スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日もちょこっと触れたように、判定日というよりは今後のお話をしっかりにしに行こうという意気込みで行ってきた判定日。なんとなくしくしくするようなお腹に大きな期待はしていませんでしたが、予想どおりの結果。



きれいさっぱり陰性




陰性と聞くやいなや、用意してきたメモを片手に先生に必要な質問ばんばん浴びせかけてきました。質問の内容も、今後の自分たちのモチベーションをあげるためのようなものばかりで不躾な質問ばっかりですが、こんな感じでした




質問1 まず、単刀直入に「いつも見た目のグレードはいいけど、分割のスピードが今いちです。見た目だけではなく全体的な質を考慮して、排卵誘発方法や、アンタゴニスト(セトロタイド)があってないのでは?アンタゴにたいしてネット上や不妊治療を受けられた方々のあいだでも賛否両論もあるよですが、実際臨床されている専門家の先生からみてどうですか?
おそらく、アンタゴニストが導入されたころ使い方のわからない医者が間違って使用したことで、移植後すぐに生理がきたりといろいろなトラブルがあったのは事実で、それに付随する悪い印象や噂がたっているのではないでしょうか?今は正しく使えば、OHSSの危険性も低く安全なお薬だと思っています。まだ化学流産までしか結果が出てませんが、一応陽性反応がでているということから合っていないとは言えないと思います。また、使わないとなると排卵のリスクがかなり高くなり、毎月が大切なチャンスとなる高齢の不妊治療には向いていないと思っています。


質問2 これまで3回採卵してきているけど、先生の経験値から見て、どの誘発方法が合ってるのか?
D3の状態をみて毎回誘発方法を決めているので、どの周期にも当てはまるかどうかはわかりませんが、発育の個数が4個でつぶが揃って発育したことや、陽性の結果がでたということからも2回目の誘発方法が一番あっているように思います。今の年齢を考えると、ショート法やロング法では結果はでないのでは?ちなみに、二子を妊娠している出産以前の誘発方法はショート法のみでした。なので、ショート法で結果が出ているので、よりそれに近い誘発方法にしてみようというのが2回目の先生の意図でした。


■これまでの誘発方法■
1回目:クロミッドを最初に服用後、フォリスチムで刺激+セトロタイド(クロミッドベースのアンタゴニスト)
2回目:フェリングで刺激+セトロタイド(ショート法に近いアンタゴニスト)
3回目:完全自然周期でセトロタイドのみ



質問3 まず、単刀直入に「では、最後に、まだ結果は出てませんが、これまでの採卵から卵の質等考慮してトライする価値はあるんでしょうか?一応1年ほどは根気よくトライしようと思っていますが…」
ほんと馬鹿な質問です(笑)こんな直球でどうしようもない質問、されても困るはずですが、先生は嫌がらずにしっかり答えてくれました。年齢要因はどうしようもないですが、実際のクリニックの実績として、最高齢で45歳で採卵からスタートされて卒業~出産された方がいます。そして44歳だと何人もの方が妊娠し出産されている。なので、43歳のぱんだままさんにとってはその辺を考慮されて決められればいいのでは?と。一応精子も卵子も良好な状態で、ある程度染色体異常は年齢要因として増えてくるのは事実。でも、妊娠の見込みは少なくともないわけではないので、あたりの卵に出会うまで根気強くやっていくしかないでしょうね。私としては、かなり正直な意見をもらえたところで、先生に対する信頼度がグッと上がりました。



私は実は、転勤で転院を余儀なくされた口で、不満があって転院してきたわけではなく、実は、医師との信頼という言う意味では、ようやくここに来て、このクリニックでやっていきたいという積極的なおまかせする意識が出てきたのが正直なところ。今回の質問にいろいろ答えてくださって、一応私なりに納得して帰ってきて、次周期もこのまま前向きに突入できると再確認。実はこれが一番大きな収穫でした


うちの娘も、診察室を出がけに先生に「またねぇ~」と言って大手を振っていました(笑)いつもにっこりしてくれる先生を好きになったみたい。先生、親子共々これからもよろしくお願いします



まずは、いい生理!お灸してゆっくり体休めます!!!


応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
週明けの月曜日は、判定日。ここまで長いような短いような・・・




プラノバールを採卵後服用してたんですが、初日ははじめて薬の副作用でダウン。便器がお友達で服用初日は半日大変な思いをして過ごしました。翌日、病院へ行った頃には体も薬に慣れてきたようで、様子を見ようということになり、結局は最後まで飲むことになりそうで、大きな副作用も以来なくここまできましたが、プラノバールって強いお薬なんだなーとびっくりしました

薬のせいで、相変わらず体温は上昇、胸ははるし、なんだかちょっと眠かったり、これじゃ妊娠初期じゃないか!みたいな状態で、まったく、薬のおかげで妊娠してるかどうか想像する楽しみさえもてない でも、生理予定日の今日あたりからいつもの生理前のしくしくするような痛みやだるさ、そして、なぜか昨日から瀕便(笑)が始まり、今日に至っては下痢・・・





あんまり妊娠している感じではなさそです




でも、もうすでに次の周期に向けて、やる気をぱんだぱぱと再確認した私。ぱんだぱぱも転職が決まり、ストレスフリーな状態で、かつ、7月はちょっとのんびりする時間もあるので、前回の失態から名誉回復すべくがんばって禁煙して体調ばっちり整えてくれそうだし、私も育児を手伝ってもらってちょっと楽チンしながら治療に専念しようかと、判定日を迎える前に、すでにやる気まんまんです



今回妊娠しなくても、大丈夫。妊娠するまでやり続ける!と決めたら、なぜだか心は晴れ、気合入れ直したらなぜか無償に前向きになった私たち。以前、ホンダソウイチロウ氏(←バイクのホンダの創業者)の言葉に、「私は負けない。なぜなら、勝つまでやるからだ」というのがあって、すげーと感心したことがありましたが、それです!!「私に不妊はない。なぜなら妊娠するまでやり続けるからだ。」


多少能天気くらいが不妊治療にはちょうどいい。今回は望み低そうですが、7月の採卵に向けて、次回の治療方針についてや、そのほか気になる質問しっかり考えていこうと。多少、今回の通院の目的がすり替わっているけど、梅雨空にも負けず、月曜行ってきます。結果報告お待ちください!








応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
朝からバタバタの今日で、移植のことも半ばわすれてるくらい。13時に分割の確認の電話することを思いだし、慌てて電話。分割はゆっくりながら進んでいるので出来るとのこと…


でも3日目の朝で4分割のG1




遅いよ~



多少はそういう事態を想定していたのですっごいびっくりするということもなかったんですが、やはり成長スピードが遅いと見込みが低いとすぐに思ってしまいます。でも、ほかの卵あるわけでもないし、取れるだけありがたい、戻せる卵があるだけありがたい、という感じで出発。これを破棄してくださいという勇気の方がなかったというのが正直な気持ちですが… とりあえずできるものはしておくか!!




15時30分からの移植の時点でも、やはりG1の4分割であることには変化なく、院長先生も「ちょっと遅めだけど、綺麗な卵なんで大丈夫ですよ~」と励ましてくれながら移植は終了。施術台で15分休憩している時に、培養士さんからの説明と質問タイムです。



質問1 
分割が朝から進んでないけど生きてるんですか?→死んだら外のカラの部分がこわれたりゴミのような感じになるのでしっかり綺麗な輪郭をもっているのは生きている証です、と。一応生きているのでよかったです。8分割くらいまではじーーーっとしてて、急にぱこっと分割の割球が増えるらしいです。分割スピードはまちまちらしく一定ではない上に、個人差もあるそうです。でもね、移植する側としては3日目な6-8分割あたりになっててほしいものです。




質問2 
3日目4分割の初期胚の着床率とはどれくらいなんですか?→数字ははっきりと出してはいないけど、ちがう答え方をすると、8分割ですごくグレードのいい胚でも妊娠しないこともあれば、4分割でグレードが低めでも妊娠することもあるので、妊娠する可能性はあると考えてください、と。よくできた答えです。ただ、病院としては、2分割のままのものは培養をして判断してから移植する方針のようで、2日目で4分割以上が移植の最低条件のようです。




見た目は確かにフラグメントもなく綺麗な卵でしたが、分割スピードも卵の質を表す大きな要因。いつもグレードはいいけど、スピードがイマイチです。前回は化学流産で終わったけど、確かに3日目で8分割とスピードも見た目を順調でした。どんでん返しがお腹のなかで起きてくれること祈ります。いずれにせよ、戻してしまったんだから、あとは信じて冷やさないように気楽に過ごすくらいしかないですね。



判定は2週間後。また、結果がでたらお知らせしますね~。







応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
朝からの雨の関東地方 それでも元気なのが2歳の娘。そして、実は病院に通っていた先週は娘は胃腸炎で下痢P それでも元気なのがうちの娘…食べるは暴れるは、エネルギーは有り余っている。元気なのはいいことなんですけどね。今日も朝から雨の中レインコートに長靴で2時間のお散歩 帰ってくるころには12時で、受精確認の時間。お腹すいて喚く娘に胃腸炎対策のパンプキンポタージュあげながら、受精の確認となりました。



ふうううう




パンプキンスープ貪る娘を横目に、電話すると、無事に正常受精が確認されたと報告を受けました!!今のところ問題はありませんとのことです。



よかったーーー



次は、月曜日の午後に分割確認して、その後すぐに3日目初期胚の移植予定です。
ぱんだぱぱの精子の異変騒動もありましたが、一応無事にふりかけで正常受精できたようでほっとしました。



どうにか、移植までこぎつけますように





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村



43歳目前男子のぱんだぱぱ 私と同じく高齢です。


不景気な経済状況の中をストレスいっぱいで毎日せっせと働きながら、帰ってきたら暴れん坊娘の世話に、口うるさいぱんだままの相手。そりゃ、さらにストレスも倍増で疲れるか…(笑)職場環境がよくなくて、転職も8月にようやく決まりほっとしたものの、多少はこれまでのストレスが影響しているのかと思い同情したいムードでしたが、なんとほんとうの原因はたばこのようです 




なにやっってんねん!!!





確かに、ストレスのせいでタバコで憂さも晴らしたくなるんでしょうが、でも不妊治療の結果に影響してくるとなると、こちらもちょいと見逃せない 自分ではストレスといってますが、培養士さんの話ではなによりも悪影響与えるのは喫煙とのこと。最近、たばこの臭いが気になる日もあったので、きっとそちらが原因と踏んでいます。





培養士さん:「一応ぎりぎり基準はクリアーしているので、今回は体外で行きますね」
ぱんだまま:「ぎりぎり?今までそんなことなかったんですが…」
培養士さん:「精製後の数値がこんな感じなんですよ(といって、データを見せてもらう)」
ぱんだまま:「前回より悪いんですか?これまでずっと体外だったんで。レスキュー顕微ではなく最初から顕微にしたほうが安全ですか?」
培養士さん:「これまでの実績がいいので、大丈夫だと思います。いい動きはしているので。もし前回がレスキューとか顕微だったら、それも視野にいれますが、一応、体外で受精されているし、大丈夫じゃないでしょうか。」
ぱんだまま:「そうですか。」
培養士さん:「精製後(元気な精子を集めて、濃縮した状態)の濃度が確かに基準値のギリギリであるものの、それぞれしっかりいい動きしているみたいなので大丈夫とは思うんですが。タイミングを重視してはじめから顕微にするメリットもありますが、卵に針をさすということはそれ自体ダメージになるにはなります。できることなら、体外で自然に受精したほうがいいですから。たしかに、受精しなくて、レスキューにしたときの時間差がデメリットになる可能性もありますが、今の状態から判断すると体外をまずする方が賢明です。」
ぱんだまま:「では、お任せします。よろしくお願いしまーす」



と、採卵後、こんな感じの説明を受けました。


帰宅後、前回のデータを見比べましたが、やはりかなり悪くなっていました。採精直後のいわゆる生の精子の状態(運動率、濃度、直進運動率、奇形率など)は日々の生活で多少影響されるようです。結果が毎回前後しても、要は、最終的にその精製後の状態(動けるいい精子の濃度)がよければそれでいいみたいです。


ぱんだぱぱ痛恨の採精結果

前回の精製後:4300×10の4乗/ml
今回の精製後:1000×10の4乗/ml



ちょっとうる覚えではっきりしませんが、確か直進運動率や奇形率は改善されていたような…ま、卵と違って、一つというわけではなく大群ですから結果がでればいいのですが、タバコの影響って大きいんですね。ほぼ4分の1です。結果をみて、ぱんだぱぱはかなり凹んでました。これで、レスキュー顕微とかになったらかなり凹むんだろうな。




明日からは禁煙でお願いします





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目以降不妊へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。