スローでロハスな不妊治療★すし太郎日記

両側卵管閉塞でFT手術後に体外受精。1周期で妊娠したけど子宮頸管無力症で18週に流産でした。中期流産を経て妊娠して娘を出産、そして、二人目体外受精の挑戦を記録したブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんの応援と励ましの言葉で不安と緊張の数週間を何とか乗り切れました。本当にありがとうございます!そして判定日、少し行くか行くまいか迷ったのですが予定通り病院に行きました。




結果は陰性でした。




生理は遅れているものの根拠のない直感でしたが妊娠していない気がして生理が来るまで病院に行かずに待とうかなと思いましたが、結果はいつ聞いても同じかなと思い行きましたが、残念ながら予測通りでした。




先生から「残念やったね」という一言を聞いて、私はなぜだかへらへらとしていました。馬鹿みたいにうすら笑いを浮かべて「あーそうなんですねー」なんていいながらぼーっと結果を受け止めていました。なんでだか、その時は涙の一つも大きなショックも受けなかったです。卵巣をモニタリングするために内診してもらいましたが、白黒のエコー画面の空っぽの子宮や卵巣が生命感のない無機質な塊のようで、可能性のない自分が映し出されているようでした。それでも、大きなショックや激しい感情が湧いてくるわけでもなく、他人事のようにぼーっと見ていただけでした。



かける言葉がないような状況になる可能性にも臆せずに自ら「病院ついてくよ!」とやってきてくれた友人のYちゃんが陰性の結果を聞いたときの複雑で残念そうな顔を見て嫌な気持ちにさせて申し訳ないなーと思いつつも、私自信が自分がどんな気持ちなのかよく分からなくて。判定までの毎日の方が不況のこと、旦那くんの仕事のこと、引っ越ししなければならないこと、そして、私の判定のことといろいろなことが一挙にのしかかっていて大変で、結果は陰性なのに一つの決着をみて肩にのしかかっていた荷物を一つ下ろせて、なぜだかホッとしている自分もいて…少し変な感じですよね。判定の後はYちゃんと一緒に夕方まであーでもないこーでもないといろいろな話をして、笑って…とても良い時間をすごせたと思います。Yちゃん。一緒に辛い時間を過ごしてくれてありがとう。



思いのほか大変だったこの1ヶ月。でも今いる状況の中で精一杯やったので、それなりの結果だった思うし、後悔もありません。判定の直後は、すごく妊娠をしたいくせに、くやしいわけでもなく、すごく悲しいわけでも辛いわけでもなく、なんだろうか、この中途半端な気持ちは…うたれ強くなったのかななんてくだらない強がりを言いつつ、言葉にならない変な気持ちでした。



しかし、数日が過ぎ、ぼーっとテレビをみていて突然具体的なきっかけがあったわけでもなく涙がこみ上げてきました。それは寒々とした涙で、今回の結果に対してでも、不妊治療のことでも、不況や失業のことでもなかったような気がします。何に泣いてんだかよく分からけど、理不尽で少しも思い通りにならないこの数年間をちょっと大げさですが「これが人生なんだなー」ってありのままに受け入れてるんだけど、肯定できてもなおこみ上げてくるどうしようもない気持ちがあって。失った命のこと、授かれない命のこと、今ある自分の命、夫の命、家族の命、友達の命、新しい命を授かろうと一生懸命努力して悩んで泣いてそれでも諦めずに同じ夢に向かって頑張っている皆さんの命。いろいろな命が一生懸命に毎日を生きていることを思いながら、どうしようにもならない大きな力を漠然と感じて押しつぶされそうになりつつ淡々と流れた涙でした。誰を責めることもできない、何かのせいにすることもできない。だからこそ息苦しいんですよね。





今の私には「可能性」というものが、希望や夢というポジティブなイメージのものではなくなってきていて、手の届かない得体のしれないモンスターのような存在になっています。「可能性」を追い求めれば求めるほどプレッシャーを感じて「可能性」に振り回されているような気がしています。ほんとだめですね。私の心がそうさせているんですが、全然うまくコントロールできていません。きっといろんなことにつかれているんでしょうね。






「凍結胚を戻していこうね。生理が始まって10日目くらいにまたおいで。」と言っていたY先生だけど、しばらくお休みしようと思っています。採卵で疲れた卵巣と、体にたまったホルモン剤抜いてから、また考えます。今は、また前向きに楽しく希望をもって不妊治療に取り組めるまでは、なにも考えたくないなと思っています。きっと体温が下がって、生理がきて、新しい周期が始まって、いろいろ新しい生活も始まれば、すぐ元気になっていると思います。そして生活が落ち着いて心身共に充実してくれば、またやる気になることは間違いないと思います。だって赤ちゃんを抱きたいんですから!




多くの方に本当に優しく心強いことばをたくさんいただいて、どう感謝していいかわかないほど感謝しています。言葉一つ一つ、コメントのやり取りの一つ一つが心に克明に残っていて、その応援に見合うだけどのことまだ何もしていませんが、これからも、そうした大きな支えや優しさにちゃんと応えてがんばっていくためにも、今は、ちょっと遠回りでみなさんをがっかりさせてしまうかもしれないけど、敢えてお休みしたいと思います。みなさんのお気持ちも自分のこれまでの気持ちや努力も無駄にはしたくない。なのでまずは、元気な自分を取り戻したいと思います。皆さんのブログにはお邪魔しますね。きっと皆さんが頑張っている様子を感じて、いてもたってもいられなくなるはずです(笑) みなさん妊娠に向けて、赤ちゃんとの出会い(再会)に向けて、がんばっててくださいよー。私もしっかりエネルギーため込んで戻ってきますので、その日を楽しみにしていてください!案外すぐに元気になってひょっこり帰ってくるかも知れません(笑)










ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ




スポンサーサイト
高温期4日目に桑実胚を移植しましたが、あれから1週間経ちましたclover


移植直後の「まだまだお腹のなかで元気に生きている」という確信から数日たつと「まだ生きているかな?」と疑心暗鬼になり、またしばらくすると「お願い生きてて!」と不安と祈りの入り混じった複雑な心境になって、またまたしばらくすると「ダメかもしんない・・・」と気持ちは変化していきます…はい。まさしく今はそんな感じしょんぼり絵文字名を入力してください


今日は高温期11日目です。特に大きな変化もなく、相変わらず。胸が張るとか多少の変化はありますが、これも生理前のそれと大差なく、ただただ悶々としていま~す♪


体温はなぜか今周期(前周期も)すごく安定して高温を維持していますが、季節がら調子いいのかな?(笑) ←培養士さんの話だと、男性の精子も春になるとぐっとみんな成績上がるそうですよ!まだ動物の本能が人間にも残されているようです。あと、プロゲステロン膣座薬ががっつり効いているのかなと思っています。高温をしっかり保ってくれているのはいいことですが、これも判定日以降続いてくれて初めて妊娠に結びつくことなので、大した判断材料にはならないしねー。


無理やりかろうじて一つ上げるとするなら、高温期8日目(移植後4日)の夜にオリモノに一筋の血がありましたが、これって着床出血でしょうか?????いや、でもちょっといくらなんでも早すぎますよね。しかも一筋のごく少量の鮮血が透明のおりものに混ざっていただけです。すし太郎を妊娠したときは高温期10日目に茶色オリモノ、前回の化学流産に終った時は高温期11日目に少量の鮮血混じりの透明なオリモノがありました。今思えば、これまでの二回は結果として着床出血だったんだと思いますが、どちらももうちょっと時期が後ですから。膣座薬を今回処方されていますが、それで出血する人多いみたいなんで、その影響かなと思っています。ちなみに、通常、受精後5日目くらいで胚盤胞の状態で子宮に到達し、7~10日目の間に着床が完了するといわれています。そして着床出血は排卵10日後~生理予定日ごろと言われているそうです。





それ以外の兆候は別になくてかなり期待薄です。困りパンダ絵文字名を入力してください 






判定日まであと数日。もう少し悶々としていますね汗とか妊娠したらお腹に「妊」の字が浮かび上がるとかなんかわかりやすい方法で教えてくれればいいのに…







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ


無事に移植してきました。4日目桑実胚の移植予定でしたが、初期胚盤胞になりかけている元気な桑実胚が一ついたので、その子を一個をお迎えすることができました。よかったです。今回は、培養さんや先生にとても卵の状態はよかったよとほめてもらいました。数は少なかったけど「どれも粒ぞろいで、とてもグレードの高い、すごくきれいな卵だった」と言ってもらえて嬉しかったです。もちろん、いいことばかりではないですが、高齢の波を感じつつも最善を尽くせたかなとちょっと安心しました。培養&凍結の結果などは次回に詳細を含めて報告しますので、今日は移植での馬鹿話をお一つ…笑




移植もこれまで何度も経験し、おしっこためるのも何のその。すっかり移植もベテランの域に達してきたはずなのに予定時間の1時間前。昼食後から1.8リットルの柿の葉茶を一生懸命飲んでたんだけど、いまいちおしっこがたまってない感じが…おかしいーよな。だって1.8リットルのビックボトルだよ!?!と思いつつも焦りが先行し、そのまま1.8リットルのペットボトルを男らしく片手にクリニックに向かいました汗とか


するとクリニックにつくなり、培養士さんが目を丸くして「ぱんだままさん!?!それどれくらいのんでるんですか??丸ごと??」とびっくり仰天えぇ 私的には当然のむべきものと思っていたのでいまいち驚かれていることにピンと来ず「そうですよ~ラストスパートです!いまいちたまりがわるいんで!」とご機嫌に答えたら、「一挙にきますよ~大丈夫ですか?」とかなり心配そうでした。



培養の状況を詳しく説明頂いて、さていざ処置室に行くころには確かにいい感じでたまってきましたが、やはりスパートが遅かったのか、培養士さんの想像ほどはたまっていなく、次の移植予定の人が先にすることになりました。




そして、予定時刻を過ぎ50分経過・・・・





恐るべき状態になりつつあるのを感じながら今か今かと待っていました。ようやく名前が呼ばれ、いざエコーで子宮と膀胱を見てみると培養士の顔が真っ青ぱんだえ!!!叫びながらY先生を呼びに行ってしまいました。




膀胱がモニターからはみ出ていますbikkuri01



おしっこがたまりすぎて、モニター画面の場外にはみ出るほど膀胱が腫れているではありませんか!確かにおしっこしたくて限界が近づいていましたが、そこまでたまっているとは…膀胱の下半分程度しかモニターには映っていませんでした・・・びっくり

そんな異常な膀胱にも目もくれず何事もないかの平常心でY先生は移植に没頭医者Brilliant. 先生と培養士さん二人に「大丈夫だよ。今回絶対に妊娠するよ~妊娠するよ~」と何回も何回もお祈りしてくれているかのように繰り返して言ってくれながら、そして最後に「次はないからね。移植も最後にするんだからね!」と葉っぱをかけてくれました。下半身は裸で足をひらげているのに、そして、膀胱はモニター場外まで肥大しているのに(笑)なんだか和やかでリラックスした移植でしたパンダ♪


こうして無事に移植を終えたものの、安静室には話を聞きつけた他の看護婦さんがペットボトルの大きさを見にやってきます…「ぱんだままさーん!これですか?やりすぎですよ!!すごーい。のみすぎー」とみんな笑っています。これで私も「膀胱がモニターからはみ出た女」として看護士さんに覚えられるんだろうな・・・いやーまたしてもやりすぎてしまいました。みなさん、飲みすぎには気を付けてください!








ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ




土曜日に採卵で日曜はクリニックお休みなので、月曜の今日が受精確認です。前回の移植はキャンセルになり凍結胚全滅に終わった後の採卵だし、そろそろ40歳が目前で年齢の壁がますます高くなるのを意識している私は朝からそわそわそわそわ…緊張気味でしたが困りパンダ汗とか意を決して電話しました電話




すると意外に採卵した8個のうち7個も受精<ダブルハートしてくれました




よかった~kao06





受精した数ももちろん気になっていましたが、受精後の分割も結構難関ですよね。受精したものの分割止まる卵もあったりして…sn なので採卵から2日経過していることもあって受精したものの分割がストップしたりすることも想定していて、半分も生き残っていたらいい方だなと思っていたんです。でも培養士さんの説明によると「2日目の今日も順調に全部がきれいに分割中」とのことでした♪ 無事に生きているようです(笑) まずは第一関門突破できました。よかったです。



ショート法の割には数が少なかったのでどうなることかと思ったけど、一回目のショート法の時に比べて受精率がよかったので、結果的には今の時点では受精卵の数は1個少ないだけで、そこそこの成績です。もちろんこの先がまだまだ本番なんですが、とりあえずホッとしました。多けりゃいいってわけでもないし、受精して分割始っただけの段階なのですが、いきなり窮地に追い込まれると精神的にきついですよね。なので少し余裕をもって移植に挑めるとありがたいかなという贅沢な望みだったんですが、ちょっと思いがけずの7個の受精&分割なので気分もあがりましたアップ



でも何度も言いますが、やっぱり運命の1個ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星それにつきます。



予定通り水曜日に桑実胚を移植します。このまま元気に卵が成長してくれること祈るばかりですが、私も最後の調整しなくちゃbikkuri01







ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
予定通り今日は採卵日。朝7:40にクリニックです。そして今日は夫の就職活動の2次面接日。ぱんだ家にとってはとても重要な一日でした。いよいよ巡ってきた再就職のチャンスを眼前に、朝から別の大仕事しなければならないぱんだぱぱパンダ 頭から湯気温泉が出ていました。でも今日は大安吉日だもんね~きっと良い結果をもたらせてくれるはずと信じ、9時に届けられる分身くんたちおたまじゃくしを後に出発しました。



採卵はいつも通り順調に終了。採卵数は8個でした。予定してたより2個ほど少ないけどちゃんと採卵できて一安心。そして目覚めたころにはクリニックはパニック状態で大忙し。先生ともあんまし話す時間がなく、頭も麻酔でぼーっとしてたのでなんともコンパクトな会話でした。




医者:「8個とれたよ。悪くないよ。」
panda:「はい・・・・(ぼーっとzzz)」
医者:「移植いつしようか…」
panda:「(やっぱするんだ・・・ぼーっとzzz)」
医者:「いつでもいいよ~」
panda:「(いつでもいいよって先生・・・)ええ??」
医者:「6月2日、3日、4日どれする?」
panda:「(????)どれでもいいんですか?」
医者:「いいよ。一回目は4日目で妊娠、2回目は5日目で流産。どうする?」
panda:「じゃあ4日目で」
医者:「はい、じゃあ4日目ね。」
panda:「わかりました・・・zzz




方針としては4日目の桑実胚を戻すということになりました。
こんなんでいいんだろうか・・・(笑) 先生忙しさのせいかかなり診察時間が短くて秒殺。




補足すると、これまでに先生に相談したときや培養士さんとのお話から、胚盤胞で戻すデメリットとメリット、桑実で戻すメリットとデメリット考えて、私の場合どちらでもよいので私の納得する方法でよいと思ったみたいです。数が多い場合、ある程度自然淘汰させるためにも胚盤胞まで育てて選りすぐり、数が少ない場合は初期胚で数を温存するという方針のようです。で、8個とは微妙で、胚盤胞で挑戦するのもよいしどちらでもというところのようです。患者の希望は可能な限り優先してくれるので、希望があれば言ってくださいという言うだけあって、そのまま聞いてもらったような結果に(笑) 



どのくらいの数が受精してくれるかはわかりませんが、凍結のリスクで痛い目にあった私は、すし太郎妊娠が桑実胚移植の予定で4日目に移植(実際は初期胚盤胞でした)、そして、凍結した余剰胚(桑実胚)の蘇生率はほぼ100%で蘇生後の培養で胚盤胞にまで育ったという経緯もあり、とりあえず余剰胚ができるなら桑実での保存がいいな~というのもあって、ここは前回成功したときのパターンに従うのが賢明かなっておもって4日目の移植にしました。



ま、先生も無理なものは承諾しないと思うので、先生的にもどちらにもメリット&デメリットあるし、どっちでもよいと思ったんでしょうね。「どっちがいい?」って聞かれると焦りますが(笑) 



8個のうちいくつが受精してくれるか気がかりです困りパンダ汗とかぱんだぱぱは1週間前に古い分身をクリーニングしてこの1週間禁酒という最大限の協力をしてくれました。本人いわく「最高のブツ」ということなので(笑)弱りがちな高齢卵の援護射撃になってくれていると思います銃(リボルバー)SW 60ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 とにかく運命の1個がありますように!!!






ここからはおまけ話絵文字名を入力してください
冒頭でも言ったように今日は夫は分身提出後、京都に就職の面接に出発。しかも私の実家に顔を出すということで帰宅は11時頃の予定です。採卵を終えてちょっとぐったり気味で自宅に帰ってくると、なんと、鍵がない!!そうなんです、鍵を自宅に置き忘れたことに気づいたんですえぇひえー家に入れない。ぱんだぱぱが帰ってくるのは夜11時、そして今は13時…麻酔で頭はぼけているし慌てて友達のNちゃんに電話したら彼女も予定があって自宅にいない。採卵後の体で一日外で時間をつぶすのはきついですよね。同じマンションの住人が帰宅したタイミングに合わせてオートロックの玄関を突破したものの、やっぱり家の玄関は鍵がかかっていました。そんなこんなで途方に暮れてエントランスのソファーに座ってると、管理人さんと工事現場監督が私の前を歩いて行くではありませんか!そうだっ!今、うちのマンションは補修工事中!ヒラメキの解決策登場!電球外装補修のために我が家のマンションに設置された足場から工事の人に頼んでベランダから侵入してもらえばいいんだ~。思い立ったが吉日、現場監督に事情を速攻話してベランダから侵入して鍵を開けてもらったんです(笑) 一瞬、朝の夫のお努め(←分身を出す作業)の後、片付けずにあたりに散らかっているのではないかと焦りましたが夜まで待てな~い!恥ずかしいの覚悟で頼んじゃいました。おかげで今は自宅でブログアップ中(笑) 何が大安かと思ったら、こういうこと?こんなことに運は使い果たしたのか…うーーーーんパンダ


もっと大きなお願いかなえて欲しいな鳥居








ダウンランキング参加中です。応援をお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。