安を一掃してくれるほどのテンションの高さあっぷあっぷあっぷ ありがたや~ありがたや~パンダ 「ここからは赤ちゃんの生命力。でも、命が芽生える邪魔はせず、手助けしてあげるようにしていかないとね!」と先生。で、冷えが心配だし、最近なんかお腹張っているような感じ、あと極々軽いツワリのような食欲の不振と胸やけ??を訴えてみました。まだまだ不安定なこの時期でも使えて効果のあるツボ教えてもらってきましたパンダ




またまた頑張ってお灸せねば!!






つぼ1 漏谷 刺激の強すぎて子宮の血行が良くなりすぎる恐れのある三陰交に代わって、冷えを解消するツボ。すねの内側で、くるぶしと膝を結んだ真ん中にあります。冷えを解消することで子宮の中の血流を程よくして、赤ちゃんの居心地のよい環境をつくってあげます。

つぼ2 足三里 胃腸を整え便秘や足のむくみを解消。すねに沿って上の方にあり、くぼんだ所です。膝のお皿の外側、左斜め下になります。赤ちゃんの成長に必要な栄養をしっかり吸収し、赤ちゃんに提供するためにも胃腸が元気であるほうがよいのだとか。

つぼ3 内関 ツワリに効くツボです。乗り物酔いにも使われているツボらしく、手首の関節のひだから肘の方へ約4~5センチのところで2本の筋の真ん中です。


naikan.jpg
内関のツボです


あと適度に運動することを勧められました。ウォーキングとかお散歩とか。激しい運動は止めた方がいいし、私もヨガは中断しています。でもじっとしていると血行もわるくなるので、出血などの緊急事態以外はごくごく普通に♪胃腸にもその方がよいしね。こうして、からだつくってあげてあげれば、繋留流産の予防にもなるようです。赤ちゃん側の染色体異常という原因だけでなく、ストレスや冷えなどが原因で血流がわるくなったりして繋留流産になることもあるらしいのです。子宮組織の代謝が悪く、良い胎盤ができないために、胎児への血液供給がうまくいかず、胎児が育ちにくいのではないかということらしい。




うーーー怖いです…





明日からもっと歩くぞ~!!!






絵文字名を入力してください妊娠&出産までまだまだ諦めずに頑張ります★
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村


先日ぎっくり腰になったのを機に、以前から気になっていたリンパマッサージの先生に診てもらいました。マッサージの先生というよりも、食事も指導し体質改善を根本的にお手伝いしてくれる熱い先生で、ずっと見てもらっている友人の話を聞く限り、私がずっと勉強させてもらっている自然食運動の指導者の先生方や健康法をもっともっと詳しく突き詰められているような印象をもったので、方向性は同じと思って思いきって見てもらったんです。そして、衝撃の事実を突き付けられました



なんと豆腐で体が冷えきっているそうですぱんだ



ほぼベジになって約15年。途中、まったくお砂糖も卵も乳製品もなにもとらないベジタリアンであったこともあって、蛋白源はもっぱら豆腐や豆類。そしてそれは健康にいいと思ってたのもあったし、好きだったのもあったし、毎日何らかの形で少しは食べていました。でもそこが落とし穴だったんです。




ベジタリアンは体が冷えやすくなるので、バランスを保つために梅干しやみそ、そして、自然塩からしっかり塩分をとり、カフェインや砂糖、唐辛子など体を冷やす刺激物や果物は極力避ける、そして玄米中心に根菜をしっかり取るといのが鉄則です。肉食から草食に代わって最初の数年はみなさんすごく体調がいい。でも長年食事も気をつけベジタリアンでいるのに体を壊すということがよくあるようなのですが、これは最初の数年は、肉食の体質には体を冷やす物をとってもさほどこたえない。陽性の体質の貯金があるからです。でもある時点で、その貯金がなくなると、体は逆に陰性の冷える体質に変わっていくわけです。


最近は体の調子もよいと思い込んでいたので、適度にスイーツや刺激物もとっていたのは事実です。でも、先生によると週に1-2度とるくらいでこんなに冷えないよと言われました。でも確かにぎっくり腰になる前は、やたら手足が冷えるなと思っていたところで、足湯を頻繁にしていました。なので冷えてたのは事実なんです…あーあ。では、最大の原因は?




実は豆腐や豆類にあったんですおちこみおちこみ




そして豆腐がどれくらい体を冷やすかというとバナナの3倍程度ですばなな こんな説明ぴんとこないかもしれませんが、基本的には熱い国や場所でとれるものというのは体を冷やす性質を持っています。熱帯のフィリピンやタイでとれるバナナというのは本当に体を冷やすんです(なので、たとえば、りんごりんごなど青森でとれますよね。体を冷やすという点ではバナナより体に優しい食べモノなんですよハート) 栄養学的にいうと、カリウムを多く含んでいる食品が体を冷やし性質を持っています。なのでバナナも高カリウム食品、そして大豆製品も高カリウム食品です。豆類が体を冷やすのは知ってましたが、あんなに体を冷やすと思って一年に数度も食べなかったバナナの3倍も体を冷やすものを私はほぼ毎日食べていたかと思うと背筋に悪寒が…



もちろん、肉も食べてバランス良く食べていればこんなことにはならないし、豆腐が悪いわけではないんですよ。おいしいしイソフラボンたっぷりだし…ようは食べ方です。何事もバランス良くというのが鉄則ですね。はい。肉の食べ過ぎも違った問題を引き起こすし。ちなみに、先生曰く、豆腐も健康な人でもせいぜい週に1-2回がマックスだと言ってましたアップロードファイル



わたしはただ今食生活改善と食習慣見直しのために食日誌なるものつけ始めました。どうすれば体が喜んでくれるか、自分の知らず知らずの癖や長年ベジタリアンしているうちにどこか手抜きがあったい漫然と頭で食べていたというか、問題をしっかり洗いだすのにいろいろ試行錯誤中です。そして、ぎっくり腰から1週間、いろいろ試していますが、少しばかり成果が出てきているような兆しもあっぷ 詳しくはいろいろ試して成果を具体的にまたブログで紹介しますね。パンダ♪



豆腐や豆乳は本当に体を冷やすので、低体温の人や冷え症の方、それに、風邪をひいたりぎっくり腰になった時は絶対に豆腐類、特に豆乳は控えた方がいいですよ!!!!by経験者談 (笑)








絵文字名を入力してください妊娠&出産までまだまだ諦めずに頑張ります★
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。