スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。無事に6月18日3200gの女の子を出産しました!このブログ、全然更新していおりませんが、それでも、少なからず訪問していただいているようで、ほんとうれしく思っています


で、タイトル通り、今日は実は出産後初めてお世話になったクリニックのY先生にご挨拶兼ねて娘ともども子宮がん検診に行ってきました。市町村からの無料クーポンがあったんですが、なんせ、前回の妊娠のときはすし太郎を6カ月を前に流産してしまい、こんどY先生に会うときは元気な赤ちゃんと一緒!と心に決めていたので、妊娠後もとくに出向くことなく、最後に先生にお会いしてから1年の月日が流れていました。普段の不妊治療の診察ではクールなY先生だけど、いつも診察室で待っていると、クリニック卒業されて赤ちゃん連れの第二子挑戦組の診察の時は先生の赤ちゃんをあやすなんとも甘ーい声をこれまで幾度となくドア越しにうらやましく聞いてきたのですが、あの声が生で聴けるのか?半信半疑でどきどきの訪問でした。


今日は赤ちゃんもいるし待ち時間長いときついので午後の診察一番で予約をとって早めに到着。まだ電気もついていないクリニックのドアをあけると培養士さん一同受付にいて、私たちの顔をみるやいなや「ぱんだままさーーーん!あーーーー赤ちゃんだーーーー!!!!」と大歓迎 みんなで娘を囲んで歓喜の再会でした。そして盛り上がっているところ、ナイスタイミングで休憩から帰ってこられたY先生がものすごくうれしそうに目を細めて「いやーーーーお久しぶり!(赤ちゃんに)やっと会えたねーーー」といいながら念願のあの声を聞くことができました。娘を前に目を細めてあやしてくれて、娘もにっこりほほ笑んで…なんだかようやく本当にクリニックを卒業できた気分でした。


:「うーーん元気そうな赤ちゃんやね。頑張った甲斐があったね。よかったよかった!」
:「本当にありがとうございました。でも不妊治療が大変とやってるときは思ってましたが、うんだら育児の方がもっと大変でした!」
:「そやろ!みんなそう言いなさる。そして、歩くようになったらもっと大変やというよ」
:「ほんと、覚悟しないと!」
:「ほんと肌もつるつるのきれいな赤ちゃんやね!」
:「本当ですか?うれしーー」
:「雨の中ほんとよく来てくれたね。また市内にでてきたら気軽に寄ってください!」
:「わかりました!また来ます!」

こんな風に15分ほどみんなで盛り上がった後、子宮がんの検診もちゃんとしてもらいました。すっごい丁寧にみてもらって、結果は2週間後。おまけに出産後の子宮の様子も診察してくれ、ついでにエコーで卵巣に卵胞が3つ4つずつ左右にあることを確認!そうです。排卵がはじまりつつあるようで、先生が年内には生理がはじまるんじゃないかなとおっしゃってました。その辺、先生気が利きます(笑)


そして、本題です 出産直後でまだまだ慣れない育児でいっぱいいっぱいですが、41歳の私には二人目を考えるとゆっくりしている時間はありませんからね。思い切って、次のこと聞いてみました。


:「先生、まだまだ出産したところで気が早いんですが、次、体外受精するとしたらいつからスタートできますか?帝王切開で1年は待ってくださいって言われてるんですが。」
:「次生理がきたら始めたらいいよ。高齢やから早い方がいいよ。1年もまたんでいいよ。実際ね、帝王切開して妊娠は1年だめよというてもね、妊娠する人は世の中いっぱいいるのよ。そしたら、医者もおろせとはいえんやろ?それに妊娠して10か月とか1年近くたってると傷もなおっとるよ。あんまり待たん方がいいよ。」
:「たしかに!じゃー生理が落ち着いたらとりあえずみてもらった方がいいですね。」
:「そうやね。確かに高齢で年々妊娠は大変になるけど、あなたの場合、2回妊娠して、一人はちゃんと出産しているんやから、チャンスは残されとると思うよ。」
:「はい!!!わかりました!!!」
:「のんびりせんほうがいいよ」



出産後の最初の2カ月がかなり体力のいるものだということが今回よくわかり、それに、ただでさえシロッカー手術とか妊娠期間中も大変な私なので、娘を育てながら第二子の挑戦はちょっとないなーと思っていましたが、実際生まれてきた娘を目にしていろいろ将来を考えると、高齢ゆえに私が60歳で娘が20歳、私が長生きしても今の私の年齢の時に一緒にいてあげれるかどうかはかなり見通し悪いし、血縁が一人くらいいないとかわいそうだななんて思うように最近なってきて、なら、寿命縮めてもがんばったほうがいいのかなと思うんですよね。とはいえ、不妊治療再開するころには42歳だし、だめもとで期限付きで再度二人目に挑戦しようかなんてぱんだぱぱとも話し合っています。


ま、まだまだはっきり決めたわけではないですが、頭の隅にそんな無茶な選択肢をちらほらさせながら毎日の育児に奮闘中です。高齢不妊治療、スタートするか否か…また一大決心したらお知らせしますね。そして、その時はまたブログ再開かな(笑)


いろいろ辛かったけど本当にがんばってよかったと心から思います。今、不妊治療で頑張られている皆さん、絶対にあきらめないで頑張ってください。そして、可愛い赤ちゃんがみなさんのところにやってきますように心から願っています。


不妊治療万歳!高齢出産万歳!!




絵文字名を入力してください第二子に挑戦か?!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
ついこのあいだ、こちらでブログ再開のお知らせしたものの、またまたお知らせにやってきたぱんだままです


なんともボケてたのか再開先のブログのプロバイダー「ドレコム」がサービス終了でもう少しで全部のデータが削除されるところでした。気づいてよかったー 間一髪まにあって、ブログのお引っ越し完了しましたので、改めてブログの再開先のお知らせです♪タイトルはもちろん同じですが、アドレスのみ変更になりましたのでお見知りおきを!



スローでロハスな妊婦生活★すくすくぱいぽこりん



もうすぐ妊娠8カ月です…再入院せず、順調に下界での暮らしを臨月までまっとうしてこのままブログで経過をアップし続けれること祈りつつ…




絵文字名を入力してください無事に出産するまでまだまだ頑張ります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
ご無沙汰しております!みなさん元気ですか??たまにブログを覗くと、拍手をいただいていたり、訪問してブログを読んでくださっている方がいたりで、本当に感謝してます。産科に移って間もなくブログをお休みしておりましたが、母子ともに元気にしてます+


その後、15週で子宮頸管無力症の予防的な処置として「シロッカー法」という方法で子宮頸管縫縮術を行ってもらいました


どんな手術か簡単にいうと、子宮の入り口を特殊な5mm位の糸でしっかり縛って、赤ちゃんが大きくなっても出てこないようにするための手術です。双子を妊娠された方の中にもする方がいらっしゃるようですが、ようは、子宮頸管と呼ばれる膣につながる子宮の出口の筋肉が何らかの理由で弱い、もしくは、重みに耐えれるほど強くないということで、子宮頸管長が知らない間にどんどん短くなり、あげくは子宮口が自然に開くちゃうんですよね。恐ろしい… 知らないところがというのがみそです。気づいた時には時すでに遅しみたいね。伸びたゴムみたいなもので、重みで開いていき、結果として破水したり早産になったり…でもしっかり結んでもらったおかげで、突然出てくることはないです。ただ、稀に妊娠が進むにつれ張りが多いと、張りで結んだところが引っ張られて、裂けてしまうことになることもあるとか。で、早産になったりとかですね。ま、多少の不安やリスクもありますが、妊娠すると不安はつきもの!!!うまく張りとお付き合いして乗り切るしかないのですかな



とはいえ、術後しばらくはかなりビビって安静にしておりました(笑) 



だって、ぶっちゃけこわーーーい



手術で子宮を直接いじってるわけで、それが刺激となり術後は張りがあったので、しばらくは張り止めの点滴をうって安静。2日ほで点滴は外れ、安静にしながら張りがおさまったこと確認して退院しても(私は経過が順調だったので1週間で退院できましたが)今思えば1カ月ほどは多少張りやすかったかな???不安や緊張、ストレスでも張りやすくなるので、そのせいもあったと思います。いずれにせよ、最近は張りもほとんどなくなり、ごく普通の生活はできています。



家事にお洗濯、お風呂に近くへの買い物、週一回の学校通いなどなど…最低限困ることなく生活はできてます。思ったより自由度高いかな。でも、やっぱり宅配利用したり長時間の外出は避けるようにしてるし、少しでも???って思ったら横になったり、私にしては珍しく慎重です お調子者な私にはこれくらいが丁度よさそうですが。ただ、家にいる時間長いし、ストレスになることもしばしば…




なのでここからは精神戦ですね




でも、元気な赤ちゃんに会うためならえーんやこらなんとか工夫で乗り切りたいと思ってます。今のところ赤ちゃんも順調に育っておりまして、もう24週で7カ月に入りました。早いものですね。性別も女の子と分かり「ぱい」と赤ちゃんネームをつけました普段の生活も落ち着いてきたし、ぱいぽこりんの記録も残しておきたいなーと思える余裕も出てきたし、そこでイッチョ決断!




ブログ再開します



のんびりペースになるかも知れませんが、ハイリスクな高齢妊婦と赤ちゃんの成長をのんびり報告できればなと思っています。そして、張りや逆子の対策や妊婦特有のマイナートラブルが大きなトラブルにならないように体に優しい自然療法やお灸を紹介していけたらなーって思っています。いっぱいあるんですよー先人の知恵が!!



新しいブログは
スローでロハスな妊婦生活★すくすくぱいぽこりん
(アドレスも念のためhttp://moshi-moshi.blog.drecom.jp/)





ということで、今後も出産までの大切な時間をブログを通してみなさんと一緒に共有できたらなと思っていますので、ぜひ新しいブログに遊びに来てくださいね~これからもよろしくお願いします







絵文字名を入力してください無事に出産するまでまだまだ頑張ります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村



しばらく考えていたのですが、やはり、このブログは一度終わりにすることにしました。これまで、長い間、たくさんの方々とこのブログを通して知り合え、数々の励ましの言葉をいただき、辛い時も苦しい時も支えていただいたこと本当に感謝しています。



ありがとうございました!!くり抜きハート1パンダくり抜きハート1



でも、今後、入院などを控えなかなか継続して続けていくことも難しいかなと思って、産科に無事デビューできたことを一つの節目として、このブログをお休みすることにしました。



本来なら、授かった命とともに、高齢ハイリスクの妊婦ライフを綴ったブログとして、今まで応援してもらった皆さんや、同じような高齢ハイリスクの境遇にある妊婦さんとともに、いろいろな情報や気持ちのやり取りができる場にしていけたらという気持ちも強かったのですが、それは、また、余裕の出たときに追い追い別のブログではじめて行こうかなと思っていますあっぷあっぷあっぷ






当初、すし太郎の命を無駄にしたくない、なんとか少しでも辛い気持をポジティブなものに変えていけたらと思ってはじめたブログです。その気持ちは今もこれからもずっと持ち続けると思いますが、新しい命を授かった今、お腹にいる赤ちゃんをちゃんと守っていかねばという責任感というか、プレッシャーもあり、なんとなくすし太郎の命を切っ掛けに立ち上げたブログで、そのまま続けていくのに多少の違和感も実は感じていて、それなら新しいブログを立ち上げた方がいいなーっと思っているのですが、まだ、そこまで余裕がなくてですね…パンダなので、今しばらく、お休みして、手術が終わったころに、新しいブログでまたみなさんと新たな気持ちで再会できればなと思っています


しばしの間とは言え、みなさんとお別れするの寂しいなという気もしていて、お休みを決めるのに時間がかかってしまいましたが、再開の日まで、このブログも少しでも誰かの役に立てばと思い残そうと思っていますし、再開の折にはこちらのブログでお知らせするつもりです。更新は滞りますので、広告などが入ってくると思いますが、定期的にコメントもチェックしますので、たまに気が向いて思い出しら、連絡くださいねーーーパンダおんぷ



皆さんのブログにはこれからもお邪魔するので、よろしくお願いします♪ とりあえず、一区切りのこの場を借りて、もう一度皆さんに…




ありがとうございました!!くり抜きハート1パンダくり抜きハート1






絵文字名を入力してください無事に出産するまでまだまだ頑張ります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村



今日、産科デビューしました。そう、すし太郎とサヨナラした病院に転院し、産科検診デビューです。行く前は、病院選びでずいぶん悩みましたが、クリニックの先生の勧めもあり、前回の経験を分かってくれている病院に。結果的には同じ病院にして本当に良かったと思えましたパンダ♪



まずは、担当医のO先生。体外受精のクリニックのY先生の紹介で太鼓判を押してくれていたので、信頼する先生がそこまでいうのならという気持ちで、辛い思い出でちょっと気乗りしない気持ちも正直あったけど、再会し先生の言葉を聞いて信頼していい、任せていいという印象を改めて持ちました。そういう先生なので、前回ももちろん当初はよい第一印象だったわけですが、タイミングわるかく残念な結果になったこともあり、やはり、そうなるとなかなか病院にも先生にも素直に良い気持が持てなくて、今回、この気持ちがかなり邪魔しましたが、約2年という年月を経て先生が最初にかけてくれた言葉にすごく素直に受け止めれたことあ大きかったな~パンダあっぷ


医者:「あれから1年半と少し経つけど、ずいぶん長くかかってしまったね。その間辛かったでしょう。前回は本当に残念な結果になったけど、今回は無事に産めるように、大事に大事に見ていこうね。一緒に頑張らせてね。そして、もうすぐに手術の予定などきめていこうね。安心していいからね。」



そう言われた時、ちゃんと覚えててくれてるんだとまずホッとして、次に、ようやく「あーもう任せていいんだ。この先どうなるかわからないけど、困った時は先生に任せていいんだ」って思え、肩にのしかかった重い荷が下りたような、ほんと久しぶりに安心感というものを感じました。そして、腹部のエコーで元気に動いている赤ちゃん見たら、素直にうれしくて、涙が出てきました。また、スタート地点にもどれたような感じで、ここからまた始めれるんだって。赤ちゃんは両手を大きく広げると、大きく背筋を弓なりに気持ち良さそうに伸びをして、延ばした腕を顔の前に戻すと指をおしゃぶりしているようなしぐさを見せてくれました。



医者:「赤ちゃん元気だね~背骨も立派にできてきているし、手足もしっかり成長しているね。順調ですね。大きさも約27.9mmで約3センチ。週数も10週に修正です。この大きさだとちょうどいい位だね!」
パンダ:「よかったです!」
医者:「順調そうだから、手術の日取りも今日決めていいね。あとは子宮頸管の長さとおりものの検査するからね。」



こうして、入院の日取りもさっさと決まり、感染症が大敵なのでおりものの検査して、子宮頸管の長さもチェック!でもどれも問題なく、よいスタートを切れました 手術の予定はというと12月25日のクリスマスに入院して、28日に手術。術後の経過がよくて張りが落ち着けば正月明け1月5日くらいには帰宅できます。ま、退院のタイミングは経過を見ながらになりますが、とにかく新年は病院で迎えることになりました(笑) すごいピンポイントでバケーションの丸々入院生活絵文字名を入力してください ある意味、ぱんだぱぱも休みで世話してもらえるから良いのかも!


そして、目標にしていた10W超え、9W4Dから病院の設定基準で10Wに繰り上がり、超えたことになるのかな?(笑) でも、30mm超えにはわずかに届かず汗 両方クリアーするのは次回の妊婦検診に持ち越されました…残念パンダ涙 でも、まー、元気に動いてくれている赤ちゃんに会えて、今日は満足です!小さいけど、立派に赤ちゃんらしくふるまってる生意気な姿でした(笑)









絵文字名を入力してください無事に出産するまでまだまだ頑張ります!
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。